家族4人でキャンプをするための必要最低限の道具を紹介 通販キャンプ用品カタログ,coleman, コールマン,キャンプ,テント,グリル,ランタン,インナー 家族4人でキャンプをするための必要最低限の道具を紹介 通販キャンプ用品カタログ,coleman, コールマン,キャンプ,テント,グリル,ランタン,インナー


初めて買うキャンプ用品 レビュー : 家族4人でキャンプ体験

【インデックス】
 ■ 初めて買うキャンプ用品 レビュー : 家族4人でキャンプ体験(このページ)
 ■ コールマン スチールベルト クーラー レビュー:おそらく最高峰のキャンプ用クーラーボックス

はじめに

キャンプ荷物ワゴン車(写真:奥が私の車、手前が知人のワンボックスです。見た目にも、収納量の差は歴然です。)

先日、初めて家族でキャンプを体験しました。道具はほとんど持っていないのですが、キャンプ歴の長い知人に誘われて、持っていない道具は、一緒に使わせて頂いて、2家族でのキャンプでした。
そこで、今回のキャンプで買った、必要最低限のものを紹介します。そのほとんどを通販で買いました。

私の車は、ステーションワゴンなので、ワンボックスカーに比べては、積める荷物に限りがあります。そこで、できるだけサイズが小さく収納できるモノをさがして、購入しました。

テントは 300x300のドーム型テント「タフワイドドーム」がおすすめ

コールマンのファミリーキャンプ向けテントは、毎年モデルチェンジがありますが、基本的な構造は変わっていません。サイズには、300cmと270cmがありますが、家族4人なら余裕を見て、「タフワイドドーム」をおすすめします。ワンランク上に、耐水性を増したウエザーマスターシリーズがありますが、最初はタフワイドドームで十分です。

選ぶ時のポイントをまとめると:
・キャノピー(入り口の屋根)付きのモノ : 雨が降ったときに、靴を脱ぐのに重宝します。これがないと、雨の日の出入りに苦労します。
・色の濃いもの : 色の薄いモノは朝の日差しがまぶしく、早朝から目が覚めてしまいます。コールマンのグリーンならOKです。
・通気性の良いモノ : 最近のモノはよく工夫されているので、問題ないと思います。
・ツールームでないモノ : スクリーンタープと合体しているモノは、レイアウトが固定されてしまい、結局使いにくいそうです。タープは別に買うことをおすすめします。

キャンプ用品 レビューコールマンタフワイドドームキャンプ用品 レビューコールマンテント
コールマン Tough Wide Dome 300EX | 手前が私のテント 奥が知人のです

コールマンのおすすめテントは 「タフワイドドーム」


コールマン タフドーム

子供連れ家族4人が快適に寝れるサイズ。高さが175cmあり、テント内の移動も容易です。室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステムで、夏のムレを防ぎます。

●定員:4〜5人用
●使用サイズ:約300×250×175(h)cm
●収納時サイズ:約26×72cm
●重量:約10kg

■タフドームを探す(アマゾン)
■タフドームを探す(楽天)

コールマン タフワイドドーム(超定番!迷ったらコレ)

家族4〜6人が快適に寝れるサイズです。高さがタフドームよりも更に10cm高く185cmあり、大人が立って着替えなど自由にできます。室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステムで、夏のムレを防ぎます。

●定員:4〜6人用
●使用時サイズ:約300×300×185(h)cm
●収納時サイズ:約25×75cm
●重量:約10.6kg

■タフワイドドームを探す(アマゾン)
■タフワイドドームを探す(楽天)

コールマン BCクロスドーム

270cmサイズの設営しやすいベーシックドームテントです。タフドームより少し小さく、設置や取り回しが容易に出来ています。家族3人であれば、不自由はありません。高さは175cmあり、十分なサイズです。

●定員:4〜5人用
●使用時サイズ:約270×270×175(h)cm
●収納時サイズ:約φ25×75cm
●重量:約10kg 

■BCクロスドームを探す(アマゾン)
■BCクロスドームを探す(楽天)

