オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート

オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート

VEMURAM Jan Ray を自作してみることにしました

Jan Rayとは、日本のストンプメーカーVEMURAMが作ったオーバードライブです。国内外問わずプロのギタリストがこぞって使っています。クリーンブーストからローゲインの歪が特徴的で、弦の芯の音がしっかり残り、コードをかき鳴らしたときに、気持ちよく歪みます。

本物のJan Rayは、真鍮製のケースに入っており、高級というかゴージャスで、「最高峰」のエフェクターと呼ぶべき貫禄を見せつけています。そのせいか、価格も4万円弱と、まさにゴージャスです。私には、ちょっと手が出せない代物です。(そもそも手を出すつもりはないですが...)

そこで、インターネットで入手した回路図と基板レイアウトを使わせていただき、自作してみることにしました。このページは、自作開始から完成までのレポートです。


回路について

本物のJanRayは、基板や部品が黒く塗りつぶしたり、部品を黒いグルーで固めたり、パターンをマスクしたりしているらしく、どのような回路でどんな部品が使われているか、わからないようにしてあるそうです。(ケンタウルスの真似かな?)それでも海外のツワモノが、購入したJanRayをバラし、パターンマスクを剥がし、部品を外して抵抗値やコンデンサの容量を測定し、回路図に書き上げています

回路的には、2連のダイオード(1N4148、普通のスイッチング用ダイオード)をオペアンプの帰還に入れて歪を作っています。既存のエフェクター「Timmy」と見比べると、抵抗値やコンデンサ容量が僅かに違い、高域を調整するTRIMが追加されていますが、ほとんど同じ回路です。ダイオードの配線が若干違いますが、音がどう違うかはわかりません。これは、Timmyのクローンと言っても良いと思います。自作をしない人で、微妙は音の違いなど気にしない人は、MXR Timmyなら半額以下で買えますので、買ってみても良いと思います。

ですが、JanRayは、ケースはゴージャスな真鍮製ですし、使われている部品のグレードもおそらく選別されていると思います。プロがこぞって高評価をしていますので、バンドでの演奏時の音ヌケなど、Timmyとは何かが違うことは間違いないでしょう。本物志向の方や違いが心配でしょうがない人は、迷わずJanRayを購入しましょう。YouTubeに、両者の比較動画が多数ありますので、聴き比べてみてください。

※余談ですが、YouTubeを見ていると、ギタリストになぜJanRayを選んだかインタビューすると、ほぼ間違いなく、別のギタリストに勧められたと言います。口コミで広がり、自分で聴き比べて選んだ人は少ないみたいです。プロの機材は音楽事務所所有の資産でしょうから、ただ単に評判のいいものを使っているだけかもしれません。真鍮製のケースに入れて(どんな効果があるかは疑問ですが)、プレミア価格をつけたVEMURAMUの戦略の勝利かも?

冷静に見ると、こんなにこぞって、プロがJanRayを使うのはおかしいとも思ってしまうほどです。自作している私には自虐的ですが、JanRayを使っていないミュージシャンを見ると、逆に気になってしまいます。

Jan Ray自作 基板と回路図

基板の調達先

前回、ケンタウルスを自作した際には、ネットに転がっている回路図をもとに、万能基板上にポイントtoポイントで配線して作りました。この作り方は嫌いではないですし、楽しみの1つでもあったのですが、最近老眼が進み、細かい作業がきつくなってきたため、今回は、ネットで売っているプリント基板を使って作ってみました。結果的にはめちゃくちゃ楽で、一発で動作しました。

基板は、楽天の部品販売店で売っています。配線図もネットからダウンロードできます。「Jan Ray 基板」でググって探してみてください。価格は、1,000円ちょっとでした。(安ぅ!、でも買った次の日になぜか???、2000円になっていた)次からも絶対にプリント基板にします!

