現在位置: 目次 > 設定の詳細:スパム対策/特別

スパム対策

この画面では、メールヘッダ情報に基づいて、メールのフィルタリングを行うことができます。SPAM対策などに利用することができます。

スパム対策: 以下の条件のメールは常に転送しない

不要なスパムメールのヘッダの特徴を使って、転送を制限する機能です。選択した条件に当てはまるメールを転送しないようにすることができます。例えば、「□宛先(To: Cc:)に自分のアドレスがない」をチェックすると、BCC等を使って送信されたメールをフィルタすることができます。

バウンスメールの禁止

□転送先アドレスからのメールは転送しない

これをチェックすると、転送先として指定したアドレスから送信されたメールを転送しないようにする事ができます。

転送フィルタモードで、「指定した転送制限に1つでも該当すれば転送しない」を使用しているときは、差出人(From:)による転送制限の欄に、転送先のアドレスを入れているのと同じです。

「指定した転送制限に1つでも該当すれば転送する」 のモードを使用しているときは、 差出人(From:)に転送先を入れることはできないため、このオプションを利用して、転送先からのメールを転送しないようにすることができます。

□差出人が自分であるメールは転送しない

これをチェックすると、自分が(転送元アドレスから)送信したメールを転送しないようにする事ができます。

転送フィルタモードで、「指定した転送制限に1つでも該当すれば転送しない」を使用しているときは、差出人(From:)による転送制限の欄に、自分(転送元)のアドレスを入れているのと同じです。

「指定した転送制限に1つでも該当すれば転送する」 のモードを使用しているときは、 差出人(From:)に自分のアドレスを入れることはできないため、このオプションを利用して、自分が送信したメールを転送しないようにすることができます。

特別な機能

以下の差出人(From:)のメールは、常に転送する(フィルタから除外)

この欄には、フィルタ条件に関わらず、無条件に転送したいメールの差出人アドレス(文字列)を指定します。ここに差出人が該当するメールは、フィルタの処理から除外され、最優先で転送処理されます。

例えば、ボックスに、「@nifty.com」を指定すると、nifty.comのドメインを持つメールは全て、無条件に転送されます。最大20個(総文字数390)の文字列を指定できます。複数設定する場合は、半角スペースで区切って下さい。

以下の差出人のメールのFrom:アドレスを、自分に置換する

この機能は、転送先のセキュリティポリシーにより、転送されたメールがSPAMと判断され、転送先に届かない場合の回避策として使用します。

[例]元のメールの差出人(From:)により、以下の場合が発生することがあります。
・転送したメールが迷惑メールと判断され、受信箱に入らない
・SMTPサーバーが送信時にSPAMと判断し、転送先への送信を拒否する

入力されたアドレス(ドメイン部分など、一部でも可)に元のメールの差出人(From:)が一致する場合、From:アドレスを自分のアドレス(転送元に指定されているアドレス)に置換して転送します。置換した場合は、元の差出人アドレスは、Replay-to:ヘッダに格納されます。転送先のメールソフトで返信を行うと、元の差出人のアドレスに返信できます。

最大100個(総文字数1024)の文字列を指定できます。複数設定する場合は、半角スペースで区切って下さい。

[備考]
すべてのメールのFrom:アドレスを自分に置換したい場合は、「高度なオプション」タブにある「From:に自分のアドレス、Reply-To:に元の差出人を入れる」を使用してください。

フィルタ全機能の構成

「フィルタ設定」「スパム対策/例外」の設定画面の各条件は、下図の様に処理され、最終的に転送されるメールが選択されます。