ワンランク上の ウェザーマスターシリーズ

ワンランク上の、信頼の4シーズン対応ドームテント。耐水圧が高く設計されています。結露を防ぎ換気をよくするコットン混紡や、換気量を調整する新しいサークルベンチレーションも採用しています。

●インナーサイズ:300x300x190(h) cm
●前室高さ:180p
●収納サイズ:80x26 cm
●重量: 14.5kg

■ウェザーマスターシリーズを探す(アマゾン)
■ウェザーマスターシリーズを探す(楽天)


テント設営とシートの敷き方のポイント

テントの構造と敷き方

テントは、居住スペースとなる袋型のインナーテント(テント本体)と、フライシート(テントの外側のカバー)の2重構造になっています。設営の仕方は、マニュアル通りに行えばよく、まず2本のポールを挿して起こしインナーテント(テント本体)を立て、その上にフライシートをかぶせます。2人居れば誰でもできます。

キャンプ用品 レビュー テント敷き方

グランドシートのサイズは本体より小さいものを

知人に教わったテント設営のノウハウの1つに、グランドシートのサイズがあります。テントは直に地面に置かず、まずグランドシート(レジャーシート)を敷いてから、その上に置くと、テントの床の裏側が汚れずきれいに使えます。レジャーシートは安価なもので構いませんが、必ず、「インナーテントより小さいサイズ」にします。理由は、雨が降ったときに、テントを伝わって落ちた雨がグランドシートの縁に溜まって、テントの下に入り込まないようにするためです。私のテントは300x300ですので、270x270のレジャーシートを買いました。大きいサイズの安価なブルーシートを切って使うのでも十分です。

テントの位置を決めて、ペグで固定したら、上からフライシート(テントの外側)をかぶせます。これも、取説を見れば誰でもできます。フライシートがピンと張るように、ひもで張ります。これも、適当な位置にペグを打ってから、ひもを引いて張るだけなので、簡単です。強風の日でない限りは、適当で良いと思います。

地面の凹凸を吸収するインナーマットの下に 古新聞を敷く

また、テントの中には地面の凸凹を吸収するためのインナーマットを敷きますが、インナーマットの下に、新聞紙を2枚ずつ位広げて、全体に敷き詰めてから、その上にインナーマットを敷きます。こうすることで、保温性が高まり、湿気を吸い取ってくれるので、快適になります。また、インナーマットが湿ってしまうのも防げます。撤収時に新聞紙を片づけたときには、かなり湿っていました。

キャンプ用品 レビュー テント組み立てキャンプ用品 レビュー テント設営
まずは、レジャーシートを下に敷く | レジャーシートは、テントより小さいモノを!

キャンプ用品 レビュー テントポール立てキャンプ用品 レビュー インナー
入り口をふくらませるポールをもう1本挿しています。フライシート設営も、意外と簡単です。
テントの中には、まず新聞紙を広げて敷き、この上にインナーマットを敷きます。これで、床の湿気が防げます

キャンプ用品 レビュー テントペグうちキャンプ用品 レビュー 結び方
ペグは、子供でも簡単にさせます。トントン、楽しそうでした。
知人に教わった、ひもの縛り方。確実にしまり、かつ簡単に外せる結び方だそうです


もう1つの必需品 タープについて

テントの他に、キャンプで必要になるのがタープです。キャンプ中の天気が、ずっと晴れていれば、タープはなくも過ごせますが、雨が降ってしまうと、テーブルやチェア、その他の用具を雨から守るものが必要になります。山中でのキャンプでは、夜中に雨が降ってしまうこともあり、何か1つ用意したほうが良いと思います。

タープはタイプが様々で、一枚布の簡単な構造のものから、個室を作るドーム型のものなどがあります。1枚布のヘキサタイプが非常に使い勝手がよく、支柱とロープの張り方を変えるだけで、大きさや屋根の角度変えることができるため、狭い場所でも使えます。雨の時に雨水を流す方向も、ロープの張り方だけでコントロールできます。ただし、構造が単純であるため、強風時などにはケアが必要です。

