ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで

ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで

ギター歴は40年になります。コロナ渦で自宅で過ごすことが多くなり、ここ1年で、いくつかのエフェクタを自作しました。買い集めた既成エフェクタと自作モノで、オールアナログのエフェクタボードを作り楽しんでいます。ここでは、自作したエフェクタと、自作のためのツールについて紹介します。

【目次】

自作したエフェクタの紹介
エフェクター自作情報サイト
プリント基板/万能基板
パーツの購入
必要なツール(道具)

秘密兵器「デジタルオシロスコープ」
私の作業環境と最新エフェクターボード
宅録で作ったSmoothJazzのカバー曲

エフェクタ自作 歴代作品
勢揃いした自作エフェクター


面実装チップ部品によるミニサイズエフェクター

自作したエフェクタの紹介

KLON KENTAUR(ケンタウルス): オーバードライブ

チャージポンプICで、9Vの電池から27Vの電圧を作り出し、ダイナミックレンジを広げることで、ギター出力をアンプにプッシュするオーバードライブです。私はGAINをゼロに設定し、クリーンブースターとして使っていますが、音が太くなり、存在感が増します。諸事情あり、2台目は+9V仕様となりました。

回路インターネットのコミュニティーから入手
基板:万能基板にPoint to point で手配線
パーツ:全て「タッキーパーツドットコム」で購入
ケース:塗装済みケース(HAMMOND 型番不明)を「タッキーパーツドットコム」で購入

KLON KENTAUR自作レポート

VEMURAMU JAN RAY(ジャンレイ): オーバードライブ

「みんな大好きジャンレイ」と言われるほど、ミュージシャンがこぞって使っているオーバードライブです。ローゲインの歪が特徴的で、オーバードライブペダル「Timmy」のクローンです。私は、GAINを9時位にセットし、レスポールのフロント側で弾くことが多く、フェンダーツインリバーブの様な柔らかい歪が心地よく鳴ります。

回路La Revolution Deuxから
基板:プリント基板を 「音色研究会」から購入
パーツ:全パーツを「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590BS ブラック」を「GarrettAudio」で購入

VEMRAMU JAN RAY自作レポート

Xotic BB Preamp(ビービー プリアンプ): ディストーション

「現場で使えるトーンペダル」の文句で広く使われている、ディストーションです。リトナーも使っているそうです。クリーミーなきめ細かい歪を作り出し、トレブル、ベースのトーンコントロールがよく効きます。私は、ソロのメイン歪に使っています。赤いケースに入れて、「Bloody Red BB Preamp」と勝手に呼んでいます。

回路StompBoXed掲載の回路図
基板プリント基板を ポーランドの基板ショップからeBay経由で購入
パーツ:全パーツを「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590N1 リンクレッド」を「GarrettAudio」で購入

Xotic BB Preamp自作レポート

YAMAHA CH-01 ノックダウン: コーラス

30年以上前の学生時代に購入したYAMAHA コーラスCH-01をバラし、新しいケースに入れ直しました。当時カシオペアの野呂さんが使っていたのを真似て買ったものです。256段のBBD素子を使ったアナログコーラスで、マルチエフェクタにはない深みのある音がします。ワインレッドの渋いケースに入れました。

回路:インターネットでは見つからず
基板:実物を削って、ケースに入るようにした
パーツ:基板以外を「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590N1 クリムゾンレッド」を「GarrettAudio」で購入

YAMAHA CH-01 ノックダウン レポート

MXR Envelop Filter(エンベロープフィルタ): オートワウ

飛び道具としてよく使っていたZOOMマルチエフェクタG3Xに入っているオートワウの代わりに自作しました。私はオートワウはカッティングやソロの飛び道具としてよく使っており、G3Xをエフェクタボードから追い出して、全ボックスをアナログ化するために作ったものです。きれいなエメラルドグリーンのケースに入れました。

回路TONEPAD FX PROJECTSから
基板:プリント基板を 「タッキーパーツドットコム」で購入
パーツ:基板以外を「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590N1 クリムゾンレッド」を「GarrettAudio」で購入

MXR Envelop Filter自作レポート

BOSS DM-3 MOD: アナログディレイ(BBD使用)

BBDを使用したフルアナログディレイの自作レポートです。DM-3の回路図をモディファイし、Cooladuio社のBBD「V3205」を使いました。2層プリント基板を設計し「Fusion PCB」に製造発注し、ケースぴったりの基板が出来ました。

回路BOSS DM-3サービスマニュアルの回路図をモディファイ
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:主要ICを「秋月電子通商」で、ケースや他の部品を「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590N1 シャニンブルー」を「GarrettAudio」で購入

BBDを使用したアナログディレイBOSS DM-3 MOD 自作レポート

BOSS CE-3 MOD: アナログコーラス(BBD使用)

