[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転

自作アナログオクターバーのノイズ対策

自作アナログオクターバーのノイズ対策
BOSS OC-2をモディファイしたアナログオクターバーを自作中です。組み上げてケースに入れたところ、オクターブ音は期待通りに出るのですが、ダイレクト音(原音)にジリジリ言うノイズがのってしまいます。どうも、CMOSで分周されたピッチ信号(矩形波)が、ダイレクト音に乗ってしまうようです。
入力のオペアンプ(TL074)の電源をワイヤーで電源入力につないでみたり、パスコンを増やしてみましたが、効果はありませんでした。

お手上げ状態だったのですが、ふと、基板をケースに立てた状態で試奏するとノイズが乗らないことに気が付きました。どうも、ケースに基板を入れた状態では、基板上のCMOSの周辺から、ケース内のポットやジャック付近にノイズの飛びつきが起こっているようです。



そこで、アルミ箔テープを使ったシールド板作り、CMOSチップと、波形を作るオペアンプLM324の下に貼って、シールドして見ることにしました。効果テキメンで、基板をケースに収めてもノイズは乗らなくなりました。


http://toshi.life.coocan.jp/review/diy_analog_octaver.html#p7