キャンプ用品 レビュー タープキャンプ用品 レビュー タープ2

コールマン ヘキサタープ

クロスポールを広げるだけで、高さ調整が可能な一枚布の六角形のタープです。場所に合わせて、自由に大きさを変えられます。慣れると非常に便利です。

■コールマン ヘキサタープ(アマゾン)
■コールマン ヘキサタープ(楽天)

ドームスクリーンタープ

風に強いドーム形状のタープです。4面フルオープン仕様で、メッシュを閉めることで、虫が入らないようすることもできます。

■コールマン ドームスクリーンタープ(アマゾン)
■コールマン ドームスクリーンタープ(楽天)

 

購入したランタン その1 : テントの中には電池式LEDが最適

ランタンは、必要最低限の2つを購入しました。1つは、テントの中の電池式LEDのもの。テントの中は火気厳禁なので、電池式が必須です。最近のLED式のランタンは明るく、テントの中で、着替えをしたり、話をしたりするには十分な明るさです。また、外での食事のときに、テーブルライトとして使うこともあります。オーソドックスなランタンデザインのものと、トイレへ立つ時の懐中電灯にも使えるポータブルLEDランタンを買ってみました。

キャンプ用品 レビュー LEDランタンキャンプ用品 レビュー LEDランタン
現在の主流は、LEDタイプに変わっています!



コールマンLEDランタン
★電池で駆動でき扱いが簡単
●ランタン LED(アマゾン)
●ランタン LED(楽天)


コールマンガソリンランタン
★本物志向の定番ランタン
●マントルランタン(アマゾン)
●マントルランタン(楽天)



購入したランタン その2 : 本格キャンプの雰囲気!家庭用カセットが使えるガスランタン

野外キャンプで挑戦してみたかったのが、マントルを使うランタンです。元祖はホワイトガソリンを使うタイプですが、初心者には難しいのと、専用ガソリンが高価であるため、経済的な家庭用カセットが使える「SOTO フォールディングガスランタン ST-213」にしました。マニュアルには専用のカセットを使うように書いてあるのですが、今回は、スーパーで3本280円で買ったカセットを使いました。問題なく使えて、4時間くらい持ちます。

マントルを扱うのは初めてでしたが、上手にできました。最初はライターで焼く様に書いてありましたが、面倒だったので、いきなりガスを付けて、弱火で焼き、丸くなったら、栓を全開にして点けました。「サー」と言うガスの音が、キャンプの雰囲気を高めてくれます。明るさは、体感ですが、100Wの電球よりは明らかに明るい感じです。

キャンプ用品 レビュー マントルランタンキャンプ用品 レビュー カセットガスランタン
SOTO フォールディングガスランタン ST-213
スタンド(知人からの借り物) にぶら下げました。ガスランタンにスタンドは必需品かもしれません

 
SOTO フォールディングランタン
★ガス式ならこれがおすすめ!
家庭用カセットボンベが使えます

●SOTO ランタン(アマゾン)
●SOTO ランタン(楽天)


SOTO ハイパワー2バーナー
★おすすめ!安価で入手が容易な
家庭用のカセットボンベが使えます

●ハイパワー2バーナー(アマゾン)
●ハイパワー2バーナー(楽天)

 


本格ダイビングに 気圧/温度計を身に付けろ! どんな過酷な環境にも チタンパーツで堅牢
G-SHOCKの耐衝撃構造に 機能をプラスした 「MASTER OF G」シリーズ!
キャンプには手軽なG-SHOCKがぴったりです!最安値を探そう!