BBDを使用したアナログコーラスの自作レポートです。CE-3の回路図をモディファイし、Cooladuio社のBBD「V3207」を使いました。3回目になりますが、2層プリント基板を設計し「Fusion PCB」に製造発注し制作しています。

回路BOSS CE-3サービスマニュアルの回路図をモディファイ
基板:プリント基板自分をで設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:すべての部品を「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590N1 ホワイト」を「GarrettAudio」で購入

BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート

BOSS OC-3 MOD: アナログオクターバー(CMOSフリップフロップ使用)

CMOSフリップフロップを使ったオクターバーの自作レポートです。BOSS OC-2の回路をモディファイし、CMOSを別のICに置き換えて作っています。2層プリント基板を設計し「Fusion PCB」に製造発注し、ケースぴったりの基板を作りました。ノイズ対策のために、シールドシートを追加しています。

回路BOSS OC-2サービスマニュアルの回路図をモディファイ
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:すべての部品を「GarrettAudio」で購入
ケース:「HAMMOND 1590N1 ゴールド」を「GarrettAudio」で購入

CMOSフリップフロップを使ったオクターバーOC-2 MOD 自作レポート

Suhr Riot: ハイゲインディストーション 面実装チップ部品で制作

ミニサイズのケースを使って、ガッツリ歪むディストーションペダル、Suhr Riot を自作しました。今回は面実装チップ部品を使い、極小サイズのプリント基板を作ってみました。チップ部品の購入先や、基板の制作方法、ミニケースへの実装方法などを紹介します。

回路WEBで見つかった回路図を参照
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:「GarrettAudio」「千石電商」「共立エレショップ」で分割購入
ケース:「HAMMOND 1590A ピーコックブルー」を「GarrettAudio」で購入

Suhr Riot 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート

オリジナル回路ノイズゲート: 自分で設計し面実装チップ部品で制作

ギター用のノイズゲートを自分で設計し、面実装チップ部品を使ったプリント基板を制作しました。回路の動作を確認したり、定数を調整したりするために、初めてブレッドボードを購入し、動作を見ながら定数を決めてゆきました。

回路自分で設計しブレッドボードで確認
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:「GarrettAudio」「千石電商」「共立エレショップ」「秋月電子通商」で分割購入
ケース:「HAMMOND 1590A シルバーハンマートーン」を「GarrettAudio」で購入

オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート

EP BOOSTER & MICRO AMP: 2つのバッファ回路を1つのミニサイズケースに組み込み

面実装チップ部品で、ミニサイズのケースに入るバッファアンプを自作してみました。昔からあるオペアンプ1つでできているMXR MICRO AMPと、最近流行りのXotic EP BOOSTERの2つを同じ基板に詰め込んで切替可能にしました。

回路ネットに出回っている回路図を基に書き起こし
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:「GarrettAudio」「千石電商」「共立エレショップ」「秋月電子通商」で分割購入
ケース:「HAMMOND 1590A ホワイト」を「GarrettAudio」で購入

EP BOOSTER & MICRO AMP チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート

Keeley 4 Knobs Compressor: デザインシートを上面に貼り美しい仕上げ

今更ですが、音作りの幅が広いROSS系コンプレッサーの代表、「Keey 4 Knob Compressor」を自作してみることにしました。ミニサイズのエフェクタケースに入れるために、33mmx38mmの面実装のプリント基板を作り、チップ部品で作っています。オリジナルステッカーシールを上面に貼り、市販エフェクタっぽく仕上げています。

また、ダイレクト音をブレンドできる様にモディファイしたコンプをもう1台作りました。弾き初めのコンプ感が

回路ネットに出回っている回路図を基に書き起こし
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:「桜屋電機店」「千石電商」「共立エレショップ」「秋月電子通商」で分割購入
ケース:「HAMMOND 1590A キャンディブルー」を「桜屋電機店」で購入

Keeley 4 Knob Comp. チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
Keeley Compressorに ダイレクト音ブレンド機能を追加MOD

MXR Phase90 モディファイ: スピードインジケータ、レゾナンスSWをプラス

エフェクターの中では老舗中の老舗、MXR Phase90をモディファイして自作してみました。チップ部品で作りましたので、オリジナルとはIC部品が違います。フワフワ点滅するスピードインジケータを自分で追加しました。FusionPCBに面実装プリント基板を発注しました。

回路ネットに出回っている回路図を基に書き起こし
基板:プリント基板を自分で設計し中国深センの 「FusionPCB」に制作発注
パーツ:「桜屋電機店」「千石電商」「共立エレショップ」「秋月電子通商」で分割購入
ケース:「HAMMOND 1590A キャンディレッド」を「桜屋電機店」で購入

