自分に合ったスニーカーの選び方:スーパースポーツゼビオで足型診断 自分に合ったスニーカーの選び方:スーパースポーツゼビオで足型診断

自分に合ったスニーカーの選び方

長く歩くと足先やふくらはぎが疲れる

今まではスニーカーは価格や色、デザインで選んできました。足の形については、幅広、細身といったことは何となく知っていましたが、実際に店頭でスニーカーを買うときに、深く考えたことはありませんでした。

妻が、「長く歩くと足先やふくらはぎが疲れる」ので、自分に合ったスニーカーを買いたいと言っていたので、ふらっと立ち寄ったスポーツ用品店(神奈川、港北のスーパースポーツゼビオ)で、診断してもらうことにしました。

 

●NEW BALANCEの幅広スニーカーを探す(アマゾン)
●NEW BALANCEの幅広スニーカーを探す(楽天)

スーパースポーツゼビオの無料診断

店員の方に勧められ、測定をしてみました。もちろん無料です。機械の上に立つと、足の形や体重のかかり方が分かります。ゼビオの診断書によると、よくある足の傾向として、次のような状態になっていないかがわかるそうです。

足の傾向

内容

外反母趾

親指が小指側に変形し「く」の字型になる。親指の付け根に強い圧力がかかっている。

ハイアーチ

土踏まずが極端に上がりすぎて、甲高な状態。足の中心部が無圧となっている。

扁平足

足裏に土踏まずのない状態。アーチが潰れて、足裏全体が地面についている。

浮き指

足指が浮いていて地面に接地せず、無圧となり踏ん張っていない状態。

O脚

両膝がOの時に外側に湾曲している状態。両足の外側の圧力が高い。

左右アンバランス

姿勢や骨格の歪みなどが原因で、左右の足圧が極端に違っている。

妻の足の測定結果

足圧の分布図を見ると、足の中央に体重がかかっておらず、典型的なハイアーチ状態だそうです。また、くるぶしの側に体重がかかる傾向にあり、くるぶしに痛みが出やすいそうです。
また、本人は自覚していなかったようですが、幅広の足の形をしているため、細身の靴では疲れが出やすいとのことです。

勧められたスニーカーは、WIDE型のもので、通常よりワンサイ大きいものでした。いつもは24cmを履いていましたが、疲れにくいスニーカーは25cmで、つま先に余裕があり、親指の先が靴の内側に当たらないものが良いそうです。

グレーが欲しい色でしたので、勧められたのは、「New Balance 996」です。さらに、ハイアーチに合わせるために、土踏まずの部分を上げるための中敷きを追加することを勧められました。

履いた感じでは、「足とスニーカーが一体になった感じで、足裏が明らかに軽い」と言っています。

●NEW BALANCE 996を探す(アマゾン)
●NEW BALANCE 996を探す(楽天)

私の足の測定結果

足圧の分布図を見ると、バランスは悪くないそうですが、膝の外側に負担がかかる足型だそうです。足首の動きが大きいため、しっかりと支えるタイプが良いとのこと。また、かなりの幅広の足型「EEEE」のため、細身のスニーカーはNGとのことでした。

いつも履いているサイズは、26〜26.5cmですが、おすすめはワンサイズ大きい27〜27.5cmとのことです。

ネイビーが欲しい色でしたので、勧められたは、「New Balance 880」でした。「EEE」の幅広タイプのものです。少し安価なものなら、「New Balance 574」でもOKとのことでしたが、偶然にもこの靴はすでに持っているものでしたが、サイズは26cmですので、少し小さいのでは?、とのことです。

●NEW BALANCE 880を探す(アマゾン)
●NEW BALANCE 880を探す(楽天)

●NEW BALANCE 574を探す(アマゾン)
●NEW BALANCE 574を探す(楽天)

まとめ

妻は「ハイアーチ」の足に合わせて買った中敷きを追加した「NEW BALANCE 966」を常用しています。妻に言わせれは「どこまでも歩いて行ける」くらい、前のスニーカーに比べると劇的に違うそうです。私は、「NEW BALANCE 574 26cm」を以前から気に入って履いていたのですが、ゼビオの店員の方の「少し小さいのでは?」の指摘通り、親指の先が当たっており、親指を曲げて歩いていることに気が付きました。勧められた「NEW BALANCE 880 27cm」では、足先の負担がなく、疲れ方が全く違います。
我々夫婦は2共に50歳を超えましたので、足の負担を考えて、勧められたスニーカーを愛用してゆきたいと思っています。