老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート 老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート

老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート

ZOOMマルチエフェクタ G3X 追い出しを計画

MXR Envelop Filter イメージオートワウは、マルチエフェクターのZOOM G3Xに入っているものを使っていましたが、リバーブとオートワウ位しか用途がなく、エフェクターボードに入れるにはバカでかいので、この際ZOOM G3Xを取り払い、すべてアナログにしようと思い立ちました。

そこで、古くからある「MXR Envelop Filter」を自作することにしました。Envelop Filterとオートワウは、厳密には違うという人もいるのですが、そこは気にせず、飛び道具の1つとして捉えたいと思います。

ちなみに、エフェクタボードをアナログ化するにあたり、常にONで必須で使っているリバーブは、自作では良い音が得られそうにないため、中古を探し、¥7,500で購入しちゃいました。One Controlの「Prussian Blue Reverb」です。

【関連ページ インデックス】

オートワウ プリント基板(PCB)の購入
パーツの購入
基板の作成
ケースの加工
ケース内配線
音出し確認
サウンドサンプル
オールアナログボード完成!


オートワウ プリント基板(PCB)の購入

昔はユニバーサル基板を使って、Point to point の手配線で回路を組んでおり、自作の醍醐味でもあったのですが、最近は老眼が進み、細かい作業がきつくなって来たためプリント基板を使っています。

MXR Envelop Filterは古いエフェクタで有名ですので、いろんなところに回路図やPCBパターンが公開されています。回路図は、エフェクタ自作サイト「TONEPAD FX Projects」に載っており、プリント基板も売っているのですが、海外サイトであるため、納期が長く、送料が高く付きます。

そこで、国内で探してみましたが、「タッキーパーツドットコム」で、「Envelop Filter」名前で売っていました。「MXR」のコピーとは明記されていませんが、パーツリストを見るとMXRに間違いないようですので、基板だけ購入させていただきました。ネコポス送料を含め、マニュアル付き、基板のみで¥1,400でした。

MXR Envelop Filter自作 プリント基板購入
基板のみ購入、組み立てマニュアル付き

パーツの購入

TONEPADのパーツリストを見ながら、部品は全て「GarrettAudio」さんで購入しました。Garrettさんには、塗装済みの様々なサイズのHAMMOND製アルミケースを扱っており、ここが一番の魅力です。エフェクタに使うパーツも全て揃っているため、最近は全てここで購入しています。

今回は、オートワウのイージではないですが、キレイな色の「エメラルドグリーン」のケースを選択しました。

MXR Envelop Filter自作 ハモンドケース エメラルドグリーン
エメラルドグリーンの塗装済みHAMMOND製ケース

抵抗やコンデンサは、品番毎に丁寧にパッキングしてくれるため、抵抗のカラーコードを見る必要もなく、とても楽ちんです。コンデンサはメーカーや種類ごとに容量表記が違うためわかりにくいのですが、これも全て型番を手書きしてくれるため、間違わないで済みます。感謝、感謝です。塗装済みケースやノブを含め、基板以外のパーツ全てで、送料を含めて¥4,000ちょっとでした。

基板の作成

プリント基板での制作はこれで3回目ですが、「タッキーパーツドットコム」から付いてくる組み立てマニュアルの通りにパーツを実装するだけです。回路図も載っていましたが、「TONEPAD FX Project」のPDFからコピーされたものですので、MXRの回路に間違いありません。

部品実装は、背の低いものから順にハンダ付けしてゆきます。ICソケット→抵抗→ダイオード→コンデンサの順番です。ハンダ付けは大好きなので、楽しい時間です。直ぐに終わってしまいますが...。

MXR Envelop Filter自作 基板製作開始
楽しい基板ハンダ付け開始

MXR Envelop Filter自作 基盤制作終了
楽しい基板ハンダ付け終了(あっという間に終わった...)

これから自作を始める方は、ツールの選び方を別のページに載せましたので、参考にしてください。

ケースの加工

ケースは標準的なサイズのケース「HAMONND 1590N1」を選びました。基板は非常に小さいため、余裕で入りますので、ポッドやジャックの位置は、それほど考えなくても済みそうです。

今回は、前回作ったYAMAHAコーラスをノックダウンした際のケースと同サイズですので、これに揃えて、ポットとスイッチ、LEDの位置を決めました。

穴開けは、先端が尖ったキリのようなドライバをセンターポンチの代わりにして印を付け、最初に3mmのドリルで穴を開けます。中心位置からズレない様に注意を払います。3mmの穴が空いたら、6mm程度の太いドリルで穴を広げます。

MXR Envelop Filter自作 ケース穴あけドリルから
ケース加工、ドリルで6mmの穴を開け、リーマーで広げる

MXR Envelop Filter自作 ケース穴あけ リーマーで広げた
パーツに合わせて、リーマーで穴経を広げた

旋盤ドリルがあれば、穴位置がズレることはないのですが、そんな道具は持っていないため、ホームセンターで買った電動ドリルとダイソーで買った金属用ドリルビットを使っています。ハンドドリルで開ける場合は、どうしても中心位置がずれやすくなります。そのため、1mm→3mm→6mmのように、小さい穴から順に広げるように開けると良いと思います。いきなり6mmのような大きい穴を開けるのは、ハンドドリルでは難しいと思います。