MXR Phase 90 チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート




エフェクター自作情報サイト

回路、基板パターンの情報集めから

エフェクタを作るためには、回路図と基板パターンの情報が必要です。回路図のみから万能基板に配線したり、プリント基板自体を自作することもできますが、ベテランでない限りは難易度が高いため、初心者は、販売されているプリント基板を使うのが良いと思います。

自作エフェクタの情報は、主に海外ですが、私は以下のサイトを使っています。

■TONEPAD FX PROJECTS: http://www.tonepad.com/projects.asp?projectType=fx

2001年に作られた老舗の海外サイトです。エフェクタDIYのコミュニティーになっており、英語ですが情報のやり取りが行われています。おそらく製品の基板から書き出した回路図と、自作のためのプリント基板パターン図が公開されています。難易度(Difficulty)が示されており、初心者が作るための目安になります。
プリント基板も販売されていて、USからですが、海外への発送(FAQのページにワールドワイドどこでも送料$4と書いてあります)にも対応しています。

■Guitar FX Layouts: http://tagboardeffects.blogspot.com/

2010年ごろから始まっているサイトです。プリント基板ではなく、「ストリップボード」「ベロボード」と呼ばれる特殊な万能基板を使った制作記事が載っているのが特徴です。ストリップボードは、日本ではあまり馴染みがない万能基板ですが、横一列のパターンをドリルで切りながらパターンを作るのが特徴で、一般の万能基板での手配線(Point to point)に比べて、簡単に、きれいに回路が組めます。
「ストリップボード」は、一般のパーツ屋では売っていないのですが、「GarrettAudio」さんが扱っていますので、必要な方は覗いてみると良いと思います。

お手軽なエフェクタキット

まず1つ目を手軽に作ってみたいなら、全てが揃ったエフェクタキットをおすすめします。エフェクタキットは「タッキーパーツドットコム」さんが多種のキットを販売しており、プリント基板も入っています。

私が最近自作したオートワウ(MXR Envelop Filter)のプリント基板は、こちらで購入しました

プリント基板/万能基板

プリント基板は、「TONEPAD FX PROJECTS」の様な海外サイトで購入することのもできますが、国内でも取り扱いがあります。「タッキーパーツドットコム」さんを始め、「音色研究会」さんも扱っています。

Googleで「エフェクタの製品名+プリント基板」または、「エフェクタの製品名+PCB」で検索し、「画像」リストを表示すると見つけやすいと思います。

エフェクター自作 プリント基板で制作

万能基板での製作

ちなみに、必ずしもプリント基板でなければ作れないと言うことはありません。価格の安い万能基板(ユニバーサル基板)を使って作ることもできます。ですが、初めて作る方は難しいと思いますので、2、3作目あたりからトライして見てはどうかと思います。エフェクター製作で使う万能基板には、大きく2種類あります。

万能基板(ドットパターン)

最も多い万能基板で、2.54mmピッチで穴(穴経0.9〜1.0mm)が開けられており、穴に独立したランド(銅箔)が付いているものです。素材は、柔らかく加工がしやすい「紙フェノール」と、丈夫な硬い素材の「ガラスエポキシ」があります。エフェクタなら、どちらでも良いと思います。
使い方としては、部品をランドに挿しハンダ付けし、基板の裏側でパターン図に沿って導線を付けて行く方法です。配線には、「すずめっき軟銅線」を使います。太さ0.6〜0.8mmのクニャクニャ曲がる錫でメッキされた配線材です。抵抗のリードを切った余りを使っても良いです。ケンタウルスクローン自作レポートに、この様子が載っています。

 ■すずめっき軟銅線を探す(アマゾン)
 ■すずめっき軟銅線を探す(楽天)

エフェクター自作 ドットパターン 万能基板で制作

ストリップボード(ベロボード)

日本では余り使われていない万能基板ですが、横一列のパターンをドリルで切り、縦方向にはジャンパーを使ってパターンを構成する独特の方法で作成します。利点としては、ドットパターンの万能基板のような裏側配線が不要で、比較的簡単に、きれいに作ることができます。上で紹介した「Guitar FX Layouts」にこの万能基板を使った制作例が豊富に載っています。「ストリップボード」は、一般のパーツ屋では売っていないのですが、「GarrettAudio」さんが扱っています。

エフェクター自作 ストリップボードで制作

プリント基板の設計/外注製造

プリント基板は、自作することも可能です。パターンを銅箔の上に描いて、エッチング(パターン以外の部分の銅箔を薬剤で溶かす)を行って作成する方法があります。この方法は、古くから多くの方が行われていますので、情報は容易に得られると思います。