キャンプ用テーブルのおすすめは

テーブルは比較的大きいため、車に収納した際のサイズを考えて購入しましょう。ワンボックスの大型車なら、がっちりした作りのテーブルでも問題いですが、ステーションワゴンやセダンのトランクなどには入らない大きさのものがあります。
おすすめは、テーブルトップをくるりと巻いて収納できるコールマンの「イージーロール」シリーズです。テーブルトップがジャバラ状になっており、巻くことができます。非常に軽く、取り扱いや運搬が非常に楽です。小さな子供でも運べます。

キャンプ用品 レビュー イージーロール 
中央奥のテーブルが「イージーロール」 / 右のように収納時約15.5×21.5×70(h)cmになります


キャンプ用チェアのおすすめは

チェアは、人数分購入することになります。このため、これも運搬時の大きさを考えて購入するのをお勧めします。背もたれが大きく座り心地が良さそうなものや、あれやこれやの小物がついているものもあるのですが、私は、収納体積が小さく、がっちりとしたチェアをおすすめします。私のおすすめは、コールマンの「スリムチェア」です。このチェアは見た目は真四角で、簡易型のように見えますが、収納体積が最も小さいチェアです。作りも頑丈で、体格の大きい大人でも全く問題ありません。見た目以上に座り心地がよく、最新モデルにはカップホルダーもあります。

キャンプ用品 レビュー コールマンチェア
愛犬が座っていますが、写真のものは1つ前のモデルで、骨格がアルミ製です。
最新モデルは収納時の大きさがより小さくなるスチール製になっています。軽くて丈夫です。

その他のテーブル/チェアを探してみる

●キャンプ用テーブル(アマゾン)
●キャンプ用テーブル(楽天)

●キャンプ用チェア(アマゾン)
●キャンプ用チェア(楽天)



たき火台・グリル兼用の ファイヤーグリル

バーベキューには欠かせない、炭をおこすためのグリルを買いました。購入したのは、「UNIFRAME ファイヤーグリル」です。コンパクトに収納できて、たき火台にも使えるモノを選びました。コールマンなどに、もっとかっこいいグリルが売られていますが、小さい車にはとても積めません。このファイヤーグリルは知人のすすめで、いくつかグリルを使った末に、結局これに行き着いたそうです。1つでいろいろ使える、優れものです。

キャンプ用品 レビュー ファイヤーグリルキャンプ用品 レビュー ファイヤーグリル


UNIFRAME ファイヤーグリル
炭興しに便利です。この上に網を置いてBBQもできます
たき火台として使うこともできます。


 
ユニフレーム ファイアグリル
★たき火台、BBQ、炭興しと万能かつコンパクトです!
初めてのグリルにはこれが一番!

●ユニフレーム ファイアグリル(アマゾン)
●ユニフレーム ファイアグリル(楽天)



炭火おこしに重宝するバーベキューファン

炭火おこしはキャンプで楽しみの1つですが、最初はなかなか炭に火が付きません。初めて炭火おこしに挑戦するなら、可燃ジェルや燃料をしみこませた火おこしグッズをおすすめします。中でも重宝するのが「バーベキューファン」すなわち昔鍛冶屋さんが使っていた「ふいご(鞴)」です。ウチワでも良いですが、炭火の灰を飛ばさないように、局所的に空気を送ることができるキャンプ用のふいごがあります。手動式と電動式がありますが、電池切れを気にしなくて良い手巻き式の方が良いかも知れません。火が付きかけた炭に、コレで空気を送ると、あっという間に火を大きくできます!

折りたたみ式卓上BBQグリル

テーブルで使えるBBQグリルも買いました。購入したのは、「LOGOS スーパーバーベキューブ」です。組み立て式で、小さく折りたためます。知人の使っているコールマンの「テーブルトップチャコールグリルベータ」は折りたためず、そのままの大きさで車に積むことになるので、私の車では無理と思い、LOGOSを選びました。焼き物は、卓上で行える方が、いろいろと便利です。

