自作エフェクター オリジナルラベルの作り方 自作エフェクター オリジナルラベルの作り方

自作エフェクター オリジナルラベルの作り方

自作マニアの血が騒ぎ ラベルのデザインをしようと思い立ちました

ミニサイズのエフェクタをいくつか作って来ました。自作マニアの血が騒ぎ、少し凝ってみようと思い、オリジナルのラベルを作成して貼ってみました。売られている製品は、シルク印刷がされているか、デザインを印刷した1mmくらいのプラスチックのシートをケースの上面に両面テープで貼り付けているかだと思いますが、海外製のエフェクタや、個人エフェクタービルダー製には、無塗装のアルミケースの上面に、レタリングシートや、シールを貼ったものもあります。

ここでは、インクジェットプリンタで制作できる、最もかんたんなステッカー・シールを使った作り方を紹介します。

ラベルを貼っても音には関係ないですが、より愛着を持って使って行けると思います。

イメージ素材を探す

こればかりは、製作者のセンスにかかっています。私はイラストを自分で描ける訳ではありませんので、インターネットの画像検索から始めています。

私は、著作権フリーな画像のコミュニティである「Pixabay」よく利用しています。作りたいエフェクタイメージのワードを検索ボックスに入れて、出てくるフリー画像の中から、使えそうなものを選ぶ方法です。

エフェクタラベルにするには、ダウンロードした素材のコントラストを上げて、色の明暗が明確になるようにデフォルメしたほうが良いと思います。特にノブの名称などを白文字で書く場合は必要です。

下の例の迷彩模様は、ダウンロードした画像はグリーンの色調ですが、赤いケースの色に合わせて、赤系の迷彩模様になるように、「色相」を変えています。この処理は少し特殊ですが、Photoshopで行えます。

Powerpointでデザインする

デザインのためのソフトは、Illustrator(イラストレータ)やPhotoshopでも出来るのですが、一番簡単なPowerpointを使っています。経験的には、以下の点に注意すると良いと思います。

●バックグラウンドをケースの色に近い色にする:

こうして置くと、角の丸いところをカッターで切り抜いた際に、エッジが残った場合でも、目立たなくなります。

●ラベルの形状は、パワポの角丸長方形の図形を使って作る:

図形を右クリックして、「図の書式設定」でサイズを入力すると、実寸サイズが簡単に指定できます。角丸の大きさは、オレンジ色の丸いポインタで変えられます。

●作った角丸図形に、画像を挿入する: 

同じ書式設定の「塗りつぶし」に「(図またはテクスチャ)」を選択して、画像ソースの「挿入する」から貼り付けたい画像を選べます。このとき、元の画像が角丸図形にフィットするように縮小されます。縦横の比率が変わってしまう場合は、元の画像の縦横比を、予め図形の縦横比に合わせておく必要があります。

●ノブの名称や他のテキストを入れる: 

文字のボックスで自由に入れられます。文字の位置は、普通紙に試し印刷したものを実際のケースに当ててみて、微調整するのが良いと思います。また、プリンタによっては、パワポに指定したサイズ(大きさ)通りに印刷されず、誤差がある場合がありますので、必ず試し刷りをして、位置や大きさを確認したほうが良いと思います。




ステッカー専用シートに印刷する

上から被せるカバーシート(防水シート)が付いた、ステッカー用のシートを購入し、これに印刷します。プリンタの設定は、ステッカーシートの指定通りにすると、にじみを最小限にできます。印刷したら、防水シートを上から貼ります。

印刷設定は、ステッカーシールで推奨されている設定どおりにしてください。私はEPSONのEP-808AWを使って手差し印刷していますが、最初は単に高画質で印刷したほうが良いだろうと思い、「きれい(高画質)」のモードを使っていたところ、赤いインクのにじみがひどく、白抜きの文字が赤くにじむ結果になっていました。ステッカーシートの指定を読み直すと、EPSONのプリンターの場合には「標準」モードを使うように書いてありました。変更したところ、大幅に赤インクのにじみが改善されました。


