[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入

BOSS CE-3アナログコーラスに使われているBBD ICチップ

BOSS CE-3アナログコーラスに使われているBBD ICチップ
アナログコーラスには、音のピッチを揺らせるために、10ms程度の遅延回路が使われています。この遅延にBBDがつかわれています。

1979年発売のBOSSコーラスの名機CE-2には、松下製のBBD「MN3007」が使われています。古いアナログコーラスは、ほぼすべてこのチップを使っています。このチップは古くなってしまい、現在は製造されておらず、入手が困難です。

今回自作したCE-3では、BBDが「MN3207」と言う新しいチップに変わっています。「MN3007」と「MN3207」は、動作はほとんど同じですが、電源電圧やピン配置が微妙に変わっており、互換性はありません。そのため、単にチップを交換することはできません。

さらに、この松下製「MN3207」もディスコンになてしまい、現在製造されておらず、このセカンドソース品として、中国の設計会社Coolaudio社が「V3207」を作っています。BBDを使った最近のエフェクタは、ほぼCoolaudio社製のチップを使っています。

このチップは、エフェクタ会社が工場に直接買い付けているためか、一般には出回っていないのですが、唯一、「秋月電子通商」が扱っており、私もここで購入しました。

BBDを使用したアナログコーラスBOSS CE-3 MOD 自作レポート