TUMIの新しいBRAVOシリーズのビジネスバッグの購入レビュー TUMIの新しいBRAVOシリーズのビジネスバッグの購入レビュー

TUMIの新しいBRAVOシリーズのビジネスバッグの購入レビュー

10年越しのTUMIビジネスバッグユーザーです

TUMIのビジネスバッグといえば、黒いバリスティックナイロン製ALPHAシリーズです。私は、3WAYブリーフ(26180)ナパレザー製のブリーフ(96141)ナイロン製のブリーフ(26141)と使い続けてきました。TUMIは収納ポケットが多いため使い勝手がよく、仕事で必要な、Suica、名刺、PCの収納/取り出しでは、目をつぶっていても使えるほど染み付いた自分のツールとなっています。
ナイロン製のブリーフ(26141)はもう5年が経ちますが、傷みは少なくまだまだ使えるのですが、50歳を超えてから泊まりの出張の機会が少なくなったため、少し小さめのブリーフに買い換えることにしました。

TUMI Style 96141, $495 TUMI 26141
左が今まで使っていた96141(ナパレザー版) 右が26141(バリスティックナイロン版)

新しいTUMIビジネスバッグALPHA BRAVOシリーズ

今回買い替えたのは、TUMIの新しいビジネスバッグ「BRAVO」シリーズの「アール」、222610です。TUMIならではの前面ポケット、レザー巻きの持ち手など、ビジネスバッグの機能性はそのままですが、カラフルでカジュアルなデザインとなっています。スーツにも合いますが、ジャケットやジーンズでも似合いそうです。


amazonのダンボールにパッキングされて届きました。

■私がBRAVO「アール」を購入したアマゾンページ

従来の黒いTUMIビジネスバッグとの比較

ALPHA2 BRAVO 重さTUMIの定番の黒いビジネスバッグと比較すると、まず、非常に軽く作られています。従来の黒TUMIは、多少ゴツゴツした作りをしており、内張りもしっかりしており丈夫に作られている反面、多少重いバッグです。
これに対してBRAVOシリーズは、機能がシンプルになり軽くなっています。しかしながら、TUMIのバッグのポイントであるレザー巻きの丈夫な持ち手、絶対に外れない信頼性の高いショルダーベルトはそのまま継続されています。

購入したALPHA BRAVO 「アール」 コンパクト・ブリーフ 222610  (2018/1月)

私が購入(2018/1/27)したブリーフは、一回り小さいサイズのスリムなブリーフです。amazon通販で、並行輸入品を購入しました。2018/1月の時点では、TUMIジャパンのホームページから削除されており、そろそろモデルチェンジがあるかもしれません。サイズは38cm x 29cm x 9cm、重さ1.1kgです。USでの定価は、$295だそうです。


並行輸入品だからなのか、$295(US定価)が書かれたタグが入っていました。

全体の機能性と前面ポケット

「アール」 コンパクト・ブリーフ 222610は、ジッパーで開け閉めする1つのメイン収納部と、全面のファスナー付きポケットがあります。これらは下に説明があります。
さらに、もう1つ分かり難いのですが、全面の持ち手の中央に、縦長のポケットがあります。大きさは、ちょうど折りたたみ傘がさせるサイズです。ペットボトルは入りません。内側は防水加工されているわけではありませんので、濡れた傘を挿すことはできないと思います。イヤホンなどのいつも使う小物を入れておくのにちょうどいいポケットです。

メイン収納部の内側

メイン収納部の内側には、クッション素材が使われたPC専用のコンパートメントと、iPadのポケットが付いています。iPadの収納部には、B5のノートも入れられます。この反対側にはポケットが2つあり、イヤホン、社員証、名刺入れなどの小物が分かりやすく入れられる様になっています。
中央の収納は7cmくらいの幅となっており、私はバッグの底に折りたたみ傘、小物入れ(袋)を入れていますが、コンビニで買ったおにぎり、サンドイッチ、350mlのペットボトルくらいなら、十分入ります。

全面のポケットの構造

前面ポケットの中には、3枚のカードホルダー、ボールペンホルダーがあります。またジッパーで開け閉めする秘密のポケットもついています。フックのついたキーホルダーがあり、鍵をなくさない様に工夫されています。

ショルダーベルト

ショルダーベルトの素材やフックの耐久性は、従来の黒いTUMIバッグと同等です。フックの部分は、留め金を引いて口を開ける構造になっっており、普段使いで外れることは皆無です。絶対に外れません。また、革製の肩当て部分は可動式になっています。

レザー巻きの持ち手

TUMIビジネスバッグの持ちての持ちやすさは、BRAVOシリーズでも同じです。手で握るレザー巻きの部分はしなやかで、すぐに手に馴染みます。多少重いものを入れた場合でも、手のひらへの負担は小さくて済みます。私の購入した購入したALPHA BRAVO 「アール」 コンパクト・ブリーフ 222610は、色は「ヒッコリー(HICKORY)」ですが、持ちてのレザーはブラウンです。前回使っていたナイロン製のブリーフ(26141)の持ち手は、5年使った今では、レザーのひび割れはありますが、破れや縫製ほつれはありません。新しいBRAVO 「アール」も、長い間使い続けられると思います。


従来の定番TUMIビジネスバッグレビューと価格検索

従来の黒いTUMIビジネスバッグについては、2004年から使い続けて来たレビューを別のページに掲載しています。代表的なモデルの紹介もあります。

  

初めてTUMIを買う方や、あまりラグジュアリーな雰囲気で目立ちたくはないと言う方は、やはりTUMIバッグの定番である「ALPHAシリーズ」をおすすめします。自分でも愛用するTUMIバッグ96141/26141(ブリーフケース)のレビューは、こちらのページに掲載しています。

TUMIビジネスバッグ「ALPHAシリーズ」 価格、最安値検索はこちらです いろいろ迷って、自分に合ったバッグを探してみてください

TUMI ALPHA BRAVOシリーズを一覧で

TUMI ALPHA BRAVOシリーズを一覧でまとめて探してみたい方は、下のリンクを使ってみてください。

■価格を調べる(BRAVOシリーズ一覧)アマゾン
■価格を調べる(BRAVOシリーズ一覧)楽天