[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転

RIGOLの新しいオシロスコープ DHO800シリーズ、めちゃくちゃコンパクト高性能

RIGOLの新しいオシロスコープ DHO800シリーズ、めちゃくちゃコンパクト高性能
RIGOLの新しいオシロスコープ DHO800シリーズ、めちゃくちゃコンパクト高性能

私はエフェクター作りにRIGOLのデジタル・オシロスコープを使っています。「DS4012」という10年以上前の機種ですが、数年前に中古で手に入れました。

性能は2ch、100MHz、4Gサンプリング/s、8bit分解能で、エフェクタ作りにには十分です。特に大きな不満はないのですが強いてあげれば、
 ・筐体が大きい(440(W)x218(H)x130(D) mm, 4.8 kg)
 ・ファンが強烈にうるさい
 ・つまみの反応速度が遅い(操作から画面変化までタイムラグがある:多分CPUが低速?)
です。

RIGOLのサイトを久々に見ていたのですが、新しいオシロスコープ DHO800シリーズが出ていました。同等の性能のもので、5万円弱ですが、筐体が2周り位小さくなっています。さらに画面がタッチパネルになっており、モード切替などは画面上でできるみたいです。

大昔メーカーで働いていた頃は、未だモノクロブラウン管だったバカでかいオシロを使っていたため、中古で手に入れたRIGOLは信じられないほどコンパクトになっており感動しましたが、今回のDHO800は、さらにその上を行っています。

 ■テンションの高いおじさんがROGOLの歴代機種を紹介しているYoutube(旧機種と比較あり)

 ■日本語ならICHIKENさんのレビューがわかりやすい

<DHO802>
・サイズ 265.36mm×161.75mm×77.38mm 1.78kg
・2ch、70MHz、1Gサンプリング/s、12bit分解能
・電源がUSB-C給電

 ■AmazonでRIGOLを探してみる

ものすごく気になっています!!

ちなみに私のRIGOLは、2012年発売の↓です。
RIGOLの新しいオシロスコープ DHO800シリーズ、めちゃくちゃコンパクト高性能
ROGOL DS4012
発売当初は、20万円以上したみたいです。

このDS4012は起動時間(電源を入れてから波形が表示されるまで)が18秒ですが、上で紹介した最新のDHO802は50秒だそうです。DHO802はOSがAndroidだそうですので、その分、起動に関しては後退したのでしょうか?