部品は汎用品、ケースは普通のアルミ製

部品は、エフェクター部品 販売の通販サイト「Garrett Audio」さんで全品(部品、スイッチ、ジャック、半田、ポット、ノブ、塗装済みケースなど)を購入しました。基板を除いて、4800円でした。

部品は価格重視で、汎用品を使いました。抵抗は5%、1/4W、コンデンサは種類は気にせず最も安価なもの、電解コンデンサも最も安いものです。オペアンプは、50円のJRC4558DD(ローノイズタイプ)です。オペアンプは音が変わるので、飽きたら別のモノに変えられるようにソケットをつけています。

Jan Ray自作 汎用部品※持論ですが、特に歪モノのエフェクタは、HiFiオーディオではないので、高級なオーディオ部品を使っても無意味です。高い部品を使うといい音がするというのは、完全に気のせいでしょう。部品の種類を変えると、周波数特性は変わるため、音が変化することは当然ですが、高い部品でいい音になるとは限りません。ケンタウルスのクローンを作っていた時もそうでしたが、その日はいい音がしていると思っていても、次の日には気分も変わるのでよい音に感じないこともあました。5分も聞いていると、耳が慣れてしまい、良いも悪いも判断できなくなるのが本当かもしれません。

「いい音」に「絶対」とか「最高」とかはないと思っています。その日の気分によって変わりますし、場所によっても変わります。そのため、ほとんど違いを生まない部品の種類に気を使っても意味がないので、単に安価なものを使っています。




ケースの加工

ケースは、HAMMOND 1590BSで、黒くザラザラした塗装がさせているものを買いました。1,500円でした。エフェクターは、電池、ポッド、フットスイッチ、フォーンジャックを小さな箱に入れるため、穴位置はお互いが干渉しない様に決めなければなりません。実際の部品をケースに並べてみて、大まかな位置を決めました。

Jan Ray自作 ケースレイアウト

決めた位置を紙に書き、テープで貼り付けてから、穴のセンター位置に尖ったドライバ(理想的には、センターポンチ)で印をつけます。つけた印をもとに、3mmくらいのドリルで小さく穴を開け、さらに6mmくらいのドリルで穴を広げます。

Jan Ray自作 穴あけ開始

ポットやジャック、スイッチの穴は、各々サイズが違いますので、すこしずつリーマーで穴を広ながら、実際の部品を通してみて決めます。

Jan Ray自作 ケース加工

Jan Ray自作 部品取り付け



配線

ケース内の配線は、ポット、ジャック、スイッチなどをケースに付けてから行います。配線材は、24AWGの太さの「ヨリ線」タイプを使いました。電線には、私が使用している細い線を束ねた「ヨリ線」タイプと、1本の太い線でできている「単線」タイプがあります。単線は曲げるとそのままの形になり、形状を固定できるため、きれいに仕上がります。ただし、何度か同じ個所を曲げると線が簡単に折れてしまうため、扱いは慣れた人でないと難しいと思います。慣れない人は、「ヨリ線」タイプを買った方が無難です。このタイプはフレキシブルに曲がり、切れにくいのが特長です。ふにゃふにゃしていていますので、ポッドの3線は、結束バンドでまとめると扱いやすくなります。

LEDの穴は3mmのドリルで開け、3mmの赤LEDの頭を差し込んだ状態で、裏側から瞬間接着材(ダイソーで売っているジェル状のもの)をLEDにたらして、Sケースにくっつけました。

ポッドと基板の配線は、トラブル時や、今後のモディファイに備えて、ポットをケースにつけたままで、基板が裏返せる長さにしましょう。配線は長すぎると、ノイズの元になりますので、注意してください。

Jan Ray自作 ケース内配線

音出し確認

今回はプリント基板を使いましたので、一発動作を信じ、ケースにすべて組み込んでから音出しテストを行いました。GAINのポットの1番と3番を逆に配線してしまい、GAINノブが逆に効いてしまうトラブルが有りましたが、その他は全く問題なく動作しました。万能基板でのケンタウルス自作の際は、一発動作はしませんでしたので、今回は超楽チンでした。(ケンタウルス自作では、使われているタンタルコンデンサに極性があることに気づかず、これを間違えてしまい、音が出ませんでした。1日基板と回路図をにらめっこした経験があります。)

