[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入

曲を作るのが楽しくて仕方ありません

曲を作るのが楽しくて仕方ありません
去年まではエフェクトペダルの自作に精を出していて、プリント基板を自分で設計し、小さなボックスに入るようにするのが楽しくてしょうがありませんでした。最近では、Arduinoを使って、プリセットできるアナログディレイや、ディストーションを作り、もうこれ以上自作するものがなく、あとはスイッチャーくらいになってしまいました。エフェクトペダルは、回路は根本的には昔から変わっておらず、誰かが作ったものの完コピーが多いと思います。作りすぎてしまい、若干飽きてしまいました。

その点、最近ハマってきた宅録については、楽曲は白紙から作るので、自分の能力やセンスがそのまま出てしまいますが、最初に出来上がりは予想できず、作りながらだんだん完成する過程が楽しくて仕方ありません。。

DAWは魔法のツールなので、演奏については途中までしか弾けなくても、いくらでも重ね録りでき、ピアノはMIDIで修正できてしまいます。でも、完璧にできるかというとそんなことはなく、結局自分の色が付き、自分の能力やセンスがそのまま曲になっています。

何と言っても仕事と違い、趣味でやっているので、結果を求められないのは良い!自己満足でOKなので、没頭できます。この三連休は、とにかく外が暑かったので、食事の時間以外、ずっとワルツ「Merry Waltz」を作っていました。

このワルツを作るきっかけは、高校生のFMで益田幹夫さんがLittle WaltzをRhodesで弾いているのを聴いて、あのときの何とも言えない感動を思い出したからです。高校生の頃は松山に住んでいたので、当時、千舟町のYAMAHAの貸しスタジオに唯一あったRhodesをどうしても触ってみたくて、学校帰りに店員さんにナンジャカンジャ言って、スタジオを借りずに弾かせてもらったのを思い出しています。ついでに横にあったCP-70も触ったと記憶しています。自分の家にはピアノはなかったので、へたくそで禄に弾けなかったですが。

次は、何を作ろうかと考えるのが楽しくて仕方ありません。ですが、明日からまた仕事です。少しキツくなってきましたが、何とか凌いでいます。40年近く働いて、もうすぐ定年なので、できることなら、仕事は辞めたいなあ。

2023/07/17 22:35 | 固定リンク | オリジナル曲