オーストラリア 簡単SIMカード 購入 Optus 5日間12ドルでインターネット オーストラリア 簡単SIMカード 購入 Optus 5日間12ドルでインターネット

オーストラリア 簡単SIMカード 購入 Optus 5日間12$でインターネット

この夏休みに、オーストラリア、ゴールドコーストへ避暑に行ってきました。5日間の小旅行でしたが、この間にスマホを使うために、日本でWiFiルータを借りていきましたが使えるデータ量が少なすぎたため、現地でプリペイドSIMを調達しました。

オーストラリア コアラオーストラリア カンガルー

日本で借りたモバイルルータは使い放題ではない!

オーストラリアで使用可能なモバイルルータを出発前に日本でレンタルすることもできます。私は、「GLOBAL WIFI」を一応レンタルしました。最も安いプランで1日1000円弱ですが、出発日や帰国日を入れて借りることになり、5日間の旅では実質3日間しかオーストラリアに居ないにもかかわらず、5日間借りなければなりません。

最安プランを探し、5日間で4,200円でした。結果的には、高いレンタルでした。

オーストラリア WiFiルーターオーストラリア WiFi説明書

モバイルルータは扱いは簡単だが 使えるデータ量がイマイチ分からなかった

オーストラリア 旅行中取り扱いは確かに簡単で、現地に着いたら電源を入れ、本来に貼ってあるパスワードを入れるだけです。ただし困ったことに、このプランで使えるデータ量が明確でなく、説明書には「過剰な通信を控えていただくこと」としか書いてありません。超あいまいです。しかも注意書きの括弧の位置(赤字の部分)がおかしく、完成度が低い説明書です。

例として、「3日間のパケット通信料400MB以上を行った場合」を過剰な通信とするそうですが、3日で400MBと言うことは、1日130MBになり、この容量は「過剰」に使わなくても「普通」にスマホを使えば、十分超えてしまいます。いつ使えなくなるか分からないルーターは心配です。

使う側としては、「1日○○MBまで」、と明記して欲しいものです。

そこで、使用量が明確な、現地オーストラリアで最も安くプリペイドSIMを調達する方法を紹介します。

5日間程度の短期の旅行にはプリペイドのSIMが最適

オーストラリアの再大手の携帯電話会社は「Optus」です。この会社のSIMは、オーストラリアの人口カバー率が98.5%となっており、ほぼ何処でも使えます。SIMカードは空港はもちろん、Woolworthなどのスーパーやコンビニでも売っています。いろいろな契約プランがあり、結構複雑ですが、5日間程度の短期の旅行には$2プリペイドのSIMが最適です。

ちなみに、Optusはオーストラリア国内あれば通話は無料です。SMS/MMSも無料です。

↓SIMフリースマホを持っていない方は↓

現地で簡単にインターネットを行うSIMを調達する方法

オーストラリア OPTUSパッケージ現地のSHOPで買わなければならないものは、$2のSIMカードのみです。あとの「使用権」や「データ量チャージ」は、WEBサイトでクレジット決済で行うことができます。以下のような手順です。

※言うまでもないとは思いますが、海外でスマホを使うには、「SIMフリー(SIM Unlock)」のスマホが必要です。DoCoMo、au、Softbankなどのスマホは使えませんので念のため。

オーストラリア(ゴールドコースト、サーファーズパラダイス)のお店の人の対応についての余談ですが、英語を話さない人を馬鹿にするお高くとまったイギリスの人や、他人には基本的に興味が無い自分中心のアメリカの人とはかなり違います。オーストラリアの人は困っている人を全力で助けたいと思う、フレンドリーな国民性を持つそうです。

実際、つたない英語で店員にあれこれ聞いても、面倒くさがらず一生懸命説明してくれますし、支払いで小銭の単位が分からない時は、持っている小銭を全てテーブルに出せば、支払いの金額分だけ数えながら取ってくれる程です。5日間の旅行で色々な店で買い物をしましたが、1度も不快な思いをしたことはありませんでした。(イギリスなら、「ちっ」とか舌打ちされて、冷たくされた経験があります。)

オーストラリアはチップも不要ですし、お金にギスギスしたアメリカ/イギリスの感じとは全く異なり、おっとりとしています。結構、世話好きの日本人の感覚に近いところがあるかも知れません。