カッターで切り抜く

これが最も重要な作業です。ポイントとしては、カッターを使う前に、カッターの刃を新しいものに変えて置く(先を追って新しくする)ほうがきれいに切り抜けます。

ケースに貼り付ける

ケースの上面にピッタリ重なるように貼り付けます。貼ったら、ケースとシートの間に空気が残らないように、ティッシュペーパーなどで擦って整えます。残っている場合は、ケースに開けた穴や外側に押して、空気を逃します。

穴をくり抜く

ポットやスイッチ、LEDの穴をくり抜きます。私はLEDホルダーは使っていないので、LEDの部分だけは穴のエッジがそのまま見えてしまいます。このため、ここで最も慎重に行います。カッターの刃は、新しくしたほうが良いです。要領としては、穴にカッターを刺し、ケースのエッジに刃を軽く押し当てたらそのままの状態をキープし、ケースの方を360度回してくり抜くと、エッジがきれいに仕上がります。

その他の穴のエッジは、取り付け後にナットで隠れてしまいますので、適当でも構いません。

部品を取り付けて完成

部品を取り付けると、いい感じに仕上がりました。

 

今までで作ったオリジナルラベルの自作エフェクタ紹介

orange booster duo: バッファアンプ

ギターからの最初の入力に常時ONで使うバッファアンプです。MXR MICRO AMPと、Xotic EP Boosterの回路が入っており、トグルスイッチで切り替えて使えます。[製作記事のページ

LAVA STREAM: ハイゲインディストーション

Suhr Riotの回路が入っています。「LAVA STREAM」は、英語で「溶岩流」の意味です。[製作記事のページ

NOISE GATE: オリジナルノイズゲート

FETスイッチを使ったオリジナル回路のノイズゲートです。ゲートのON/OFFや感度の目安となるグリーンのインジケータが付いています。[製作記事のページ

patet aqua comp: ROSS系コンプレッサー

Keeley 4 Knobs Comp.の回路が入っています。ナチュラル系の音をイメージして、「水」をモチーフにしました。「patet aqua」は、ラテン語で「清水」の意味です。[製作記事のページ

camo phase: フェイザー

MXR Phase 90 の回路に、フィードバックのモディファイが付いてます。フェイザーの音がシュワシュワとカモフラージされるイメージを込めて、名前とデザインを決めました。「camo」は、英語で「迷彩」の意味です。(ちなみに、「カモフラージュ」はフランス語です。)[製作記事のページ

その他これから制作予定...

その他、「Magic 6」(VEMURAMU Jan Rayクローン)、「Bluesbreaker」(Xotic BB PREAMPクローン)を製作中です。これらは、一度ノーマルサイズで制作したもの(Jan RayBB PREAMP)を、面実装部を使って小型化したものです。出来上がったらアップします。

アップデートした最新のエフェクターボードはこちら

以上、自作に取り組む方の息抜きになれば幸いです。

 




【関連ページ インデックス】

<フェンダー日本市場向け ストラトキャスター ラインナップ>
ストラトキャスターとはどんなギター? 材質や特徴について
フェンダー Made in Japan 製品ライン
フェンダー ストラトキャスター USA製とJapan製を比較 (English version)
ストラト ピックガードをシールド加工でノイズ対策
<エフェクター自作記事>
ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで (English version)
オーバードライブの王様 Klon Centaur 自作レポート (English version)
オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート (English version)
現場で使えるトーンペダルこと「BB Preamp」自作レポート (English version)
YAMAHA CH-01コーラス 30年以上前のエフェクタを復活 (English version)
老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログディレイBOSS DM-3 MOD 自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート (English version)
CMOSフリップフロップを使ったオクターバーBOSS OC-2 MOD 自作レポート (English version)
Suhr Riot 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
EP BOOSTER & MICRO AMP チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
Keeley 4 Knob Comp. チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
MXR Phase 90 チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
自作エフェクター オリジナルラベルの作り方
<アンプシミュレータ/オーディオインタフェース レビュー>
Line 6 PODシリーズ ヘッドホンでも本物の音がするアンプシミュレータ
DTM向けオーディオインターフェース Avid Fast Track MobilePre 購入レビュー
<超小型 ポータブル アンプシミュレータ&マルチエフェクタ>
PANDORA mini KORG 超小型マルチエフェクタ購入、ノイズ対策レビュー