6mmの穴が空いたら、パーツの経に合わせて、テーパーリーマーで穴を広げます。実際のパーツを当ててみて、入るようになるまで、少しずつ広げてゆきます。



ケース内配線

ケース内の配線は、ポット、ジャック、スイッチなどをケースに付けてから行います。配線材は、アマゾンで買った24AWGの太さのヨリ線タイプ(フレキシブルと呼ばれている)を使っています。この他に単線タイプもあるのですが、同じところを何度か曲げると、単線が折れて断線してしまうので、私は使っていません。

MXR Envelop Filter自作 AWG24フレキシブルワイヤー
アマゾンで買った中国製AWG24フレキシブルワイヤー

LEDは、3mmのドリル穴にちょうど合います。赤LEDの頭を差し込んだ状態で、裏側から瞬間接着剤で固定しています。ポッドと基板の配線は、できる限り短く、ただし、トラブル時に基板を裏返せるような長さにしておくと便利です。長すぎると、ワイヤーにノイズが乗ってしまいますので、注意してください。

また、基板を固定する方法はないため、ケースの中に適当に置くことになります。ケースの金属部分やポットの端子などに、基板の裏側が接触しない様に、ビニールシートを付けています。その辺に転がっている透明のクリアファイルを切って使っています。

MXR Envelop Filter自作 ケース内配線
ケース内配線完了!

音出し確認

今回もプリント基板で制作しましたので、ケースにすべて入れてから音出し確認をしました。難なく一発で動作しました。プリント基板は、本当に超楽ちんです。

Envelop Filterには、ポットは「THRESHOLD」と「ATTACK」の2つしかなく、超シンプルです。THRESHOLDはピッキング音量に合わせて調整し、ATTACKは、出音の「ワウー」の「ワ」のかかり方の速さが変えられます。とてもコントロールしやすいエフェクタです。ソロでもコードカッティングでも、弾くのが楽しくなります。

サウンドサンプル

2回同じフレーズが流れますが、前半がOFF(クリーン)、後半がONです。
録音環境:フェンダーストラト → 自作EnvelopFilter → ZOOM G3X(フェンダーTwinReverb クリーン) → UR22mkII → DAW(Studio One)

自作Envelop Filterサウンドサンプル(MP3)

MXR Envelop Filter自作 完成裏蓋オープン
完成!裏ブタを開けた所

MXR Envelop Filter自作 きれいなエメラルドグリーン!
ビューティフルなエメラルドグリーンのEnvelopFilter完成!

オールアナログボード完成!

このEnvelop Filterと、中古で購入したリバーブをマルチエフェクタZOOM G3Xと入れ替え、エフェクタボードのオールアナログ化か完成しました。チューナーには、多分30年以上前の学生時代に買った針式のレトロな「BOSS TU-12」(1983年発売)を使い続けていますので、アナログの臭いがプンプンします。

チューナーTU-12のノイズ除去対策をしましたので、興味のある方はこちらをご覧ください

これからも自作を続け、取り替えながら楽しみたいと思います。次は、アナログディレイかな?BBDで作りたいなぁ〜。

これから自作して見ようという方向けに、自作のためのツール選びのページを作りました。参考にしていただければ、幸いです。 :-)


エフェクタボードのオールアナログ化完成! 11個のエフェクタをビルトイン!

上の写真からアップデートした最新のエフェクターボードはこちら



【関連ページ インデックス】

<フェンダー日本市場向け ストラトキャスター ラインナップ>
ストラトキャスターとはどんなギター? 材質や特徴について
フェンダー Made in Japan 製品ライン
フェンダー ストラトキャスター USA製とJapan製を比較 (English version)
ストラト ピックガードをシールド加工でノイズ対策
<エフェクター自作記事>
ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで (English version)
オーバードライブの王様 Klon Centaur 自作レポート (English version)
オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート (English version)
現場で使えるトーンペダルこと「BB Preamp」自作レポート (English version)
YAMAHA CH-01コーラス 30年以上前のエフェクタを復活 (English version)
老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログディレイBOSS DM-3 MOD 自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート (English version)
CMOSフリップフロップを使ったオクターバーBOSS OC-2 MOD 自作レポート (English version)
Suhr Riot 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
EP BOOSTER & MICRO AMP チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
Keeley 4 Knob Comp. チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
MXR Phase 90 チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
自作エフェクター オリジナルラベルの作り方
Keeley Compressorに ダイレクト音ブレンド機能を追加MOD (English version)
<アンプシミュレータ/オーディオインタフェース レビュー>
Line 6 PODシリーズ ヘッドホンでも本物の音がするアンプシミュレータ
DTM向けオーディオインターフェース Avid Fast Track MobilePre 購入レビュー
<超小型 ポータブル アンプシミュレータ&マルチエフェクタ>
PANDORA mini KORG 超小型マルチエフェクタ購入、ノイズ対策レビュー