[ブログ一覧]
 ● サムネイル一覧表示
[ホームページリンク]
 ● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
 ● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
 ● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型

今日はアナログシンセプラグインで 曲にテクスチャーを追加

2024/01/04


今日はアナログシンセプラグインで 曲にテクスチャーを追加
私の大好きなミュージシャン Brian Culbertsonが、昨年末のライブビデオの中で、新しい曲にNicholas Coleと一緒に効果音を加えていました。彼らは、Moog OneやProphet-5の実機を使ってアナログで録音しているようです。

Friday Night Studio Hang 12/8/23 w/Nicholas Cole

これに触発されて、今日は新曲「Blue Night Grass」にテクスチャー(効果音)を追加しました。StudioOne内蔵のMaiTaiと、フリーのOberheimアナログシンセプラグイン「OB-XD」を使ってみました。

テクスチャーは、曲にカラーを付け音をリッチにすることが目的ですので、全面に出すことはあまりなく、背景で鳴らすことがほとんどです。小節の頭に32分音符くらいの短い音を打ち込み、エンベロープを長めに設定して、メロディーの裏側で鳴るようにしています。

Aメロからバースに展開する部分では、ロールシンバルのかわりに、MaiTaiを使ってホワイトノイズ+フランジャーで作った波の様な音を入れてみました。

「Blue Night Glass」(ホームレコーディング 楽曲集)

2024/01/04 15:29 | サムネイル一覧