[ブログ一覧]
 ● サムネイル一覧表示
[ホームページリンク]
 ● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
 ● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
 ● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型

Bassソフトウエア音源「Rowdy」

2023/08/27


Bassソフトウエア音源「Rowdy」
PreSonusのSTUDIO 24cを買ったらついてきたBASSソフトウエア音源「Rowdy」を新曲「Daydream」で使ってみました。

Bassはいつも手弾きで演奏しているのですが、自分で録音するよりも「Rowdy」のほうが音が良く音程が安定しているので、今回はこちらを使いました。スライドや、弦をこする感じは出にくいので、BASSが機械的な動きで良いものに限られると思います。

利点としては、実際のBASS演奏では、弦を引っ張る(若干チョーキングしてしまう)ため、音程がシャープ気味になってしまうのですが、この音程問題がなく音程が安定します。

BASS音の演奏サンプル(Daydreamから、MP3)

2023/08/27 14:30 | サムネイル一覧

オーディオインタフェースとPC/ASIOの「相性」問題

2023/08/26


オーディオインタフェースとPC/ASIOの「相性」問題
いままでずっと Steinburg UR22mkII を使っていましたが、時々原因不明でUSB接続が切れてしまうので、同価格帯の PreSonus STUDIO 24c に買い替えてみました。
USBが切れるトラブルは起こらないのですが、10分に数秒程度の頻度ですが、チリチリ言うノイズ(バッファドロップアウトではない)が乗ってしまいます。

ググって調べてみましたが、パソコンオタクの方たちのアドバイスによれば、PCのUSBとオーディオインタフェースの「相性」だそうです。原因がわからないとすぐに「相性」だと言いがちですが、規格が決まっているインタフェースにそんなものは無く、必ず原因はあるはずです。

この問題は、Steinburg UR22mkIIでは、今年の2月頃までは発生していませんでした。多分WindowsUpdateで何かが更新されたことが原因なのだと思います。SteinburgでもPreSonusでも起こると言うことは、PCのUSBのドライバやASIOドライバ、BIOSの問題なのだろうかと想像しています。

ProSonusのASIOドライバは、2バージョンぐらいしかリリースされていないので、それはそのままにし、USB/BIOSを疑ってみました。

私のパソコンはMacではなく、Windows11で動くDELL Inspiron 3910と言うデスクトップです。ドライバーやBISOは、有無を言わさず自動更新されるように設定されており、今年の2月頃のバージョンまで戻して見ようと思いました。

DELLの最新BIOSは 1.15.0 です。これを2月頃の 1.9.0 にダウングレードしてみました。

結果は良好で、チリチリ言うノイズの発生頻度が劇的に減りました。ただ起こらない訳ではなく、数時間に一度位の頻度で発生しますが、許容範囲とします。

DAWはレイテンシーや安定性が重要なので、Windows/ASIOでのデバイスの「相性」問題がない、Mac/CoreAudioが主流になる理由がわかる気がします。次回PCが壊れてしまったら、Macに変えてみようかと思っています。

(追伸)何が気に入らないのか、DELLのPCを再起動すると、勝手にPCが最新BIOSに変えてしまいます。「1.9.0」に固定する方法を模索中です。

(追記)その後、「ASIO4ALL」を入れたところ、非常に安定して使えるようになりました。このブログを見てください

2023/08/26 10:58 | サムネイル一覧

M-Audio Keystation MINI 32 を導入

2023/08/24


M-Audio Keystation MINI 32 を導入
今まで打ち込みは全てRD-88で行っていました。キャスター付きの台に乗せて使うときに移動させていました。ピアノを引くときはこれで良いのですが、ドラムの打ち込むやシンセの音色選びには、セットアップがめんどくさいため、デスクに置けるミニサイズのキーボードを導入することにしました。

PCのキーボードとほぼ同サイズで設置が簡単で、32keyあるため通常の打ち込みにはこれで十分です。

タッチはピアノと全く違いますが、ベロシティーがつくため、結構使えます。

何しろ6000円足らずで買えます。もっと早く買っとけばよかった。

2023/08/24 21:15 | サムネイル一覧

新曲制作中... 2コーラス目をギターに置き換えで3声ハモリ

2023/08/20


2コーラス目はオルガンにしていましたが、イマイチなのでギターに置き換えました。今日の朝から録音しました。
最後の部分だけ3声でハモっています。
3コーラス目はピアノのアドリブパートですが、まだできていません。曲の最後の着地点だけ決めています。
そろそろ曲のタイトルを付けて、イメージを固めたいなあ。

新曲制作中(MP3)
2023/08/20 14:26 | サムネイル一覧

新曲制作中... オートワウでリズムギターを入れました

2023/08/19


新曲制作中... オートワウでリズムギターを入れました
今日は朝からリズムギターを録っています。自作オートワウ(MAD Profesor Auto Wah MOD)を使っています。左側にパンしています。いくつかのトラックを録りましたが、下手なのか曲になじまず、結局1トラックだけ残しました。
ギターもアレンジも難しいです。

新曲制作中.. (MP3)

2023/08/19 11:14 | サムネイル一覧

新曲のリズムを裏打ちにしてみました

2023/08/15


新曲のリズムを裏打ちにしてみました
ノリを良くするために、スネアを裏打ちにしてみました。
Rhodesは、今日見たBCの打ち込みを真似て、雰囲気が出るようにしてみました。

