オーバードライブの王様 Klon Centaur ケンタウルス自作レポート オーバードライブの王様 Klon Centaur ケンタウルス自作レポート


オーバードライブの王様 Klon Centaur 自作レポート

【お知らせ:アコースティックギター 売りに出しています (2017/4/1)】
20年越しの愛用ギター、Ovation2本を売りに出しています。ご覧ください↓
■Ovation Custom Legend 1869-1 1994年製
ラクマの出品ページへ
■Ovation Classic 1863-4 1991年製 エレガット
ラクマの出品ページへ

Klon Centaur を自作してみることにしました

Centaur(ケンタウルス)とは、オーストラリア製のギターエフェクター、オーバードライブペダルです。Charをはじめ国内外のギタリストが使っています。そのサウンドは、太くツヤがあり、まさしくオーバードライブの王様と呼ばれています。ただ残念なことに、価格も王様で、8万円近い値段で取引きされており、素人にはちょっと手が出ない代物です。

そこで、インターネットで入手した回路図と基板レイアウトを使わせていただき、自作してみることにしました。このページは、自作開始から完成までのレポートです。


回路図と基板パターンレイアウトの入手

Klon Centaur基板本物のCentaurは、基板上の部品を樹脂で固めて見えなくしており、回路の定数や部品の種類を隠しています。そのため、基板から回路図を作るのが困難なためか、現在ちまたには2種類の回路図しか見あたりません。

回路図1: 部品点数が微妙に少なく、欠品しているかも知れません。
回路図2: シリアル698の本物から抽出してるらしく、本物である可能性は高いです。

今回は、回路図2の部品定数を使って自作することにししました。ただし、これが本物の部品定数と同じなのかどうかは、確かめる方法がありません。ただ、この回路図で自作したものと本物を弾き比べた記事をインターネットで見つけることができます。ほとんど同じ音が出るとのことですので、確度は高いかも知れません。

基板はプリント基板は興さず、ポイントtoポイントで手配線するつもりですので、基板パターンは自分で作っても良いのですが、今回はSHAKEさんのブログにあるレイアウトを使わせていただきました。サイズが小さく、小型のケースに組み込むことができます。

回路の構成と部品

Centaurの回路は、ゲルマニウムダイオード(IN34)でクリッピングした一般的なディストーションサウンドと、原音をスルーしたサウンドを、オペアンプのMIXING回路でミックスする構成です。また、中音を盛り上げるためと思われる、CRで組まれたフィルタを通したラインがさらにミックスされるようになっており、ディストーションのゲインとこのフィルタミックス量が、2連ポッドで比例してコントロールされ、ゲインが上がるとミックス量が下がるようになっています。これは2連ポットである必要があり、独立させてしまうと、ゲインを上げたときにフィードバックループが起こり、発信してしまうと思われます。

オペアンプはローのイズタイプのオペアンプ(072CP)ですが、これは一般部品です。さらに、抵抗定数値が特殊な物が多く、カーボン抵抗には設定がない値があり、金属皮膜抵抗にする必要があります。また、金属被膜抵抗は定数誤差が1%(カーボンは5%)なので、フィルタの特性などを決めている部分は、金属被膜の方が良いと思われます。

Klon Centaur MAX1044今回の自作で特殊な部品は、電圧を2倍に昇圧するチャージポンプと言われるICです。Centaurの音がクリーンでダイナミックである理由の1つが、このチャージポンプによる昇圧にあります。最終段のMIXING回路に使われているオペアンプは、+18V、-9Vで駆動されており、通常の9Vの回路に比べ3倍のダイナミックレンジがあります。ピーク音が来た場合でも、オペアンプ自体で歪んでしまうことが少なく、アンプにストレートに音が伝わることが、Centaurの音を決めているように思われます。

部品の調達

Klon Centaur制作部品部品は全てインターネットの通販で入手しました。Ginga Dropsさんでは、チャージポンプICなど特殊な物を含めて電子部品がすべて揃っており、一度の注文でOKでした。

Ginga Dropさんのサイトは、特にコンデンサ類の選択がわかりやすく、予算に合わせて部品の種類を選べます。今回は、最も安い部品で全てを作りました。また、Ginga Dropさんの部品の仕分けや梱包はとても丁寧で、定数をすべてパッキンの袋に手書きしてくれます。カラーコードをいちいち調べる必要がないので、重宝します。

ケースとスイッチは、タッキーパーツドットコムで買いました。特にケースは焼き付け塗装したものがあり、素晴らしく仕上がります。

基板は手配線

基板は万能基板によるポイントtoポイントの手配線です。私は手配線が好きで、プリント基板は作ったことがありません。部品を取り替えたり試行錯誤するにはプリント基板の方が良いですが、今回は回路が決まっているので、手配線でも十分です。

ポイントtoポイントの手配線での要領は、まず基板の表面に油性マジックでパターンを書いておきます。手配線では、基板とパターン図を交互に見ながらの作業になるため、基板にパターンを書いておくと間違えにくくなります。