ここでのご紹介は、CADソフトで両面プリント基板を設計し、プリント基板製造メーカーにデータを送って製造を依頼する方法です。気になるのは費用だと思いますが、中国のメーカー「FusionPCB」は、10cm四方までの基板であれば、なんと$5で製造してくれます。DHLによる送料を含めても$25(約2500円)です。

私は、オープンソースのCADソフト「KiCAD」を使って基板を設計し、BBDを使用したアナログディレイを作ってみました。基板の設計は、それなりの経験が必要(私は、25年ほど前に電機メーカーに務めていた)なのですが、CADや基板の設計方法に関する書籍が多数ありますので、挑戦してみても良いかもしれません。

FusionPCBでの基板製造の際には、レジストの色(緑、赤、青、など)を選択できるのですが、この色の選択は納期に影響があるようです。そのときの他の基板の製造状況にもよると思いますが、「緑」が最も一般的な色で案件が多く、コストも安いそうで、もしもこだわりが無いのであれば、「緑」を選ぶのが納期に最も有利です。FusionPCBのページには、製造に要する期間は、3-14営業日と書かれており、幅があります。

私の経験では、3枚しか作ったことはありませんが、発注から製造完了までで、「緑」が4営業日、「青」が6営業日、「赤」が12営業日でした。基板発送(深セン)から自宅(神奈川)到着までは、全て5日(土日含む)でした。

支払いはクレジットカード情報を送信しなくて済む、PayPal経由での決済をおすすめします。

(追記)FusionPCBの他にも、「PCBgogo」と言う同じく中国深センの基板メーカーがあります。注文方法等はFusionPCBと同じですが、このメーカーには、納期を早くする「特急コース」があり、緑のレジストなら「24時間特急」と言うオプションを選んでも$5です。次の機会に、注文してみようと思います。

アナログディレイ 基板設計 KiCAD
KiCADの画面

FusionPCBで製造したプリント基板
FusionPCBで製造した基板


同様に製造した面実装基板(チップ部品使用)

面実装チップ部品を使った基板を設計

ナードでマニアな自作オタクが高じまして、面実装部品を使ったハイゲイン系ディストーション Suhr Riotのクローンを作ってみました。3.1cm x 3.8cmのプリント基板に、チップ抵抗、コンデンサ、オペアンプを両面に詰め込んで作っています。マニアックですが参考にしてください。

面実装チップ部品エフェクタ プリント基板3Dイメージ

パーツの購入

電子部品

電子部品は、秋葉原の電子パーツ店で買うこともできますが、エフェクタを作るなら、エフェクタ部品専門のショップをおすすめします。抵抗やコンデンサなどは、1個単位で買えます。特に、エフェクタで重要なアルミダイキャストのケースで、塗装済みのものは、エフェクタ部品専門ショップでないと、入手が困難です。

私は、塗装済みケースにこだわりがあり、最近は、これを豊富に扱っている「GarrettAudio」さんで購入しています。GarrettAudioさんは、パーツを品番毎にパッキングしてくれ、とても丁寧です。抵抗等は、自分でカラーコードを見る必要がなく、手書きで抵抗値を書いてくれるため、間違わないで済みます。感謝です。

エフェクタ自作 パーツの購入

焼付け塗装ケース

エフェクタのケースはアルミダイキャスト製が多いと思います。メーカーは、「HAMMOND」が有名です。シルバーの無塗装のケースは、パーツショップで売られていますが、焼付け塗装されたケースは、あまり扱いがありません。塗装されたケースは見た目もよく、愛着が湧きますので、多少出費ですが、検討してみてください。私の知る限りでは、下のショップで見つけることができます。

GarrettoAudio(「ケ−ス/シャ−シ」のメニュー)
■桜屋電機店(アマゾンで購入店舗のWEB

私が使ったことがある、エフェクタによく使われるケースのサイズは、以下のとおりです。

●HAMMOND 1590B: 60×112×31mm (MXRサイズ、ほぼ同じ)
●HAMMOND 1590BS: 60×112×42mm (MXRサイズ、高さが高い)
●HAMMOND 1590N1: 66×121×39mm (MXRよりちょっと大きめ )
●HAMMOND 1590A: 39×93×31mm (最近流行りのミニサイズ)

エフェクタ自作 歴代作品
ブラックは1590BS、他は全て1590N1



必要なツール(道具)

エフェクタを自作するために、必要なツール(道具)について解説します。ヒントにしていただければ幸いです。まだ、全く自作をしたことがない方は、ツールを揃えるのに初期費用がかかります。 お財布と相談で決めて見てください。

ハンダコテ

ハンダコテは、言うまでもなく必須ツールです。アマゾンなどのサイトを見ると、「電子工作向き」とか「基板製作向き」とか書かれていますが、重要なハンダコテを選ぶ際のポイントは、ヒーターの種類と、ワット数、コテ先の形状です。ハンダコテは、長く使うことになると思いますので、合ったものを選んでください。

