3WAY・レザー版・ナイロン版と買いつないだTUMIのビジネスバッグを紹介 3WAY・レザー版・ナイロン版と買いつないだTUMIのビジネスバッグを紹介


3WAY・レザー版・ナイロン版と買いつないだTUMIのビジネスバッグを紹介

TUMIにしませんか

私のTUMIビジネスバッグ使用歴

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグを買ってからはや12年になります。2004年にハワイのDFSで見かけ、自分へのおみやげで買ったのが最初で、それからTUMIにハマってしまい、12年で3個買い換えました。デパートや直営店で買うと、目玉が飛び出るくらい高価なブランド品ですが、ほとんど通販の並行輸入で買っています。

26180(3WAY)、96141(レザー版)、26141(ナイロン版)を繋いできましたので、この使用歴をご紹介します。

◆TUMI ALPHA スリーウェイ・ブリーフ 26180

2004年にハワイのDFSで買った最初のTUMIです。当時$275でした。3WAYと言うように、手提げ/ショルダーバッグ/リュック の3通りに使えるビジネスバッグです。最初は結構便利そうに見え、ワクワクしながら買ったのですが、実際に使ってみると、毎日の通勤ではリュックで使うことが殆ど無くなりました。ショルダーベルトは裏側に収納できるのですが、収納時には2cmほどの厚みがあり、電車で膝に置くとゴアゴアして邪魔になってきました。結局、ショルダーベルトは切り取ってしました。(切り取った様子をこちらのページに掲載しています。

◆(レザー版)TUMI ALPHA エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ96141

2007年に買い換えたのが、TUMIのビジネスバッグの定番とも言えるモデル 26141 のレザー版、96141です。TUMI ALPHAシリーズのビジネスバッグには、バリスティックナイロン版とナパレザー版があります。当然レザー版の方が、価格は1.5倍位になるのですが、ナイロンとは違った高級感があります。当時、通販の並行輸入で6万円ほどで購入しました。高い買い物でしたが、満足感がありました。(細かな機能のレビューは、こちらのページにあります。

エクスパンダブルの構造をもち、中央のマチを広げると、2日間の出張分のシャツや下着なら、なんとか入ります。ノートパソコンのクッションもついています。1日分なら余裕です。難点は、カラの状態で2kg以上あり、少し重いことです。

4年目頃にショルダーベルトがくたびれてしまい、ベルトだけを買い換えましたが、6年間、型くずれすることなく使えました。

◆(ナイロン版)TUMI ALPHA エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ

2013年に、レザー版で使っていたバッグと同じスタイルのバリスティックナイロン版、26141に買い換えました。26141/96141のモデルは、「TUMIの定番」と言われる通り、サラリーマン、ビジネスマンの普段使いのバッグとしては、抜群に使い勝手がよく、TUMIならではの耐久性も文句がありません。デザインが若干変わりましたが、ポケット等の機能はほとんど同じで、買い換えても、そのままの使い勝手です。(買い替えのレビューは、このページにあります。

私が並行輸入で買った2013年は、円高もあって2万円を切る破格値でしたが、現在はもう少し高めで落ち着いています。ですが直営店と比較すれば半額に近い価格です。これから、初めてTUMIを買うなら、このモデル「26141」をおすすめします。

TUMIバッグ売れ筋ランキング(毎週更新)←現在の価格相場が一目でわかります!!

TUMIバッグの売れ筋ランキング情報です。毎週更新されます。あなたのお目当てのバッグの順位はどうでしょうか?順位毎に、購入者のレビュー、感想を見ることができます。


一度は是非ピカピカのTUMIを体験してみてください。きっとハマります!




新しい世代のビジネスマン向け「BRAVO」シリーズは...

■新しいTUMIビジネスバッグの潮流 ALPHA BRAVOシリーズ
ビジネスバッグの機能性はそのままに、カラフルでカジュアル、さらにはエレガントな雰囲気が加えた「BRAVO」シリーズを見てみませんか?

以上、お役に立てれば、幸いです。では。 :-)