[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入

一般の両電源用オペアンプ(4558など)の「出力反転」と言う現象

一般の両電源用オペアンプ(4558など)の「出力反転」と言う現象

一般の「両電源用」オペアンプ(4558など)には「出力反転」と言う現象があります。これは、負電源(-V)や正電源(+V)付近、あるいはこれを超える入力を与えると、出力が逆方向の電圧に反転する現象です。DCレベルを増幅する回路では、この現象が起こることが多く、一般の「両電源用」オペアンプは使えません。

私は、ノイズゲートのエンベロープを生成する回路で、この問題を経験しました。

オリジナル ノイズゲート 面実装チップ部品ミニサイズエフェクタ自作レポート

この場合は「片電源用オペアンプ」や「フルスイングオペアンプ」を使うと、回避することができます。

単電源用オペアンプ:0V付近の信号を入力しても「出力反転」を起こさないオペアンプ
フルスイングオペアンプ:0V付近、VDD付近の信号を入力しても「出力反転」を起こさないオペアンプ