国内メーカーでは、「白光」「グット(goot)」が有名で、安心して使用できます。以下の2種類がありますが、エフェクタを作る用途なら、どちらでも大丈夫です。¥2,000位のものがちょうどよいと思います。

私が使っているのはセラミックヒーター30W、「goot CXR-41」です。

ヒーターの種類

■ニクロムヒーター
ニクロム線が巻かれた構造が簡単なハンダゴテで、安価なことが特長です。ニクロム線のため、温度が上がり使える様になるまでに、比較的時間(2〜3分)がかかります。

■セラミックヒーター
セラミックヒーターでコテ先を温める構造で、ニクロムヒーターに比べると価格が高い傾向にあります。温度が上がり使える様になるまでの時間が短く、経験的には、1分以内で使えるようになります。コテ先が短く、細かい作業に向くと思います。

エフェクタ自作 ハンダコテ
赤がニクロムヒーター、白がセラミックヒーター

ワット数

エフェクタ自作 ハンダゴテ ワット数ワット数は、30W、できれば40Wをおすすめします。エフェクタを作るには、基板の部品のハンダ付けはもちろんですが、フォーンジャックへのハンダ付けを行わなければなりません。電子工作用には、ICのハンダ付け向けに20Wのものもあるのですが、20Wでは特にフォーンジャックの端子のような金属部分が大きい部品では温度が上がらず、ハンダが溶けないため、うまくハンダが流れません。

逆にワット数が大きい場合、部品にコテを当てすぎると、部品を壊してしまうこともあるのですが、40Wであればそれほど気にする必要はないと思います。ハンダコテに慣れてくれば、60Wやそれ以上のものでも扱えるようになると思います。

温度調節機能が付いているものもありますが、高価ですので最初は必要ないと思います。電池駆動の特殊なコテもありますが、買わないことをおすすめします。

コテ先の形状

コテ先の形状は、先が尖ったものにしてください。先が平たい形状のものもありますが、エフェクタ制作には向きません。また、コテ先の形状は、ストレートに細くなるものが良いと思います。精密基板向けに、先を極細にしたものがありますが、ハンダを溶かすと直ぐに温度が下がってしまい、扱いづらくなります。特に、フォーンジャックなどの、金属部分が大きい部品では、ほとんどハンダが溶けず苦労します。

私が買ったハンダコテ「goot CXR-41」には、極細のコテ先がついていましたので、替えコテ先「goot PX-60RT-B」に交換して使っています。

エフェクタ自作 ハンダコテ コテ先
左がおすすめ、右は先端が極細で直ぐに温度が下がり使いにくい

ハンダコテ台

コテ台も必須です。コテ台には、コテ先に付いたヤニなどのゴミを取るため海綿スポンジ(水を含ませておく)が付いており、これがないと作業が非常に不便です。また、ある程度の重さ(500gくらい以上)があるものが良く、コテを置いた(差し込んだ)ときに、倒れないことがポイントです。エフェクタ作りは、「部品をハンダ付けしてコテをコテ台に戻す」の繰り返しです。コテ台は、安定したものを選ぶことをおすすめします。

上記のヒーターの種類によって、コテ台には合う合わないがあります。ニクロムヒーターのコテは先端の根本にネジが付いており、太いコテ受けでないと入りません。セラミックヒーターのコテの先端にはネジはなく、細くできています。コテ台には、「セラミックヒーター専用」のものがありますので、ニクロムヒーターのコテを買う場合は、注意してください。

私が使っているのは、「白光 FH300-81」です。セラミックヒーターのコテを買うなら、これがおすすめです。

エフェクタ自作 ハンダコテ台

ハンダリール、ハンダ吸い取り線

ハンダは、切り売りもありますが、ハンダは予想よりも結構使うため、リールで買うのが最もお得です。太さと金属の含有量により種類がありますが、最も使いやすいのは「太さ1.0mm、スズ60%/鉛40%、ヤニ入り」のハンダです。100g買っておけば、当面は使えます。¥1,000以下で買えます。

ハンダ吸い取り線は、間違って部品を付けてしまったときに、部品を外すのにハンダを吸い取るために使用します。最初は必要ないかも知れませんが、¥300以下で買えますので、買っておいても良いかも知れません。

また、マニア向けかも知れませんが、ハンダ吸い取り機(通称スッポン、下の写真の青い棒)もあります。これは、コテ先で溶かしたハンダを空気圧で吸い取るツールです。多くの箇所や多量のハンダを取り除くのに向いていますが、最初は必要ないと思いますので、参考まで。

