iPad mini Simフリー版をMVNO iijmioで使用レビュー iPad mini Simフリー版をMVNO iijmioで使用レビュー

iPad mini Simフリー版をMVNO IIJmioで使用レビュー

オーストラリアで現地のプリペイドSIMを購入する方法を掲載しました。
オーストラリア 簡単SIMカード 購入 Optus 5日間12$でインターネット

使っていたNexus7(2012)にストレスを感じるようになった

Nexus72012年の年末にNexus7(2012)を購入し、ずっと使い続けていました。OSがLollipop(Android 5.0)になってから、動作が重く、待たされることが多くなっていたのですが、タブレットとはこんなものだろうと思いながら、そのまま使っていました。

例えばムービーを見るような場合、Chromeブラウザからムービーのリンクをクリックすると、指定した別のムービープレーヤーが起動しますが、この切替途中に、動作が止まってしまうことが時々起こる様になり、安定させるために再起動しなければならず、結構ストレスを感じていました。

Androidは、アプリの選び方で動作の安定性が変わりやすく、デリケートです。使いこなすには、かなりマニアックにアプリを選定しなければなりません。タブレットを使い始めた頃は、アプリを色々試し、それはそれで面白かったのですが、タブレットが普段の道具となってしまった今は、便利に安定して使えるものが欲しくなってきました。

普段の道具としてのタブレットはやはりApple製 iPad

iPad mini Simフリー購入家族で共用しているiPadは「iPad2」です。iOSを8.0に変えてから動作が重くなっているのですが、それでも、技術に詳しくない妻や娘でも十分に使えています。また、私のスマホも「iPhone5」です。iOSのアプリは使い慣れています。そこで、Nexus7に代わる持ち歩き用のタブレットとして、Androidはやめて、「iPad mini2」を選定しました。最新型のmini3があるのですが、指紋認証以外に差がないため、価格の安いmini2に決めました。

また、純正のレザー製ケース「iPad mini Smart Case」(ミッドナイトブルー)も購入しました。購入はアップルストア(通販)からです。

 

MVNOを使うためにiPad mini2 Simフリー(アンロック)版を購入

iPad mini Simフリー セルラー版Nexus7を持ち出す時は、いつもiPhoneのテザリングにBluetooth接続して使っていました。ですが、タブレットを立ち上げた時に、iPhoneへ接続する一手間があり、これが結構面倒でした。

そこで、今回の買い替えでは、思い切ってSimフリー版のiPad mini2にして、月額900円のMVNOで運用して見ようと思い立ちました。

iPad mini2の価格面では、WiFi版とSimフリー版には1.4万円もの差があり、結構高い買い物なのですが、いつでもどこでも使える利便性を取って、思い切っての購入となりました。

iPad mini2 Simフリー(Cellular版)にしかない隠れた機能「GPS」

iPhoneなどのスマホには、今や「GPS」機能は当たり前のようについています。ところが、意外とと盲点だと私は思うのですが、iPad miniではWiFi版にはGPS機能は無く、Simフリー版(Cellular版)にのみ搭載されています。つまりは、外出時にテザリングやWiFiルーターで接続した場合、Googleマップに正確な現在位置は表示できないのです。

方向音痴のため、外出時に地図を見ることが多い私としては、iPad mini2を選定するにあたり、「GPS」の有無は大きなポイントでした。


MVNOには「IIJmio」のデータプランを選定

MNVOには「IIJmio」のミニマムスタートプラン(月額900円、3GBまで)を選定しました。SMS認証の必要なLINEなどはスマホ(iPhone5)で使っているため、このiPadの契約にはつけていません。

iPad mini SimフリーIIJmioiPad mini SimフリーIIJmio Nano Sim

他のMNVOのプランでも大きく差はないのですが、「IIJmio」を選定した理由としては、妻と娘のスマホ(ZenFone5 Android)で「IIJmio(ミオフォン)」を既に使っていたためです。また、日々の通信量をチェックできる「みおぽん」と言うアプリを気にいっていることも理由の1つでした。

iPad mini Simフリー みおぽんiPad mini Simフリー月月
IIJmioの通信量確認、クーポン切り替えアプリ「みおぽん」

契約には初期費用3000円がかかりますが、私はAmazonでディスカウントされていた「IIJmioウエルカムパック」を2100円で購入しました。iPadのSimカードサイズは「nano sim」です。ウエルカムパックにはSimカードの他、Webサイトからの申し込みに使用する電話番号とパスコードの書いた紙のカードが入っています。これを登録画面に打ち込めば、直ぐに開通します。とっても簡単でした。