キャンプ用品 レビュー BBQグリル卓上用キャンプ用品 レビュー LOGOS
薄く折りたためて、バッグに入ります。
組み立ては、上下のパーツを広げるだけです。

キャンプ用品 レビュー LOGOSグリルキャンプ用品 レビュー BBQグリルテーブル
組み立てると、こんな感じ。焼き肉など、少しずつ焼いて食べるには、便利です。炭はここでは興さず、ファイヤーグリルで興してから、移します。
小さいので、こんな感じで、テーブルにビルトインして使っています。


ロゴス(LOGOS)
クイックステン・卓上グリル

★コンパクトに収納できる卓上グリル

●クイックステン・卓上グリル(アマゾン)
●クイックステン・卓上グリル(楽天)


コールマン
テーブルトップグリル

★定番グリルです!

● テーブルトップグリル(アマゾン)
●テーブルトップグリル(楽天)

キャンプ向けの食器やテーブルウエアは キャンプの雰囲気を決めるアイテムです

折りたたみコンテナ : 食器や食材(乾き物)など何でも収納、洗い場への食器運搬に便利

キャンプ用品 レビュー コンテナ食器は必ずプラスチック(樹脂)製の軽く割れないものにします。キャンプ用品で、陶器やガラス製と言うことはまずないと思いますが、家にあるお皿を持って行くのは好ましくありません。キャンプ場は共同の洗い場が多いため、割れると危険なものは控えましょう。また、洗い場までは距離があるため、一度に運ぶことを考えると、食器を運ぶカゴも必要です。

■折りたたみコンテナ(カゴ)を探す(アマゾン)
■折りたたみコンテナ(カゴ)を探す(楽天)

メラミン製の食器 : 軽くて丈夫で熱に強い

キャンプ用品 レビュー メラミン食器食器はコールマンの「メラミンテーブルウェアセット」を購入しました。熱に強く傷の付きにくいメラミンと言う素材でできた4人用食器セットです。収納用ケースもあり、便利です。

■コールマン メラミン 食器セットを探す(アマゾン)
■コールマン メラミン 食器セットを探す(楽天)

 

お箸やフォークのセット(カトラリー) : キャンプ向けアイテム

キャンプ用品 レビュー カラトリーまた、お箸やフォークのセット(カトラリー)も、コンパクトにしまえるケースの付いたものが、キャンプの雰囲気も良く便利です。


■コールマンカトラリーセットを探す(アマゾン)
■コールマンカトラリーセットを探す(楽天)

ハンギングネット : 必須アイテム!

キャンプ用品 レビュー ハンギングネットそのほかに、洗った食器を乾かすためのハンギングネットは必須です。洗った後、ぬれたまま、このネットに入れて、タープの支柱にぶら下げて乾かします。短時間で、直ぐに乾きます。

■コールマン ハンギングドライネットを探す(アマゾン)
■コールマン ハンギングドライネットを探す(楽天)

クーラーボックスは妥協せず 最高峰を

クーラーボックスは、知人の強力なすすめで、コールマンの「スチールベルトクーラー」にしました。価格も最高峰なのですが、キャンプ中の食材を守る大切な箱です。日帰りBBQの時から、LOGOSの氷点下パックを入れて使っていますが、1泊なら余裕で持ちます。知人の話では、夏でも、2泊しても余裕だそうです。レポートはこちらのページに詳しく掲載しています。


そのほかに必要なモノ

これだけ揃えても、実は私たち1家族ではキャンプをすることはできません。

今回は知人のキャンプ用品を使わせてもらったので、購入していませんが、そのほかには、

・シュラフ(寝袋) : 夏なら、最初は毛布やタオルケットだけでも大丈夫です。
・バーナー(調理台): 普段使っている家庭用のカセットコンロで十分です。本格的なキャンプ気分を味わいたければ、買っても良いと思いますが、普段使わないので、収納に困り、邪魔になるとおもいます。

シュラフ

●キャンプ用シュラフ(アマゾン)
●キャンプ用シュラフ(楽天)

コンロ

●キャンプ用キャンプ コンロ(アマゾン)
●キャンプ用キャンプ コンロ(楽天)