Jan Ray自作 作業台

音は、TouTube(菊池真義さんボード紹介、8:30頃)での評判通りの音で、ストラトのシングルコイルでは、コードバッキッグが気持ちよく響きます。カッティングはクリーントーンやDynaCompのようなコンプレッサーよりも、JanRayのようなローゲインオーバードライブでピーク部分を少し歪ませてコンプレッションした方が、バンドの中では抜けてくると言われるのが納得できます。

レスポールでのハムバッカーでは、エフェクタのGAINを高めにして、レスポールのボリュームを6ぐらいで使うと、フェンダー系アンプの本来の歪に近くなり、ボリュームMAXにすると、そのまま気持ちよくオーバードライブします。

ギターのボリュームへの反応性が良く、ボリュームを絞っても、ハイ/ローのバランスが崩れにくい感じがします。Timmyの回路にはないのですが、JanRayで追加されている基板上の内部ポットは、多分4KHz位より上の高域のジャリジャリ感(倍音成分)を調整できるものと思いますが、これもよく効きます。中央辺りに設定するのでちょうどよい感じです。

自分で作っても、これだけ良い音がするので、Timmyの回路から良いとこ取りをした、かなり練られた回路定数なのだろうと想像します。

ケースを閉めて完成!

ケースを閉めて完成させました。本物のJanRayは、ノブの名前が印字されていません。今回の自作でも、印字しなくてよいのですが、わかりやすくするため、ノブの上に、アルファベット1文字だけシールを作り、貼ることにしました。自分の黒JanRayが完成しました。満足です!

Jan Ray自作 完成!

サウンドサンプル

2回同じフレーズが流れますが、前半がOFF(クリーン)、後半がON(GAIN 10時、TREBLE/BASS 12時)です。
録音環境:フェンダーストラト → 自作Jan Ray→ ZOOM G3X(フェンダーTwinReverb クリーン) → UR22mkII → DAW(Studio One)

サンプル:コードバッキング(MP3)

サンプル:ソロフレーズ(MP3)

エフェクターボードへ組み込み

エフェクタボードのどこかに入れようと思っています。もう場所がない!。G3Xがデカい!。でも、アンプシミュレータもついているので、宅録には欠かせないから外せないな〜。リバーブもコーラスもショートディレイもボリュームもこれ使っているし...。出番の少ないPhaserにどいてもらって、順番を変えるかぁ〜。PhaserはG3Xでもいいや。あとTS808系の歪も欲しいなあ〜。いろいろ考えていると楽しい!

自作ケンタウルスを常時ONでGAIN 「0」のクリーンバッファとして使い、そのあとに自作Jan Rayを入れてみました。緑のPhaserにどいてもらい、位置をずらしました。ディレイが踏みにくいけど、まあいいか。

これから自作して見ようという方向けに、自作のためのツール選びのページを作りました。参考にしていただければ、幸いです。 :-)




【関連ページ インデックス】

<フェンダー日本市場向け ストラトキャスター ラインナップ>
ストラトキャスターとはどんなギター? 材質や特徴について
フェンダー Made in Japan 製品ライン
フェンダー ストラトキャスター USA製とJapan製を比較 (English version)
ストラト ピックガードをシールド加工でノイズ対策
<エフェクター自作記事>
ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで (English version)
オーバードライブの王様 Klon Centaur 自作レポート (English version)
オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート (English version)
現場で使えるトーンペダルこと「BB Preamp」自作レポート (English version)
YAMAHA CH-01コーラス 30年以上前のエフェクタを復活 (English version)
老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログディレイBOSS DM-3 MOD 自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート (English version)
CMOSフリップフロップを使ったオクターバーBOSS OC-2 MOD 自作レポート (English version)
Suhr Riot 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
<アンプシミュレータ/オーディオインタフェース レビュー>
Line 6 PODシリーズ ヘッドホンでも本物の音がするアンプシミュレータ
DTM向けオーディオインターフェース Avid Fast Track MobilePre 購入レビュー
<超小型 ポータブル アンプシミュレータ&マルチエフェクタ>
PANDORA mini KORG 超小型マルチエフェクタ購入、ノイズ対策レビュー


Language

メニュー



他サイトリンク


DIY 購入レポート