iPad mini SimフリーIIJmioiPad mini SimフリーSIM設定
送られてくる電話番号とパスコード(左)    モバイルデータ通信設定(右)

docomo LTE回線のiPadは非常に快適

iPad mini SimフリーDoCoMO外出時にLTE、自宅ではWiFi自動切り替えで使っています。Webページやメール、ニュースをチェックするのが主な使用目的のため、自宅WiFiと外出時のLTEの速度差は全く感じません。切り替わっていることを意識することもありません。

また、Nexus7の時に感じていたテザリング接続の一手間や、アプリ切替時のストレスもなくなり、非常に快適です。最も安定したタブレットは、Simフリー版のiOSなのではと感じており、買い替えて大満足です。

4:3の画面サイズの使い勝手

最近のスマホ、タブレットの画面は、16:9に近いワイド画面になっています。映画やTVを見るにはちょうど良いのですが、特に横置きにした場合、Nexus7ではメール確認やWEB閲覧には縦が短すぎて使い辛い思いをしていました。

iPad mini2の画面ザイズは小さいものの、「4:3」の比率はA4、B5などの印刷物のサイズに合っており、画面いっぱいに表示した場合見慣れたサイズで、使いやすく感じます。YahooニュースアプリやiOS標準のメールアプリでは、横置きにした場合、リストが左側に表示され、本文が直ぐ横に表示できるため、使い勝手が非常に良くなります。

余談ですが、最近「dマガジン」にはまっています。これは月額400円でメジャーな雑誌の最新刊が読み放題となるサービスです。docomoが提供していますが、docomoのスマホを使っていなくても契約できます。暇つぶしや情報収集に重宝しています。

ただ、紙面のデータサイズが大きいため、MVNOで使っていると、通信量を圧迫してしまいますので注意が必要です。1冊の雑誌をパラパラとページめくりしてしまうと、直ぐに数十MB消費してしまいます。(ちなみにある号のMacFanを1冊全てのページ表示すると、72MB消費していました。)目次や見出しなどの機能を使って、見たい記事だけを表示するような使い方が良いと思います。

iPad mini Simフリー使い勝手 iPad mini Simフリー使い勝手
特別なアプリは使っていません(左)   最近契約したdマガジンメニュー画面(右)

iPad mini Simフリー使い勝手 iPad mini Simフリー使い勝手
dマガジンの見開き(2ページ分)が表示できます。(左)   おなじみYahooニュースアプリ(右)



さいごに、雑感(2015/03/29)

2011年から家族共用として「iPad2」を購入しPCの代替として便利に使っていましたが、2012年末にGoogleがタブレットを発売し、さらに19800円と言う破格値だったこともあり、「Nexus7 2012」を自分用に購入し使ってきました。

Androidは画面のカスタマイズなどは通常機能で可能ですが、Linuxのシステム知識が若干あれば、root化を行い、システムの中への変更を加える事もできます。元エンジニアだった私にとっては、最初の頃は結構楽しめるアイテムでした。最近は、システムをいじって試すことは一段落し、通勤時や出張時に外でWEB情報を見ることがタブレットの主な利用目的になっています。

AndroidとiOSの両者を使ってみて、安定性や使いやすさは、やはりiOSの方が群を抜いていると思います。Nexus7を使っている時は、アプリの間にOSが介在し、使っている私が常にOSの存在を意識してしまうような感じでしたが、iOSで同じことを行った場合には、切り替えがスムーズで、感じていた違和感がありません。OSの違いなどに興味のない一般ユーザーは、やはりiOSが向くのだと実感しています。

Androidは最新OSであるLollipopをリリースしましたが、リリースや採用機種の様子を見ていると、それほど普及しておらず、Androidの開発は少しトーンダウンして息切れしてしまっている感じがします。世の中は、今のスマホで満足してしまっているのでは無いかとさえ思います。

最近、「IoT(Internet of Things)」とか、Appleウオッチの様な「ウェアラブル」とかがキーワードとなって発表が続いていますが、今後のテクノロジーの起爆剤となるアイテムに成長するでしょうか?。Appleウオッチには、少し期待したいところです。