[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転

ゼンハイザー イヤモニ IE 100 PRO を購入

ゼンハイザー イヤモニ IE 100 PRO を購入
普段のミックス時のモニターには、SONYのヘッドホン「MDR-M1ST」を使っています。これとYAHAMAの小型モニタースピーカー「MSP3」が、自分がリファレンスにしている音です。両者は、ほぼ同じイメージで鳴ってくれるので、夜間にスピーカーから音を出せないときでも、「MDR-M1ST」で音作りできます。

もう1つ、手軽なモニターが欲しくなり、インイヤーのイヤホンを調べてみました。

1万円前後の手軽に買える価格帯では「SHURE SE215」と「ゼンハイザー IE100 PRO」があります。「SHURE SE215」は、10年以上前からあるスタンダードイヤモニなのですが、ステージ用途に向いていて、高音域があまり出ないとレビューが多く、私には合わないのではないかと思い、どちらにしようか迷っていました。

私が大ファンの「和田貴史」さんがYouTubeで「ゼンハイザー IE100 PRO」は良いと言っていたのを見て、これに決めました。

SOUNDHOUSEで購入し、早速試してみました。

第一印象は、「ドンシャリ?」でしたが、10時間ほどエージングして、2,3曲聞くうちに耳に馴染んできました。「MDR-M1ST」から付け替えた瞬間は、耳が「MDR-M1ST」に慣れているせいか、「ドンシャリ」に感じるのですが、2曲くらい聞くと、ほぼフラットに感じるようになります。

逆に「IE100 PRO」から「MDR-M1ST」に付け替えた瞬間は、中高域にピークがあるように感じます。ですが、これも2曲くらい聞くと、元のフラットな印象に戻ります。要は耳の慣れの問題と思います。

それでも「MDR-M1ST」に比較すると、中高音域が出にくいのと、ハイハットのチリチリ音が大きくシンバルが薄い音に感じます。「MDR-M1ST」をフラットとしたときの、「IE100 PRO」の音の印象を絵にしてみました。

ですが、流石モニター用だけあって、特性はクセがなく、長時間使っていてもストレスがない良いイヤホンだと思います。買って良かったと思っています。

2024/04/23 20:11 | 固定リンク | オリジナル曲