エフェクタ自作 ハンダ吸い取り

ワイヤーストリッパ、ニッパー、ラジオペンチ

「ワイヤーストリッパ」とは、ワイヤーの被覆を剥く専用のツールです。ニッパーで代用することもできますが、ニッパーではワイヤーの芯まで切ってしまい失敗することが多いため、購入をおすすめします。ワイヤーの太さに合わせて何種類かありますが、使用するワイヤーの太さに対応できるものを選んでください。私が使っているのは、「goot YS-2」です。

「ニッパー」は、主に基板にハンダ付けした部品の余ったリードを切ったり、ワイヤーを切ったりするのに使用します。太い金属を切ることはありませんので、小さく、取り回しの良いものをおすすめします。安価なものでも構いません。

「ラジオペンチ」は、主に部品のリードを曲げるのに使用します。小さい電子部品を扱うのに取り回しの良い、小さいライオペンチを選んでください。安価なもので構いません。

エフェクタ自作 ワイヤーストリッパ

テスター

テスターも必需品です。用途としては、導通の確認と、DCの電圧測定程度にしか使いませんので、多機能なものは必要ありません。私は、10年以上前に秋葉原の秋月電子で、確か¥1,000くらいで買ったショップオリジナルのテスター「P-10」を今でも使っています。チープな見た目ですが、サイズが小さく、使い勝手がとても良いです。

現在では、¥2,000〜\3,000程度で、基本機能を持ったマルチテスターが買えますので、それで十分です。オートレンジ(ダイヤルに、V、A、Ωなどの記号しかかいていないもの)のデジタルテスターにしておくと、モードを選ぶだけで、電圧/電流/抵抗値などのレンジをセットする必要がないので便利です。また、デジタルテスターのスペックには、最大表示数値を示す「カウント数」があります。説明が難しいのですが、一種の精度のようなものだと思えば良いと思います。4000カウントが最も一般的ですが、エフェクタを作るだけなら、2000カウントでも構いません。

エフェクタ自作 マルチテスター

電動ドリル、金属用(鉄工用)ドリルビット

ケースの穴あけに使用します。穴のないケースを使用するには、これは必須アイテムです。旋盤ドリルがベストですが、普通の家庭では置けないと思いますので、ホームセンターや通販で売っている、ドライバー兼穴開けに使える電動ドリルを入手してください。ピンからキリまでありますが、中国製の安価なものでも十分と思います。最近の電動ドリルは充電式がほとんどですが、この充電が結構面倒です。屋内でしか使わないなら、直接コンセントに挿すタイプをおすすめします。直ぐに使えて力が強く、扱いが簡単です。私は1台目は充電式でしたが、使う前に充電するのが面倒くさくなり、2台目はAC電源タイプに買い替えました。

ドリルビット(ドリルの刃)は、金属用(鉄工用)を選んでください。他に木工用のものがありますが、一発で折れて危険ですので使わないでください。太さは、1.5mm、3mm、6mmがあると便利です。エフェクタのポッドやジャックの穴は、10mm、13mmなどで大きいのですが、ドリルで直接この太さの穴を開けることは考えないほうが無難です。一旦6mm位までドリルで穴を開けたら、後述のリーマーで部品に合わせて穴を広げるのが確実です。

ケースに穴をあける際に重要なポイントは、中心位置をズラさないことです。いきなり太いドリルで穴を開けようとすると、中心位置がズレてしまいます。まず、1.5mmなどの細い穴を開けてから、次にその中心に合わせて3mmで穴を広げ、さらにその中心に合わせて6mmで穴を大きくする様にすると、中心位置がズレにくくなります。

さらに注意点として、ハンドドリルを使うときは、ドリルのビットを押さずに軽い力で削る感覚で使ってください。1.5mmのビットは、力を入れて押すと、簡単に折れてしまいます。6mmの様な太いビットで開けるときも、ドリル本体を強く押さないようにしてください。6mmのビットの先端を使って、3mmの穴を軽く削りながら6mmに広げる感覚です。力を入れておすと、6mmのドリルの溝にケースが食い込み、ケースごと回転し危険です。軍手などの手袋をしたほうが良いと思います。怪我をしないように注意してください。


ホームセンター(コーナン)ブランドのドライバ/ドリル、鉄工用ドリルビット

テーパーリーマー

テーパーリーマーは、様々な大きさの穴をあけるためには、必須アイテムです。ドリルで6mm程度の穴を開けたら、リーマーを使って、穴を広げます。リーマーは手動のものが良く、ドリルで開けた穴に差し込み、回して穴を削って広げてゆきます。少し広げたら、実際の部品を差し込んでみて、入らなければ少しづつ広げてゆく様な要領です。フォーンジャックは10mm、フットスイッチは12mm、ACアダプタジャックは13mmのように、穴径が異なります。

