SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506(MDR-CD900ST)をBluetooth化 SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506(MDR-CD900ST)をBluetooth化

SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506(MDR-CD900ST)をBluetooth化

きっかけは妻が買ったPIONEER製Bluetoothヘッドホン SEMJ561BT

PIONEER製Bluetoothヘッドホン SEMJ561BT妻が普段の家事の間に、スマホで音楽を聞いていることが多いのですが、カナル型のイヤホンを長時間耳に差し込んでいると痛くなると言い出しました。また、火を使う場所ではイヤホンのコードも気になるそうです。そこで、2015年のクリスマスにプレゼントの名目で、Bluetoothヘッドホンを購入しました。
ヘッドホンの価格はピンきりなのですが、数千円の範囲で買え、女性の使用に向いていそうなPIONEER製Bluetoothヘッドホン SEMJ561BTを選定しました。

コードレスであることは非常に快適で、スマホをリビングに置いた状態で、3LDKの我が家のマンションなら、どこにいても接続が切れることはありません。槇原敬之の音楽や、BBCのインターネットラジオを良く聞いていますが、平日一人で家にいる時は、ずっとヘッドホンをしているほど気に入っています。

■PIONEER Bluetooth ヘッドホン(アマゾン)
■PIONEER Bluetooth ヘッドホン(楽天)

■他メーカー Bluetooth ヘッドホン(アマゾン)
■他メーカー Bluetooth ヘッドホン(楽天)

お気に入りのSONYモニターヘッドホンMDR-7506をBluetooth化したい

SONYモニターヘッドホンMDR-7506ヘッドホンの音は好みがあると思います。長い間バンドの宅録をしていたせいで、ヘッドホンは癖のないものを好んで使っています。最近の私のお気に入りは、SONYのモニターヘッドホンMDR-7506です。レコーディングの業界標準は、言わずと知れたサイドに赤い「Professional」のマークが付いている、MDR-CD900STなのですが、普段の音楽用にはちょっと硬い音で聴き疲れをしてしまうため、この姉妹機のMDR-7506に変えて、ずっと使い続けています。

このMDR-7506の音は癖がなくフラットで、MDR-CD900に比べると少し低音が柔らかく出ますが、低音の芯ははっきりとモニターでき、お気に入りです。Bluetoothのヘッドホンを新しく探しても良いのですが、ヘッドホンは当たり外れが大きいため、このMDR-7506をBluetoothでワイヤレス化する方法がないか考えました。

■SONY モニターヘッドフォンを探す(アマゾン)
■SONY モニターヘッドフォンを探す(楽天)

■全メーカー モニターヘッドフォンを探す(アマゾン)
■全メーカー モニターヘッドフォンを探す(楽天)

SONYに安価で超小型のBluetoothヘッドセットSBH20を発見

AmazonをBluetoothで検索していると、小型のBluetoothヘッドセットを幾つか見つけました。その中でも、「SBH20」は縦横33mmの正方形で、厚さは8mmしかありません。裏側にはクリップが付いており、通常は洋服の端や襟につけて使うようになっています。このSBH20をヘッドホンの本体に取り付けられれば、ワイヤレス化が可能です。スペックでは、連続使用で6時間は電池が持つそうです。ヘッドホンと同じ色の黒を早速購入し、試してみました。

SONY Blutooth レシーバーSBH20 SONY Blutooth レシーバーSBH20

■SONY SBH20 を探す(アマゾン)
■SONY SBH20 を探す(楽天)

■SONY ヘッドセット(SBH20他)を探す(アマゾン)
■SONY ヘッドセット(SBH20他)を探す(楽天)

 

ヘッドホンのコードを短く改造

SONYモニターヘッドホンMDR-7506には、長さが伸び縮みするカールコードがついています。この際、このカールコードは思い切って捨ててしまい、ヘッドホンSBH20を固定することを考えて、18cmに短く切ってステレオプラグを付け直しました。当然、今まで通りにワイヤードでも使いため、ヘッドホンの延長コード(3.5cmステレオミニ延長コード)も作成しました。市販の延長コードを購入しても良いとおもいます。
私の使用したコードとプラグは、以下のとおりです。

・ヘッドホン側3.5mmステレオプラグ:AMPHENOL(アンフェノール) KS3PC-AU ミニフォンプラグ
・延長コード側3.5mmステレオプラグ:Neutrik REAN ノイトリック #NYS231BG 3.5mm ステレオ・ミニプラグ
・延長コード側3.5mmステレオジャック:Neutrik / #NYS240BG ノイトリック ステレオミニジャック
・4芯コード:MOGAMI 2893 Neglex"Quad"Miniマイクケーブル

コード(MOGAMI 2893)は4芯+シールドであるため、太さが4.8mmで太めです。グランドをLR別々にしたかったため、このコードを買いましたが、共通グランドの3芯のコードを選べば、もっと細いものがあります。

SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506をBluetooth化 SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506をBluetooth化2

ヘッドバンドの伸縮部分にSBH20のクリップがちょうど合う!

SBH20の取り付けについては、非常に簡単です。SONYモニターヘッドホンMDR-7506のヘッドバンドの伸縮部分は、厚さ1mm弱のスチール製なのですが、ここにSBH20のクリップをちょうど挟むことができます。SBH20の縦横の大きさは33mmですので、ヘッドバンドの伸縮部を少し大きめに広げるとぴったり収まります。
下の写真が取り付けた状態です。私の場合は、太さが4.8mmのコードを使いましたので、少し太めでヘビーに見えますが、もう少し細いコードを使えば、コンパクトにすることもできると思います。

SBH20クリップ SBH20クリップ取り付け

SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506をBluetooth化3 SBH20でSONYモニターヘッドホンMDR-7506をBluetooth化4

SBH20にSONYモニターヘッドホンMDR-7506つないだ音質レビュー

Tampa Bay Smooth JazzスマホやiPadのBluetoothでSBH20に接続した場合、最終的にアナログ音質はSBH20内のD/Aコンバータの性能に依存します。スマホが音源の場合、音楽ファイルはMP3などの圧縮ファイルであり、インターネットラジオならなおさらビットレートの低い音源となります。このような音源では、ワイヤード、Bluetoothを聴き比べた場合でも、その差はほとんど認識できません。違いといえば、スマホに直接繋いだ場合のほうが出力の電力レベルやピーク電圧が高いためか、音量が大きく余裕があります。SHB20にSONYモニターヘッドホンMDR-7506を繋いだ場合は、おそらくSBH20の出力レベルが低く、それを補うために音量を大きくすると、MDR-7506をドライブしきれず、歪んでしまうせいか、音像が太くなってしまう傾向があります。
ですが、気に入って聞いている「Smooth Jazz Tampa Bay」のインターネットラジオでは、心地よく聞けますし、通常音量の範囲では問題は感じません。

最後に

私の場合、Bluetooth化したこのSONYモニターヘッドホンMDR-7506は、自宅のみのインドアユースです。スマホやiPadをテーブルに置いたままで、通信が途切れることなく、キッチン、トイレ、玄関、ベランダどこにでも移動できます。これは本当に快適です。今日も、Tampa BayからのRhodesと、締まったベースの音が心地よくヘッドホンに広がっています。