[ブログ一覧]
 ● サムネイル一覧表示
[ホームページリンク]
 ● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
 ● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
 ● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型

アクリ屋に発注したアクリルケースに箱庭鉄道を入れました

2024/07/10


アクリ屋に発注したアクリルケースに箱庭鉄道を入れました
2週間ほど前にインターネットで注文したアクリ屋のアクリルケースが届きました。指定したサイズにピッタリで、厚さ5mmを選びましたが、思ったよりも重厚感があります。
せっかく箱庭鉄道を作ったので飾って眺めたいのですが、飼い猫のミコがいたずらしてしまうため、このケースを作ることにしました。
価格は8000円強でしたが、ミコが上に乗っても全く問題ありません。

2024/07/10 19:49 | サムネイル一覧

Nゲージ レール導通を調べる 置くだけLEDテスターを自作

2024/07/01


Nゲージ レール導通を調べる 置くだけLEDテスターを自作
ポイント切替時に、レールに導通しているかを簡単に確認するために、LEDを使った治具を自作しました。
2個のLEDと1個の抵抗(2.7k)を小さい万能基板に乗せた簡単なものです。
テスターの電圧を見て確認するのが面倒くさかったのですが、超便利になりました。

レールの上に置くと、レールに基板の裏のリードが接触し、極性をどちらのLEDが光るかで確認できるようになっています。真ん中にジオラマで使ったプラスチックシートを両面で貼って、絶縁しています。

TOMIXのレールの真ん中に配置して、電車が進む方向をLEDで示すアダプタを売っていますが、それと同じです。

簡単ですが、回路の仕組みは↓です。

2024/07/01 20:10 | サムネイル一覧

A3サイズの箱庭鉄道に 街灯を立ててみました

2024/06/30


A3サイズの箱庭鉄道に 街灯を立ててみました
A3サイズの箱庭鉄道に、街灯を立ててみました。LEDで実際に光ります。3V駆動では抵抗が要らないと書いてありました(ホントかな?)が、煌々と明るくしたい訳では無く、街灯が立っている雰囲気を期待しているだけですので、1KΩを付けて暗めにしました。

シルバーの支柱がギラギラしているので、少しエージングを考えようと思います。

鉄道模型 街灯を探してみる(Amazon)

2024/06/30 18:40 | サムネイル一覧

路面電車が走る様子とジオラマを中心に動画を撮って見ました

2024/06/29


路面電車が走る様子とジオラマを中心に動画を撮って見ました
スマホ(iPhone 13 mini)で撮っていますが、ピントを合わせるのが難しい。



2024/06/29 11:49 | サムネイル一覧

TOMIX ポイントの接触不良による切替不良対策に ラッチリレー

2024/06/27


TOMIX ポイントの接触不良による切替不良対策に ラッチリレー
自動運転可能なA3サイズの箱庭鉄道には、2つの電動ポイントが組み込まれています。

時々、ポイントを切り替えても、レールに電気が導通しないことがあります。レール内部のスイッチの接触不良と思われます。

もう既にレイアウトに固定し、バラストで固めてしまったので、掃除することも出来ません。そこで、ポイントの切り替えに合わせて、並列にラッチリレーを付けて、レールの配線を切り替えるようにしようと思い、ポイントの切り替え信号を使って駆動できる、12V、1巻線、ラッチリレーを探して取り寄せています。

千石電商のWEBに載っているのですが、現在品切れ中/入荷未定のようでした。
そこで、マルツオンラインで購入しました。日本国内には在庫がなく、DigiKey経由で取り寄せてくれました。

このリレーは、最小4msのパルスで駆動できます。Arduinoを使った自動運転システムでは、50msのパルスでポイントを切り替えていますので、そのままポイントに並列にリレーのコイルを接続すれば、十分動作します。

ポイント内部の元のスイッチは取り去っても良いのですが、既にレイアウトに組み込み済みで取り外せないため、そのままにしています。リレーとポイント内部のスイッチが並列に動く様になりますが、ポイントとリレーを必ず同時に切り替えれば、問題は置きないと思います。

品番は: OMRON G6SU-2-DC12 です。

2024/06/27 21:04 | サムネイル一覧

箱庭鉄道 自動運転シナリオをアップデート中

2024/06/22


箱庭鉄道 自動運転シナリオをアップデート中
今日は朝から、自動運転シナリオをアップデートしています。レイアウト手前に駅をもう1つ追加しましたので、この駅を含めて各駅停車の自動運転をできるようにしました。

YouTubeビデオが見る人が多く、3日間で1400回再生されました。そこで、各駅停車のシナリオと、コントローラーの解説を含めて、Ver.2のビデオをアップロードしました。

A3サイズのNゲージ箱庭鉄道で自動運転/伊予鉄道 Ver.2



2024/06/22 10:59 | サムネイル一覧

完成!A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転

2024/06/21


完成!A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転
Arduinoを使って自動運転可能なNゲージ箱庭鉄道が出来上がりました。
制作の過程は、このブログにも掲載していますが、↓のページにまとめてあります。
A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転(伊予鉄道)

YouTubeに自動運転の様子をUPしています




2024/06/21 21:52 | サムネイル一覧

パウダーとスポンジプランツでジオラマの地面を作っています

2024/06/15


パウダーとスポンジプランツでジオラマの地面を作っています
ジオラマ用のパウダー(土の模擬)とスポンジプランツ(低木の模擬)をレイアウトに付けて見ました。住宅の横は公園にしようかと思っています。

パウダーを撒いては、水で薄めた木工用ボンドをポイントで垂らして乾かすの繰り返しです。KATO製のパウダーやプランツがよく出来ているので、けっこう本物っぽく仕上がりました。

鉄道模型は45年ぶりですので、未経験と同じですが、YouTubeの「やってみた」ビデオを見れば、要領はわかるので、結構楽しめます。

2024/06/15 12:05 | サムネイル一覧

A3サイズの鉄道模型 ドライバー基板をレイアウトの後ろに貼り付け

2024/06/09


A3サイズの鉄道模型 ドライバー基板をレイアウトの後ろに貼り付け
Arduinoで自動運転を行うA3サイズの鉄道模型Nゲージレイアウトを作っています。

信号機、踏切、センサー、ポイントの動作が確認できたので、これらをドライブするための基板を、レイアウトの裏に貼り付けて、配線を短くしています。

ドライバー基板をレイアウト裏に設置できれば、そこからシリアルと電源の8線だけをマイコンコントローラ基板に繋げば、動かすことが出来ます。

レイアウトから出る配線が少ないため、レイアウトの美観も保たれると思います。

2024/06/09 16:20 | サムネイル一覧

A3サイズの鉄道模型 自作したLED付き踏切を設置

2024/06/09


A3サイズの鉄道模型 自作したLED付き踏切を設置
Arduinoで自動運転を行うA3サイズの鉄道模型Nゲージレイアウトのジオラマ作りをしています。

信号機の次は、メルカリで買った雑誌の付録の踏切を改造してLEDを付けたものを設置して、Arduinoで点滅できるかテストして見ました。

ちゃんと点滅し、本物の踏切の雰囲気を出すことが出来ています。

(後ろでミコちゃんが睨んでいる)

2024/06/09 14:25 | サムネイル一覧