アルミケースは柔らかい金属ですので、結構簡単に穴が広がります。穴を大きくしすぎないように、少しずつ広げてください。

テーパーリーマーの使い方は、エフェクタの製作記事を参考にしてみてください。

エフェクタ自作 テーパーリーマー

ソケットレンチ

これは主に、スイッチやフォーンジャックのナットを締めるのに使います。ラジオペンチでも代用できますが、ペンチの先端でケースの表面を傷つけてしまうことがありますので、注意が必要です。
私は、ケースにジャックなどを取り付けた後でMODしたくなり、取り外し、また付けるの繰り返しをしていますので、このソケットレンチは、案外役に立っています。1つ買えば一生モノだと思いますので、損はないと思います。

私が使っているのは、「フェルナンデス SWR 1800」です。

エフェクタ自作 ソケットレンチ

ドライバ

プラスドライバーは、ケースの裏蓋を止めるために使用するだけですので、ダイソーで売っているもので十分です。ただし、ポットのノブを締めるためには、小さいマイナスドライバーが必要です。ダイソーで売っている精密ドライバーのセットでOKです。

エフェクタ自作 100均ドライバ

瞬間接着剤

私は、エフェクタのON/OFF表示のLEDを裏側から固定するために使っています。ダイソーで売っている「ゼリータイプ」のものが適しています。私はドリルで開けた3mmの穴に、直接3mmのLEDを差し込み、裏からLEDとケースを瞬間接着剤で固めて固定しています。LEDには取り付け用のLEDホルダーを使う方法もありますので、この場合は不要です。

エフェクタ自作 瞬間接着剤 LED固定

配線用ワイヤー(フレキシブル、撚り線タイプ)

配線に使用するワイヤーには、芯が一本の電線でできている「ソリッドタイプ」と、芯が細いヨリ線でできている「フレキシブルタイプ」があります。ソリッドタイプは、曲げると形状を保持できるため、配線がきれいに仕上がりますが、同じ箇所を何度か曲げると、芯線が折れてしまいます。エフェクタでは、配線後に基板を動かすことが多いと思いますので、自由に曲げられる「フレキシブルタイプ」をおすすめします。太さは、「AWG」という単位で決められていますが、芯線が約0.5mmの太さの「AWG24」をおすすめします。私が使っているのは、アマゾンで買った中国製のワイヤーです。

エフェクタ自作 AQG24 フレキシブルワイヤー

小さい結束バンドを買って置くと便利です。私は仕上がりをきれいにするために、基板からポットやジャックへのワイヤーを束ねるのに使用しています。

音が出ない時の秘密兵器「デジタルオシロスコープ」

¥5,000で買える小型デジタルオシロスコープ

Amazonで¥5,000で買えるデジタルオシロスコープを見つけ、買ってみました。+9Vで駆動できるため、9+四角電池をつないで使っています。エフェクタの動作確認は、基本的には音出しでOKですが、音が出ないときのトラブルシュートや、ノイズ源の特定などに使えます。入力は1chしかなく、測定可能な周波数は200KHzまでで、オシロとしてはロースペックですが、エフェクタのようなオーディオ機器を測定するには、十分な性能です。

中華製オシロですので、同じ製品が多数のブランドで売られています。もしも買ってみようという方は、プローブ付き(ワニ口クリップでなく、オシロ用のBNCプローブ)のものをおすすめします。また、電源の+9Vは、エフェクタのDCとは異なり、「センター+」で極性が逆です。電池をつなぐ際はご注意ください。 

秘密兵器!デジタルオシロスコープを探す(アマゾン)
BNCプローブ付きの¥5,000のものを使ってます

本格的「Rigol製デジタルオシロスコープ」を入手!

上記の小型オシロを気に入って使っていましたが、2つの信号の位相を見るのに2CHのオシロが欲しくなりました。最近ラッキーにも、「Rigol」(リゴル?海外ではライゴルと呼んでいる)のデジタルオシロの中古品を安く手に入れました。「Rigol」は中国の測定器メーカーですが、最近は高性能なものを安く作っており、評判になっています。このオシロは100MHz/2CH、4G/sサンプリングのスペックで、10年前の機種ですが、エフェクター作りには十分すぎるスペックです。これなら、どんな問題が起こっても原因調査できると思います。

実は私は30年以上前になりますが、オーディオ機器メーカーに居たことがあり、当時はブラウン管のオシロスコープを使って開発を行っていました。確かPanasonic製だったと思います。当時のアナログオシロに比べると、このRigolデジタルオシロは基本的な機能は変わりませんが、測定した波形をメモリーできるところが超便利で、メモリのある限り、トリガーからさかのぼって波形を確認できます。そして何より軽く、サイズ(奥行き12cmしかない!)が劇的に小さくなり、設置が簡単です。時代の流れを感じます。

