おすすめの互換インクの選び方|エプソンカラリオEP-808AW最新機種レビュー おすすめの互換インクの選び方|エプソンカラリオEP-808AW最新機種レビュー

おすすめの互換インクの選び方|エプソンカラリオ最新機種レビュー

10年以上使用したカラリオがとうとう印刷できなくなった

我が家では2003年に「PM-A850」と言うスキャナ機能付きのカラリオを入手し、今年2016年まで使い続けてきました。12年以上使ったことになります。2011年にディスプレイが映らなくなるトラブルが有りましたが、その時点で8年使っていましたので、ダメ元で自分で分解修理し、命を繋いできました。
(ブログ: 楽天ブログ記事2011/05/14
ところが、最近になってインクの目詰まりがひどくなり、ブラックの印刷がかすれて改善しないため、寿命と考えて買い換えることにしました。

 

A4サイズスキャナ付きの売れ筋カラリオ「EP-808EP-808AW」に買い替え

我が家では、高校生の娘2人が、ノートや教科書をスキャナでコピーすることが多いため、スキャナ付きの売れ筋のプリンタを買うことにしました。特にカラーにはこだわりは無いので、6色もインクが必要なタイプでなくても良いのですが、後述の互換インクが手に入りやすいポピュラーな機種にすることにしました。

エプソンカラリオEP-808AW エプソンカラリオEP-808AW スキャナ

純正インクは高すぎる!

エプソンカラリオEP-808AW インクホルダプリンタメーカーはどこでも、安価に本体を買わせた後で、高額なインクで儲けるビジネスモデルを取っています。最新型のカラリオプリンタでも、15,000円ほどで買えますが、純正インクは全色セットだと、1度の取り換えに5,000円以上かかります。例えると、150万円で新車を売っておいて、ガソリン一回満タンで50万円取るような、異常なビジネスモデルです。
また、6色独立タンクのプリンタの場合、モノクロでしか印刷しない場合でも、6色全てのインクがセットされていないと動作できません。例えるなら、黒のボールペンで字を書きたいだけなのに、価格が6倍の無駄に太い6色ボールペンしか売っていない様な感じです。(←ちょっと例えが今1つかも)

1回のインク交換で5,000円も払うのはアホらしいので、10年使った前のカラリオでも、ずっと互換インクを使い続けてきました。互換インクの価格は、純正の1/5でした。確かに純正のインクに比べれば、色あせが早かったりするのですが、我が家の利用目的は、娘がノートをコピーしたり、一時的なパソコン画面の印刷に使ったり、1度見たら2度と見ることはない年賀状の印刷位にしか使わないので、互換インクで全く問題ありませんでした。

「互換インクを使用して起こった故障は、メーカー保証がない」等の脅し文句が言われますが、もし最悪壊れても、本体は安価な15,000円ですので、4回のインク交換で元が取れてしまいます。

今回購入したカラリオ「EP-808AW」は、「IC6CL80L」の型番のインクが使われていますが、6色セットで純正だと6,500円程度、互換インクだと黒1本おまけ付きの7本で1,280円です。差額は5,220円ですので、3回インクを交換して本体が壊れなければ元が取れます。実際は、前回のプリンタでは、互換インクでずっと使いましたので、互換インクが原因で壊れることはまずないと思います。

互換インクは幾つか試して 同じものを連続して使うのが良い

互換インクは、基本的にノーブランドであり、殆どは中国製です。そのため、自分のプリンタで安定して使えるのかどうかは試す必要があります。値段だけ見て安いものに飛びつくと、インクが漏れてしまったり、正常に印刷できなかったりなどのリスクがあります。このリスクは自分で追わなければなりません。通販サイトのレビュー数が多く、平均評価が高いものを見つけるのが良いと思います。

私の場合、前のプリンタでは「IC6CL32」と言う型番の6色インクでしたが、最初に評価の高い2製品を試し、うまく使えた方を、同じ通販の店からずっと買い続けるようにしました。価格が安いものを見つけて、その都度メーカーや通販店舗を変えていると、不良品に当たるリスクが高くなります。同じ通販の店でも、別の品種を扱っている場合がありますので、掲載されている写真をよく見て、同じものかどうかを確認することをお薦めします。最終的には、その通販店舗を信用するしかありませんが...。

