[ブログ一覧]
 ● サムネイル一覧表示
[ホームページリンク]
 ● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
 ● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
 ● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型

新曲「Snow in Silence」をリリースしました。フレットレスベースに挑戦しています。

2023/11/23


新曲「Snow in Silence」をリリースしました。フレットレスベースに挑戦しています。
11月で3曲目の「Snow in Silence」をリリースしました。この曲はテンポが72BPMでゆっくりとした曲です。

静かに降る雪の光景をイメージして、透明感のある音を狙って作りました。

バンド編成はシンプルで、8トラックしかありません。
 1:ブラシドラム(BFD3)←※実際の叩き方をよく知らないので、もう少し研究が必要かも
 2:Rhodes MKII with Chorus effect(Studio Oneソフト音源)
 3:ピアノ(Studio Oneソフト音源)
 4:シーケンスピアノ(Studio Oneソフト音源)
 5:チェロ(Studio Oneソフト音源)
 6:ストリングス(Studio Oneソフト音源 MaiTai)
 7:パーカッション ハンドベル/ウッドブロック(Studio Oneソフト音源)
 8:フレットレスベース(本物)

今回8トラック目のフレットレスベースは、メルカリで買ったFERNANDESのビギナー向けミディアムスケールベースをフレットレスに改造したものです。

単体で演奏しているときは、フレットレスベースの音程のズレは、独特の味付けのようなもので気にならず、何なら、自分の演奏に酔っていたのか、良い雰囲気が出ていると思っていました。

これは大きな勘違いで、バンドに混ぜると音程のズレがはっきりわかってしまいます。この曲では、音程が合うまで、何テイクも録り直して仕上げました。
私は宅録しかしないので、パンチin/outで録り直せば何とでもなるのですが、これをライブで演奏するベーシストの練習量は、ハンパないと思います。

新曲「Snow in Silence」(ホームレコーディング 楽曲集)

2023/11/23 09:56 | サムネイル一覧

フレットレスベースの音程は チューナーでは正確に測れない?

2023/11/23


フレットレスベースの音程は チューナーでは正確に測れない?
フレットレスベースは、その名の通りフレットがないので、指先の押さえ位置で音程が変わってしまいます。太い方の1弦、2弦での低い音程は、多少音程が狂っていても、聞き分けられない場合が多いですが、細い方の3弦、4弦で高い音程を出すと、バンドに混ざったときに、音程の狂いがはっきり目立つようになります。

最初は、DAWのチューナーを見ながら、フレットレスベースの音程を判断していたのですが、チューナーでジャストの音程に合わせても、音程がズレているように聞こえることがありました。

上の画面の場合は、A#の音程なのですが、上にズレた音程で引いたテイクが、最もバンド内にハマっていて、音程のズレの違和感がなく、A#ジャストで弾いたテイクは、フラットしているように聞こえて違和感がありましした。

Studio Oneのソフト音源で、Rhodesの音をバッキングコードに使っているので、試しにRhodesの音程をDAWのチューナーで測って見ましたが、キーにジャストで表示されるので、ソフト音源のチューニングの方がズレていると言うこともなさそうです。

フレットのある普通のベースは、チューナーでジャストの音程で弾くとピタッとバンドにハマるのですが、フレットレスは、音が指板に擦れてビビっているせいか、チューナーで正確に測れないのかもしれません。

それとも、フレットレストーンの聞こえ方が原因なのでしょうか?いずれにしても、音程は、聞きながら判断するしかなく、フレトレスベースは、想像通り難しい楽器です。

2023/11/23 09:19 | サムネイル一覧