Klon Centaur基板手配線基板の穴に部品を挿したら、部品のリードの余りをラジペンで曲げながらパターンを作っていきます。できるだけ部品のリードを利用してパターンを作ります。パターンにする部分が無くなった時点でリードをカットします。リードとリードをつなぐ必要がある部分のみ半田付けします。この要領は文章で表すのは難しいですが、それ程難易度は高くありません。要は、パターン図通りにつなぐだけですので。(雑で汚いですが参考に→)

特に電解コンデンサの極性の向きに気を付けます。また、Centaurには、タンタルコンデンサが1つ使われています。極性のないセラミックコンデンサに似ていますが、タンタルには極性がありますので、注意して下さい。

自作する場合、スイッチの配線はトゥルーバイパスにするのが良いのですが、本物のCentaurはトゥルーバイパスではありません。エフェクトをOFFにしたときは、入力のオペアンプ(072CP)でバッファされた信号が出るようになっています。インピーダンスが下がるので、その後のエフェクタの接続やノイズの面でも良いかも知れません。今回は、この通りにしました。


基板完成後の確認

Klon Centaur基板基板が完成したら、まず電源の電圧をテスターで確認します。テスターは必需品で、安い物なら2000円以下で買えます。電圧を測るのがほとんどなので、高級な物は必要ありません。

今回の基板の場合、まず確認するのは、チャージポンプICで昇圧された電圧です。+V2が電池の電圧の約2倍、-Vが電池の電圧のマイナス値になります。ショートしている可能性もありますので、ACアダプタをつなぐよりは、電池で行った方が無難です。ここがOKであれば、音出ししてみましょう。

音出し確認

Klon Centaurテスト私の場合、初めての音出しの時は、ケースに組み込まない状態で行います。段ボールや、プラスチック系のケースのふたなど、絶縁されたものの上に、テープで固定して行います。ここで、音が出ればOK。出なければ、パターンを見直すしかありません。

よく間違えるのが、ポッド(可変抵抗)の向きです。時計方向に回すと大きくなる方向になっているかを確認します。

私の場合は、唯一、タンタルコンデンサ(回路図のC16)の向きを間違えてしまい、見つけるのに苦労しました。現象としては、最初は音が出ているのですが、5〜10分後に、音量がだんだん小さくなり、最後に全く出なくなりました。C16に逆に溜まったDCの成分で、オペアンプのレンジを外れてしまったのだと思います。間違いを見つける方法は、レイアウト図と回路図と基板をにらめっこするしかありません。根性です!これがいやなら、プリント基板を作る方法を考えて下さい。

オーバードライブ系のエフェクタでは、クリッピングダイオードを変えて、音作りをするのが定番です。ダイオードの部分は、ソケットにしておくと、取り替えがやりやすくなります。

音の感想としては、BOSSのSD-1と比較すると、音の丸みやこもりはなくストレートで、ピッキングやフレットと当たったときのおとがカリカリしており、まさしくクリーンな音です。ドライブを回しきっても、SD-1の歪みの半分くらいしか歪みません。ですが、ストラトの音が良くなったような錯覚を覚えるほどです。

試奏は、アンプシミュレータに繋いでAC30のモードで弾いていますので、実際のアンプでならした場合とかなり違うと思います。

 ●右の状態での音出ししたサンプルサウンドです(MP3)

Centaurの音の秘密を自分なりに分析すると・・

Centaurの回路仕組みから考えれば、ギターからスルーした音が、昇圧回路による27Vの電源レンジによりCentaurの中で歪むことなくアンプに伝わり、チューブアンプの歪みがストレートに出力できます。それに加えて、Centaurの中のディストーション回路によって、独自の歪み感が「味付け的に」加えられるのだと思います。単独で余り歪まないとか、ブースター的な使い方が良いとか、「ガツンと音が出る」とか巷で言われていますが、この様な評価にもマッチしていると思います。

さらに、設計者の定数のチューニングによって、加えられる歪みの部分や回路によるイコライジングにより、クリーンなイメージのオーバードライブに完成しているのだと思います。

自分が作った物は本物と違うのかも知れませんが、これはこれで、とても満足できる音です。

ケースへの組み込みで完成!

動作が確認できたら、ケースに組み込んで完成させましょう!今回は、タッキーパーツドットコムで売られている焼き付け塗装済みのケースを買いました。Bplusサイズで、MXRなどのコンパクトペダルよりも少し大きめの物です。色はビンテージイエローを選びました。

Klon Centaurケース組み込み Klon Centaur完成品

これから自作して見ようという方は、参考にしていただければ、幸いです。 :-)



【関連ページ インデックス】

<フェンダー日本市場向け ストラトキャスター ラインナップ>
ストラトキャスターとはどんなギター? 材質や特徴について
フェンダー ジャパン エクスクルーシブ ストラト 製品ライン カタログ
<アンプシミュレータ/オーディオインタフェース レビュー>
Line 6 PODシリーズ ヘッドホンでも本物の音がするアンプシミュレータ
DTM向けオーディオインターフェース Avid Fast Track MobilePre 購入レビュー
<超小型 ポータブル アンプシミュレータ&マルチエフェクタ>
PANDORA mini KORG 超小型マルチエフェクタ購入、ノイズ対策レビュー


【レビュー】LED電球で節電対策: 3LDKマンションの照明をLEDに変えてみました