>One Control Agamidae Tail Loopレビュー ループON/OFF表示を追加改造 >One Control Agamidae Tail Loopレビュー ループON/OFF表示を追加改造

One Control Agamidae Tail LoopにループON/OFF表示を追加改造

One Control Agamidae Tail Loop をメルカリで入手

自作エフェクターが10台を超えました。そろそろスイッチャーを導入しようかと考えていたところ、ワケありのスイッチャー「One Control Agamidae Tail Loop」がメルカリに出品されていたのを見つけ、購入しました。新品は2.3万円くらいですが、フットスイッチが1つ壊れていたため、1/3くらいの価格で購入できました。

メルカリで手に入れたスイッチャを修理

特にライブをガンガン行う訳では全くないのですが、エフェクタを瞬時に切り替えてみたくて、スイッチャー(One Control Agamidae Tail Loop, 6 loop, プログラマブル, リレー式)を手に入れました。メルカリで購入したものです。フットスイッチの頭が1つなくなっているのと、番号LEDの表示部分のスリットが取れてしまっている状態でした。

One Control Agamidae Tail Loop メルカリで購入

フットスイッチは、代替部品を千石電子通商で探し、取替を行いました。このフットスイッチは、基板上のコンタクトスイッチ(基板上の黄色いスイッチ)をバネで押す構造のもので、正確にはフットスイッチではなく、「アクチュエータスイッチ」と表示されていました。¥399でした。

補修部品にはプラスチックのワッシャーが付いており、ナットは1つしか付いていませんでした。基板との高さを合わせるために、ナットやワッシャーは、元のスイッチャに付いているものをそのまま使用しました。

表示スリットは、両面テープで付けただけですが、補修できました。

One Control Agamidae Tail Loop」のフットスイッチを修理(1)
左:入手時にスイッチの頭がなくなっていた
右:千石電子通商で購入した部品

One Control Agamidae Tail Loop」のフットスイッチを修理(2)
左:ナットとワッシャーは元の部品を使用
右:補修完了

このスイッチャーは、6つのエフェクトループが直列につながっただけのシンプルな構成ですが、ループ数が多く、プログラムも可能です。リレー式であるため、TRUE-BYPASSになるスイッチャーです。

プログラムしたループのON/OFFがわからない

One Control Agamidae Tail Loop ロゴこのスイッチャーは、最大20バンクに5つずつのプリセットをプログラムできます。右のスイッチを長押しするとエディットモードになり、6つのボタンで各ループのON/OFFを決めて、再度長押しでプログラム完了です。

操作はシンプルで非常に良いのですが、プログラムしたプリセットを呼び出した時、どのループがONになっているかは表示されず、音で判断するか、紙にでも書いて覚えておく必要があります。エディットモードにすれば、青いLEDで表示されますが、面倒で、使い勝手はよくありません。

ループが6つもあるので音作りのバリエーションは広く良いのですが、特にバンクにプログラムして切り替えていると、どのプログラムでどのループがONになっているのか、混乱してしまいます。

そこで、この「One Control Agamidae Tail Loop」を改造し、ループのON/OFFの常時表示LEDを追加してみることにしました。

One Control Agamidae Tail Loopを改造

各ループに付いているリレーからON/OFF信号を取り出す

One Control Agamidae Tail Loop ループ切り替えリレーこのスイッチャのループ切り替えはリレー方式です。基板を観察すると、白い面実装タイプのリレーが各ループに1個ずつついています。このリレーのコイル駆動電圧は4.5Vです。コイルの端子をオシロで観察してみましたが、単純に、ループがONのときにリレーのコイルに電圧がかかるだけのようです。

そこで、リレーのコイルに並列にLEDをつければ、リレーがONになったときだけLEDを点灯させることができます。

結構強引な方法ですが、全てのリレーのコイル端子をワイヤーで万能基板に集め、6このLEDを点灯させることにしました。LEDの保護抵抗を1kΩにすれば、LEDでおおよそ3mAくらい消費しますが、リレーを駆動しているラインは電流容量は大きいはずですので、十分使えると思います。

ブレッドボードで試してみた

リレーのコイル端子から引き出したワイヤーをブレッドボードにつなぎ、LEDと抵抗を接続しててみました。リレーと連動してLEDとが点灯することを確認しました。回路図は、以下のようです。

One Control Agamidae Tail Loop改造回路図


端のリレーから試しに引き出してみた

ケースにLEDの取り付け穴を開ける

万能基板上に6個の3mm経のLEDを5.08mm(2.54mmx2、ランド2つ分)間隔で並べましたので、このピッチに合わせてケースに3mmの穴を開けました。3mmのドリルビットで穴を空けると、少しきつい状態ですが、LEDがの頭を挿し込めます。このままでもある程度固定されますが、念のため万能基板をクッション付きの両面テープで固定しました。

