AQUAドラム式洗濯機レビュー AQUAドラム式洗濯機レビュー

AQUAドラム式洗濯機レビュー

AQUAというメーカー

AQUAは、日本ではアクア株式会社が社名で、本社は大阪にあります。日本・ベトナム・フィリピン・マレーシア・インドネシア・タイのアジア6か国で製品企画販売を行う統括会社だそうです。AUQAはもともと、日本の三洋電機の洗濯機の商品名でしたが、三洋電機の洗濯機部隊がパナソニックを経てハイアールに吸収され、この製品名がそのまま社名となり、洗濯機、冷蔵庫、業務用の洗濯機を扱う専業メーカーとなったそうです。

AQUA ロゴ

三洋電機時代からのAUQAのユーザー

旧SANYO製AQUA我が家の先代の洗濯機は三洋電機のAQUAでした。ドラム式洗濯機で、乾燥機能もついているものでした。購入した2010年当時は、パナソニック、日立などと比べて、ドラム式洗濯機としては破格の製品でした。たしか他メーカーの半額くらいの定価だったと記憶しています。10年近く使いましたが、最近、洗濯物の量を正しく計れなくなり、内部のカビが取れなくなってしまったので、買い換えることにしました。

 

AQUA製のドラム式全自動洗濯機AQW-FV800Eがドンピシャだった

ドラム式になれていたので、買い替えもドラム式を探したのですが、ドラム式の洗濯機はどのメーカーも信じられないくらい高額な製品ばかりです。先代のAQUAは、乾燥機能はついていたのですが、我が家では、最初の数回使ってみただけで、それ以後は全く使いませんでした。時間がかかりすぎるのと、洗面所に熱がこもってしまい、嫌な思いをしたためです。
目に止まったのが、AQUA製のAQW-FV800Eです。このドラム式洗濯機には、乾燥機能はついていません。そのため、価格が抑えられており、他メーカーの半額以下です。他にもアイリスオーヤマ製がありましたが、長年使ったAQUAを信頼して、購入することにしました。

AQUA社製ドラム式洗濯機

操作は超シンプル

この洗濯機には複雑な機能は全くついていません。強いて言うなら温水で洗う機能があるそうですがおそらく使わないでしょう。「標準」にダイヤルを合わせて、ボールドジェルボールを1個放り込み、スイッチを押すだけです。通常、37分で終了します。

AQUAシンプルな操作

ドラムは真横になっており、斜めではないため、小型にできている

先代のAQUAはドラムが斜め式だったため、結果的に大きくなり、高さがありましたが、買い替えたAQUAはドラムが水平についており、斜めではありません。コインランドリーの洗濯機のような感じです。出し入れは、先代に比較して不便かもしれませんが、特筆するようなことではないと思う程度です。
そのおかげか、本体の高さが低くなり、上面が平らになりました。上に洗剤などのちょっとしたものを置くことができ、非常に便利です。

AQUA水平のドラム

運転音は非常に静かですが、足回りの設置がポイント

洗濯機そのものの運転音は非常に静かです。我が家はマンションですが、おそらく夜間に洗濯しても、気にならないと思います。脱水のときもモーター音は小さい音です。
ただし、洗濯機の騒音の最も大きい要因は、脱水時の本体の揺れによるガタガタ音だと思います。購入時、配送のスタッフが設置して帰リましたが、その夜の1回目の運転時には、ガタガタ音がひどく、信じられないくらいの騒音を発生していました。本体を揺らしてみると、4つの足のうち1つが若干浮いていました。足には高さ調節のネジが付いており、付属のレンチで揺れないように高さを調整すると、嘘のように全くガタガタ音がしなくなりました。現在は、音に対する不満は全くありません。

AQUA設置足の高さ調節

洗剤入れもついているが使っていない

この洗濯機には、洗剤入れがついており、選択前にセットしておくと自動で入れてくれるそうです。最近は、洗剤にボールドのジェルボールしか使わなくなったので、この洗剤入れは使っていません。
ジェルボールは、洗濯前に衣類と一緒にドラムに放り込んでおくだけで良いですが、注意点があります。ボールは、衣類の下か、ドラムの奥の方に入れて置く必要があります。手前(ドアガラスのすぐ内側)に入れると、ドアと本体の間にジェルボールが入り込み、洗濯の最後まで、残ってしまうことがあります。ジェルボールの説明書にも、ドラム式の場合は、衣類よりも先にボールを入れるように注意書きがあります。

AQUA洗剤入れ

10年使いたいが、短くても壊れたら買い換えるつもりです

AQUAのドラム式は、他の国内メーカーに比較して、ダントツに安価です。乾燥機能など、私にとっては無駄なものが一切なく、洗濯に特化されています。安価ですので、壊れたらまた買い換えればいいやと思っていますが、機能がシンプルですので、壊れにくいのかもしれません。純粋な日本のメーカーではないですが、品質の不安はないです。これからも期待しています。

選択風景


メニュー

他サイトリンク




DIY 購入レポート