新曲 制作中 Ver02

2023/08/15 22:35 | サムネイル一覧

Brian Culbertson っぽく聞こえるコード

2023/08/15


Brian Culbertson っぽく聞こえるコード
9/11にストリームされたBrian CulbertsonのThe Hangを見ました。
The Hang with Brian Culbertson - How to Make a Demo - Aug 11, 2023
  https://www.youtube.com/live/5k_DJaP5U8M?feature=share
を見ていたら、RhodesのMIDIノートの画面が映っていました。

BCのコードは、ナインス、イレブンスを中心に巧みなコードが多いのですが、Rhodesの打ち込みの場面では、BCの手癖なのか、画面のようなパターンの音をアルバムでもよく聞きます。

いづれもナインスのコードで、Gm9、CM9、B♭M9のようです。
1つ目は、上からコードをバラす弾き方、2,3つ目はナインスに当たる音、C(ド)メジャーならD(レ)を装飾音で先に鳴らす弾き方です。

この画面を打ち込んで、自分のStudioOneで鳴らしてみました。ウ~ン、BCっぽい!

Gm9、CM9、B♭M9のコードフレーズ

2023/08/15 11:02 | サムネイル一覧

Brian Culbertsonのデモの作り方YouTube

2023/08/15


Brian Culbertsonのデモの作り方YouTube
Brian Culbertsonのデモの作り方YouTube

今朝は、9/11にストリームされたBrian CulbertsonのThe Hangを見ました。
The Hang with Brian Culbertson - How to Make a Demo - Aug 11, 2023

https://www.youtube.com/live/5k_DJaP5U8M?feature=share

何と!彼のデモの作り方をLogicを使って実演していました。私が目指している作り方が、この方法なので興味津々でした。

今回は1時間のビデオなので、すでに出来上がっている曲を楽器ごとに演奏しただけの感じはありますが、BCの演奏力に感動しました。

実際に白紙から曲を作るにも、このくらいのピアノ演奏力があれば、イメージしたものがすぐに具現化できそうです。私も打ち込みをする際にはRD-88で弾きますが、タイミングがズレてしまいクオンタイズすることの繰り返しなので、最終的にはマウスで打ち込んだのと変わらない音になってしまいます。
唯一、手弾きが多く残っているオリジナル曲は「Merry Waltz」です。これは弾くのが簡単な曲なので。
楽曲の手弾きのいい感じを残すには、結局演奏力なのだと思いました。

ピアノ音源は買うと高いので、StudioOneに付いている「Presence」という音源モジュールの「AcousticPiano-Full」をずっと使っていますが、BCは「KEYSCAPE」を使っていました。憧れのミュージシャンなので、この際真似して買ってみようかな。

ビデオの最後に紹介していましたが、新しいスタジオを作るそうです。軽井沢のような土地で、建築家の人と場所を決めている様子が映っていました。スタジオの設計図も映っており、何と羨ましい限りです。

次回は、Logicに打ち込んだデモと、これをリアルな演奏に差し替えた出来上がりの楽曲との聴き比べを計画しているそうです。楽しみに待っています。

2023/08/15 09:17 | サムネイル一覧

新曲作成開始 今回はFunky & Jazzyな曲を目指してます

2023/08/13


新曲作成開始しました。コード進行をRhodesのみで。
基本32小節をループさせるか、途中で別のVerseを挟むか考え中...

New song 01-基本32小節をループ(mp3)
2023/08/13 19:27 | サムネイル一覧

ミキシングについて勉強

2023/08/12


今日はミキシングについて勉強してみました。YouTubeで有名なエンジニア「吉田保さん、森元浩二さん」が登場し、同じ楽曲をミックスすると、どのくらい違いがあるのかという興味深いビデオを見つけました。

https://youtu.be/NW021NRojHw

森元浩二さんは緻密に音を積み重ねる感じ、吉田保さんは音楽のイメージを作る感じでアプローチが違い、出来上がりのミックスも全く違っていました。

吉田保さんは小さい頃から好きで聴いていた山下達郎さんのアルバムの殆どを録っているエンジニアです。このビデオでは、ProToolsにバンドルされているプラグインだけを使ってミックスしています。出来上がりの音は深めのリバーブを使い、ふくよかな音になっており、小さい頃に聴いていたアナログレコードの音のイメージに近い、聞き覚えのある音でした。

お二人とも、スタジオに大きなSSLの卓がある場合でも、ミックスに使うことは少なく、ProToolsでミックスしているようでした。SSLの卓の場合、一度録ったミックスを別の日に修正する場合、卓に前回の状態を再現するのがキツくなってきたと言っていました。

一昔前までは、プロと素人では、使う機材が歴然と違っており、音が全く違いましたが、今では、プラグインへのこだわりはあるにせよ、DAWにバンドルされているプラグインだけでも、ほとんどのことができると改めて感じました。

ビデオを見たあとで、改めて「Towards Tomorrow」をリズムから順にモニターしてみましたが、ドラムとベースだけでバランスを聴くと、ベースが大きすぎる感じがあり、調整してみました。

私は、Brian Culbertsonの楽曲をミックスしているBob Hornの音が好きで、透明感がある音を目指していますが、なかなか近づけないでいます。
2023/08/12 10:16 | サムネイル一覧