店舗でどのカードか分からなかったら、聞いてみると良いと思います。

1)まず空港やスーパーで「$2 PrePaid SIM Pack」を購入する

Optusは黄色のカラーのパッケージで統一されています。スーパーに行くと、iTunesやGooglePlayのカードの横あたりに、つるされて売られています。SIMカードのサイズ「Micro/Nano」に注意して、自分のスマホのカードサイズのものを購入します。たったの$2(=180円)です。購入したら、カードをスマホに挿してください。

2)Optus社のWebサイトでアクティベーションを行う

次にはカードのアクティベーションが必要です。Webサイトで行うのですが、ここで注意する必要があるのは、どのようにしてWebサイトに接続するかです。SIMカードは未だアクティベートされていませんので、スマホでWebサイトを見ることはできません。

そこで、フリーのWiFiが使用できるエリアを探してください。空港のラウンジや、モールのフードコート、数は少ないですがスタバ(飲み物を買うと1時間だけ使える)等でもサービスがあります。WiFiでインターネットにつながったら、Optusのサイト(www.optus.com.au/activate)へ行きます。サイトは英語ですが、1〜6のステップで、アクティベートの方法が案内されていますので、英語が苦手でも十分できると思います。

3)アクティベートできるとSMSでメッセージが来る

アクティベートが終了すると、登録したスマホに、SMSでメッセージ「Thanks for activating. To recharge now, go to www.optus.com.au/recharge」が届きます。これで、携帯電話として使える様になっています。

4)SIMに料金(使用権)をチャージする

つぎにSMSで来たメッセージにあるサイト(http://www.optus.com.au/recharge)へ行き、使用料金をチャージします。クレジットカードやPaypalなどで支払いができます。

リチャージの際に「Prepaid Service Number」を要求されるのですが、最初は何の番号か分からず焦りましたが、何のことはない、04で始まる10桁の電話番号そのものです。購入したカードのホルダに書いてあります。

プランは、1日500MBの通信ができる「NEW $2 Days 4G Ready」プランを選択します。プラン名の通り、500MB以内なら$2(=180円)しかかかりません。使用する日数などを指定することもできます。5日間なら$10分購入しておくと、再購入の手間がありません。チャージは$10単位です。

5)APNを設定する

スマホのモバイルデータ通信の設定で、APNを設定します。新規にAPNを作成し、APN:Internet、ユーザーネーム、パスワードは共にブランク でOKです。APNの設定は、Optusのページに一覧が載っています

6)通信量が限界に来たらSMSでお知らせが来る

このプリペイドのプランは、1日500MBまでのプランですが、使用量が90%になったらSMSでお知らせが来ます。そのまま使い続けると、「Auto Bump」の機能で、リチャージした料金が使われ、さらに524MB使える様になります。当然$2の料金が消費されてしまいます。このプランは1日単位ですので、残っているデータ量は午前0時にリセットされて無くなりますのであしからず。

プリペイドを活用すれば 5日間$12(=1,080円)でインターネットが使える

このように、現地のSIMカードを使えば、たったの$12で、5日間インターネットが使えてしまいます。SIMフリーのスマホが必要ですが、最近は国内でもMVNOの格安サービスが流行っていますので、SIMフリーのスマホを使っている方は、挑戦してみてください。

現地の店舗にあった、プリペイドのパンフレット。↓

オーストラリア OPTUSチラシ

Simフリーのスマホ本体の購入について

Simフリーのスマホはもっておらず、この際、国内でもMVNOに変えようと考えている方は、SIMフリースマホの購入方法について参考にしてみてください。

MVNOを使う上で大きな問題は、スマホ本体をどのように購入するかです。最近は、秋葉原などでは店頭でも売っていますが、通常の電気店ではほとんど売っていません。メジャーなSimフリースマホには、アップルストアで購入可能なiPhoneがありますが、7万円近い価格で高額です。そのほかNexus5などAndroid系のスマホも買えますが、これも4万程度します。MVNOを使うには、ちょっと高すぎです。

そこで、2万以下で買えるSimフリースマホ本体をAmazonや通販で探した結果、非常に性能が高く、Nexus7などのメーカで信頼性も高そうな「ASUS」(エースース)製の「ZenFone5」が良さそうです。MVNOの会社は、IIJmioが良さそうです。購入レビューが下のページに掲載されていますので、参考にしてみてください。

ASUS ZenFone5 A501CG Simフリースマホ購入、MVNO、ZenUI使い方レビュー