下の写真は、EP-808AWを新品で買った最初から使っている「フクタマ」さんが扱っている「IC6CL80L」の互換インク です。もう、6色とも3巡目くらいになりますが、全く問題なく使えています。

 

エプソンカラリオEP-808AW 互換インクエプソンカラリオEP-808AW 互換インクカートリッジ

試しに購入してみた互換インクは、1つずつ密閉パケージされています。やはり中国製でメーカーは不詳です。注意書きとして、使用する前に上面に貼られているテープを剥がすこと、下のオレンジ色の保護プラスチックを取ることが書かれています。保護プラスチックのところがインクの出るところになっており、ここを触ってしまうとインクが付きますので、注意する必要があります。カートリッジの中は2部屋に別れており、左に液体のインク、右側にインクが滲みたスポンジが入っています。

プリンタや互換インクの選定はランニングコストをよく考えて決めましょう

最近のプリンタは、どのメーカーのものでも、本体の基本性能は必要以上のものが備わっており、一般の方で写真のプロでない限り、どれを買っても大差ありません。インクについても、1年に1回年賀状にしか使わないのであれば、安心な純正インクを使うので良いと思います。我が家のように、毎日のようにモノクロコピーに使うような場合で、月1回インクを交換するような頻度なら、純正インクは高過ぎると思います。ランニングコストと互換インクを使うリスクを考えて、選んでみてください。

WiFiで接続可能 設置場所自由

プリンタ本体の機能としては、最近のプリンタは、USB接続だけでなく、有線LANやWiFiでも繋ぐ事ができます。無線のWiFiにしてしまえば、PCの近くにプリンタを置く必要はなく、別の部屋に置いて使うこともできます。接続もAC電源だけで良いため、取り回しが簡単です。購入したカラリオ「EP-808AW」もWiFiをサポートしていますので、これで接続することにしました。スマホから直接WiFi経由で印刷することもできます。

エプソンカラリオEP-808AW WiFiエプソンカラリオEP-808AW 優先LAN

2段トレイ前面給紙がとても便利(だけどA4とB5を同時には給紙できない)

前のプリンタと大きく異なり、非常に便利なのが前面給紙機能です。前のプリンタは背面に立てて給紙するタイプだったため、ホコリが直ぐにたまり、用紙のセットが面倒でした。この全面給紙は素晴らしいです。給紙トレイは2段になっており2種類の紙をセットしておくことができます。

エプソンカラリオEP-808AW 給紙トレイエプソンカラリオEP-808AW CDラベルトレイ

エプソンカラリオEP-808AW 給紙トレイ下段エプソンカラリオEP-808AW 給紙トレイ上段

我が家では、A4とB5の普通紙を使うことが多いので、この2種類がセットできれば最高だったのですが、残念ながらこの2種類を同時にセットすることはできないみたいです。A4、B5のどちらかを下段、はがきや写真用L版などの小さい用紙を上段にセットするようになっています。

全ての操作はタッチパネル 動作音は結構うるさい

購入したカラリオ「EP-808AW」には、電源以外のボタンがありません。全ての操作は中央の画面上のタッチパネルで行います。電源ボタンを押してパワーをONにすると、「ウィーン」と音を立ててディスプレイがせり出してきます。表示されるメニューに従って、画面上のボタンにタッチして操作します。

エプソンカラリオEP-808AW 操作画面エプソンカラリオEP-808AW 液晶画面

印刷を始めると、排紙トレイが「ガガガ」と自動で出てきます。本体は小さくて良いのですが、プリンターのメカの音は、「ウィン、ウィン、ガーガー」と結構大きくうるさいです。私としては、それほど気にしていませんが、騒音は、10年前のプリンタに比較して、あまり進化していません。

エプソンカラリオEP-808AW 排紙トレイエプソンカラリオEP-808AW コピーモード

エプソンカラリオEP-808AW 内部エプソンカラリオEP-808AW スキャンモード

さいごに

我が家では、写真印刷は滅多に行わないため、写真印刷の品質などのレビューネタは持っていません。これらのレビューは、ほかのサイトにたくさんありますので、ググってみてください。WordやExcel、PC画面の印刷、モノクロコピーが中心の使い方の場合であれば、参考にしていただけると思います。