[ホームページリンク]
● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型 Arduinoで自動運転

相模原のレトロ自販機

相模原のレトロ自販機
相模原のタイヤ屋さんがやっているレトロ自販機が集まる場所に行ってきました。ずっと前から行ってみたかった場所でした。

子供の頃、多分小学生だった頃、地元の駅前のショッピングセンターにうどんの自販機が置かれていました。自動販売機自体が珍しい時期に、どんぶりにうどんが出てくる事が信じられず、母親に確か100円だったと思いますが、もらって、自転車で買いに行った思い出があります。

50年ぶりに食べた300円のかき揚げうどんは、出汁が結構美味しくて、ペロッと完食しました。


2024/04/07 19:33 | 固定リンク | 普段の生活

今更ながらNintendo Switch でゼルダの伝説

今更ながらNintendo Switch でゼルダの伝説
今更ながらですが、Nintendo Switchを買いました。

25年くらい前、最初に転職した会社が、ゲームプラットフォームの会社(ソフト開発会社ではなく、ゲーム機を設計していたUSの会社)でした。当時はCD-ROMが普及し、こぞって「マルチメディア」と騒いでいた時代でした。

そもそも、それほどゲームが好きなわけではなく、どちらかと言うと、ゲーム機のOSやグラフィックデバイス/ライブラリの方に興味がありました。そのため、ゲームタイトルに関しては、数える程しかやっていませんでした。

当時は3Dが始まったばかりで、作りたい絵が作れるほどの性能がゲーム機に無かったのですが、今はどのゲーム機も、必要以上の性能があるため、どのソフトもゲーム機の性能を出し切れない、あるいは、与えられる開発コストでは、これ以上の絵を作れないのだと思います。

NHKの100カメで、カプコンの「BIOHAZARD」の開発現場を取り上げていましたが、画面は確かに昔の3Dよりも鮮明にはなっていますが、実写とは程遠いと思います。というより、ゲームをやるだけのために、これ以上の絵は要らないのだと思います。

こんなことを思い出しつつ、最初にかったソフトは「ゼルダの伝説」です。アニメっぽいタッチで、素人が容易に遊べる良いソフトだと思います。

この手のRPGは、ほとんどやったことがなく、最初は何をしてよいかわからない状態でしたが、購入から1ヶ月がたち、少しつづ要領が分かるようになってきました。

同じ場面で数時間プレイしても、進む方法が分からないと、ついついネタバレサイトで攻略法を見たくなってしまいます。ご丁寧にも、YouTubeに敵の倒し方の実写が紹介されています。この方法を見てしまった後は、ゲームがただの作業になってしまうので、やめたほうが良いと思っています。


■通販で買ったSwitch本体のコントローラが壊れていた(↓へ続く)


2024/04/07 09:09 | 固定リンク | 普段の生活