業務用ということもあり、静かな自室ではファンの音が強烈にうるさいですが、先に買った小型オシロに比べると格段に使いやすく、気に入っています。FFTやMATH(CH1、CH2の波形を演算して波形で表示できる)機能もあるみたいですので、試してみたいと思っています。


若い頃のメーカーの実験室を思い出します

私の作業環境と最新エフェクターボード

作業テーブル

大好きなインターネット放送「Tampa Bay Smooth Jazz」を聞きながら、制作しています。作業をするときは、ハンダを垂らしてテーブルを焦がさないように、何か敷いておいたほうが無難です。

エフェクタ自作 作業テーブル

ほとんどを自作に置き換えた現在のエフェクターボード紹介

エフェクタの自作化が進み、現在では可能なものほとんどを自作で置き換えました。上の写真から、フェイザー、オクターバー、コンプレッサー、クリーンブースターを自作で置き換え、ノイズゲートを加えています。小型化のために、Jan Ray、BB-PREAMPを面実装部品を使ってミニサイズに作り直しました。

最近メルカリで手に入れたスイッチャーを導入し、ソルダーレスケーブルを使って組み直しています。まだまだ迷走中ですが、納得行く構成に仕上げてみたいと思っています。

ソルダーレスケーブル Phoenix

ソルダーレスのプラグは、YouTubeなどを見ると、プロの間では「FREE THE TONE」が使われています。ですが、非常に高価(10個で1万円以上)なため、Amazonで売っている「Phoenix」と言う、おそらく中華製のもの(12個・工具+4mケーブル付き¥2,980)を使っています。プラグに印刷された「不死鳥」のマークがダサいですが、性能は全く問題ありません。キャップはプラスチックではなく、ちゃんとスチール製ですし、都合48個買いましたが、不良は1つもありませんでした。

スイッチャは、6ループ切替可能な「One Control Agamidae Tail Loop」です。改造して、エフェクトループのON/OFFを表示するLEDを追加しています。

以上、参考になれば幸いです。

宅録で作ったSmoothJazzのカバー曲

ここ数年、SmoothJazzのピアニスト/トロンボーン奏者「Brian Culbertson」にハマっています。少し古いですが、Alex Al、Michael Brand、Chuck Loeb、Lee Ritenourなど有名ミュージシャンが参加した彼のアルバム「Another Long Night Out」を気に入ってよく聞いています。

好きすぎてしまい、このアルバムから3曲をカバーしてみました。ドラム音源にはBFD3、DAWには「Studio One 4.5」を使っています。オーディオ・インタフェースは、「Steinburg UR22mkII」です。

ベース、ギターは自分で弾いています。ピアノは、自分で弾いたものをMIDIで修正しています。ドラムなど他の楽器は全て打ち込みです。よかったら聞いてください。

Studio One 3 で作ったSmooth Jazz カバー曲(YouTube)

さらにおまけ:試奏用のデモソングオケ

試奏用のデモソング(オケのみ)です。コード進行は以下の通りです。

F#m → F#m7(9) → F#m7 →
Bm7 → Bm6 → F#m →
C#m7 → Bm7 → F#m → C#7(#9)

試奏用のデモソング(オケのみ)



【関連ページ インデックス】

<フェンダー日本市場向け ストラトキャスター ラインナップ>
ストラトキャスターとはどんなギター? 材質や特徴について
フェンダー Made in Japan 製品ライン
フェンダー ストラトキャスター USA製とJapan製を比較 (English version)
ストラト ピックガードをシールド加工でノイズ対策
<エフェクター自作記事>
ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで (English version)
オーバードライブの王様 Klon Centaur 自作レポート (English version)
オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート (English version)
現場で使えるトーンペダルこと「BB Preamp」自作レポート (English version)
YAMAHA CH-01コーラス 30年以上前のエフェクタを復活 (English version)
老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログディレイBOSS DM-3 MOD 自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート (English version)
CMOSフリップフロップを使ったオクターバーBOSS OC-2 MOD 自作レポート (English version)
Suhr Riot 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
EP BOOSTER & MICRO AMP チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
Keeley 4 Knob Comp. チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
MXR Phase 90 チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
自作エフェクター オリジナルラベルの作り方
Keeley Compressorに ダイレクト音ブレンド機能を追加MOD (English version)
<アンプシミュレータ/オーディオインタフェース レビュー>
Line 6 PODシリーズ ヘッドホンでも本物の音がするアンプシミュレータ
DTM向けオーディオインターフェース Avid Fast Track MobilePre 購入レビュー
<超小型 ポータブル アンプシミュレータ&マルチエフェクタ>
PANDORA mini KORG 超小型マルチエフェクタ購入、ノイズ対策レビュー