One Control Agamidae Tail Loop改造中1

フットスイッチのスプリングや、基板上のLEDの光を外に出すための透明プラスチックなどがあるため、リレーから取り出したワイヤーを結束バンドで束ねて、干渉しないようにしています。

One Control Agamidae Tail Loop改造中2

One Control Agamidae Tail Loop改造中3

使い勝手が格段に向上しました

各ループに入れているエフェクタの名称を印刷したステッカーをLEDのそばに貼ってみました。プログラムを呼び出した時、どのループがONになっているか一目瞭然のため、使い勝手は格段に上がりました。

One Control Agamidae Tail Loopループインジケータ追加完了1

One Control Agamidae Tail Loopループインジケータ追加完了2
(プログラムを1〜5に順に選ぶと、こんな感じで切り替わります。)

プログラマブルスイッチャーには、このループON/OFF表示は必須かもしれません。スイッチャーを購入するときは、考慮に入れたほうが良いと思います。

最新のエフェクターボードの写真はこちら

HELIX NATIVEを試用してみて思うこと

自作記事には関係ないですが、先日、LINE6のHELIX NATIVEを試用しました。誰でも2週間お試しで使えます。DAW(私はStudio Oneを使用)で使うシミュレータであるため、DAWのレイテンシがあるのと、フットスイッチでの操作ではないので、HELIX FLOORとは違うと思いますが、エフェクタやアンプは全て試せます。

私は趣味の工作として、上の写真のようなボードを作って楽しんでいますが、ギターや各エフェクタのインピーダンスや、太いケーブルの接触不良、ラインノイズなど、アナログならではのトラブルがつきまといます。趣味としては、これを楽しんでいる感もありますが、HELIXは、このようなトラブルを全て解決してくれるのではないかと思ってしまいます。

YouTubeのレビューを見ると、ローゲインのオーバードライブでもいい音がしていますし、何しろアンプシミュレータやマイキングのシミュレータが充実しており、実際のスタジオレコーディングとほぼ同じ音がLINEから出てきます。私の上のボードは、DAWへの録音に、MOOEREのPREAMP 006でFender blues deluxeのクリーンをシミュレートしていますが、 HELIXなら山ほどのキャビネットがシミュレートできます。エフェクタボードならスイッチャを入れて複雑に配線をする必要がありますが、HELIX FLOORなら自由自在にプログラムできます。

私がプロのギタリストなら、多分ですが、HELIX FLOORを使うのではないかと想像します。エフェクターボードのメンテはいらないですし、マイクを経由せずラインでPAに直接安定した音を送れますし、何なら会場やスタジオ備え付けのギターアンプも使わないくて良いので、万能じゃないかと思います。

ですが、ギタリストがこぞって使っている訳ではないので、やっぱり違うのでしょうか?謎です。

 

【関連ページ インデックス】

<フェンダー日本市場向け ストラトキャスター ラインナップ>
ストラトキャスターとはどんなギター? 材質や特徴について
フェンダー Made in Japan 製品ライン
フェンダー ストラトキャスター USA製とJapan製を比較 (English version)
ストラト ピックガードをシールド加工でノイズ対策
<エフェクター自作記事>
ギターエフェクターを自作するには: ツール選びからパーツ購入まで (English version)
オーバードライブの王様 Klon Centaur 自作レポート (English version)
オーバードライブの最高峰 Jan Ray 自作レポート (English version)
現場で使えるトーンペダルこと「BB Preamp」自作レポート (English version)
YAMAHA CH-01コーラス 30年以上前のエフェクタを復活 (English version)
老舗オートワウ 「MXR Envelop Filter」自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログディレイBOSS DM-3 MOD 自作レポート (English version)
BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート (English version)
CMOSフリップフロップを使ったオクターバーBOSS OC-2 MOD 自作レポート (English version)
Suhr Riot 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
EP BOOSTER & MICRO AMP チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート (English version)
Keeley 4 Knob Comp. チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
MXR Phase 90 チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート
自作エフェクター オリジナルラベルの作り方
<アンプシミュレータ/オーディオインタフェース レビュー>
Line 6 PODシリーズ ヘッドホンでも本物の音がするアンプシミュレータ
DTM向けオーディオインターフェース Avid Fast Track MobilePre 購入レビュー
<超小型 ポータブル アンプシミュレータ&マルチエフェクタ>
PANDORA mini KORG 超小型マルチエフェクタ購入、ノイズ対策レビュー