[ブログ一覧]
 ● サムネイル一覧表示
[ホームページリンク]
 ● ホームレコーディング 楽曲集/宅録/DTM
 ● 自作ギターエフェクター/ツール選び/パーツ購入
 ● A3サイズのNゲージ箱庭鉄道模型

UVメータ修理 - PreSonus TUBE Pre V2

2024/07/07


UVメータ修理 - PreSonus TUBE Pre V2
メルカリで買ったジャンクの「PreSonus TUBE Pre V2」ですが、メーターが正しく動かず、針が-∞に戻らない状態でした。その他は不具合はなかったので、もう夜遅いですが、なんとか直したいと粘ってみました。

アナログのVUメータの故障についてググって調べてみると、針が-∞に戻らない故障は、軸の周りを巻いているコイルが針に触れているとか、カビで軸が詰まっているとか、そのようなアナログなことらしいことがわかりました。

WEBの情報のほとんどはカセットデッキやオープンリールのVUEメータの故障修理についてです。子供の頃に買ってもらったSONYのカセットデッキのことを思い出します。

メーターのコイルは小さいし、デリケートなので、壊してしまわないように観察してみましたが、結局良くわかりません。

ふと、軸のところに赤いペイントで固めてあるマイナスネジがあることに気づきました。固めてあるということは、動いては困る何か重要なネジみたいです。

このネジは、針の軸を受けており、このネジの調整で、針の軸の固定具合が変わるのかもしれないと思い、ほんのちょっと(30度くらい)緩めてみました。

なんと、これだけで針がスムーズに動くようになり、メーターが完全復活しました。ベースを繋いで弾いてみましたが、音量にきちんと追従するようになりました。

今までアナログメータの仕組みや構造は知らなかったので、子供の頃の昭和の時代を再体験したようです。昔は、スタジオのコンソールのメーターは全てアナログメータでしたので、さぞメンテナンスが大変だったのだろうと思います。


2024/07/07 23:01 | サムネイル一覧

衝撃的! 😯 Apple Logic Pro 11(新バージョン)

2024/07/07


衝撃的! 😯 Apple Logic Pro 11(新バージョン)
私は2018年頃にStudioOneを購入して以来、ずっとこのDAWを使っています。当時、StudioOneは音質が良く、新しいDAWであるため軽量で安定しているという多くのレビューがありました。CUBASEと迷った末に、StudioOneを選びました。

私が作りたい音楽のジャンルは、ドラム、ベース、ローズ、ギターの構成が多いため、常にコードを決めてからドラムとローズを打ち込み、ベースを加えて、その上にギターを録音するという方法を取っています。

この制作方法は、昭和時代に4chのカセットMTRで宅録を始めた頃から変わっておらず、テープレコーダーで録音していた方法をPCでそのまま再現しているような感じがします。

そんな私ですが、今日YouTubeでSLEEP FREAKSによるAI搭載の「Apple Logic Pro 11」の紹介を見て衝撃を受けました。なんと11年ぶりにアップデートされたのです。

【DTM】Logic Pro 11 の新機能と使い方 ライブ配信を厳選カット + 補足動画

この中で紹介されていた「セッションプレイヤー」という機能がAIで動作しており、マスターのコードを決めると、ベース、キーボード(ピアノ)、ドラムの4つの楽器のパターンを自動的に作成してくれます。音楽のジャンルを指定すると、それに合わせた演奏をしてくれます。

この機能は従来のアルペジオ生成機能のようなチープなものではなく、プレイヤーの手癖のような音が含まれており、本当に人が弾いているかのような演奏を作ってくれます。演奏中にパラメータを調整すると、AIがリアルタイムで音符を生成し、演奏が変わります。驚くべき機能です!Mac内のAIニューラルエンジンを使用しているそうです。

これまでのStudioOneでは、曲の構成を考えている時に一度決めたコードを後で変更しようとすると、すべてのパートの音を打ち直さなければならず、非常に面倒でした。そのため、作り直すのをためらうことが多くありました。

しかし、「Apple Logic Pro 11」では、コードを変更すると、そのコード進行にリアルタイムで4つの楽器が付いてくるため、凝ったコード展開を試すのが非常に簡単になります。

2024/07/07 20:20 | サムネイル一覧

Presonus TUBE Pre V2 真空管プリアンプ 修理

2024/07/07


Presonus TUBE Pre V2 真空管プリアンプ 修理
メルカリでジャンク品として売られていたPresonus TUBE Pre V2を修理しました。

入手した時の目に見える状態としては、
 ・メーターがー∞に戻らない(無入力で-15dBあたりで止まる)
 ・メーターの照明ランプが付かない
でした。

肝心の音については、メーターが当てにならない(動きが怪しく正しいVUレベルかどうかわからない)ため、音をモニターしながらDRIVEノブと、GAINノブを回しながら調べてみました。

このプリアンプはGAINのノブの有効範囲が狭く、12時位から2時くらいに回すと、急激にレベルが上がるようです。ベースを繋いで試したところ、歪むこともなく、きちんとDAWに入りました。おそらく、出品していた方は、メーターが当てにならないため、動作の状態が正常かどうか分からなかったのかもしれません。

48Vのファントム電源も正常で、手持ちのAUDIO TECHNICAのコンデンサマイクもちゃんと使えました。

真空管は、購入時にはMADE IN CHINAの12AX7が付いているそうですが、このTUBE Preは、JJ ELECTRONIC ECC803/12AX7(スロバキア製)に交換されていました。

2024/07/07 16:22 | サムネイル一覧

今日も暑い🥵 アサガオたくさん咲き始めました

2024/07/06


今日も暑い🥵 アサガオたくさん咲き始めました
今日も35度越えで、めちゃくちゃ暑かった。でも、ベランダの朝顔が、たくさん咲くようになった。
まだ7月始まったばかりなのに、夏本番って感じ。8月になったらどうなるんだろう?

2024/07/06 21:21 | サムネイル一覧

北海道のお土産 マルセイバターサンド

2024/07/02


北海道のお土産 マルセイバターサンド
娘が北海道に仕事で行ったお土産に、マルセイバターサンドをくれました。
娘が小さいときに家族で行った北海道旅行が思い出されます。

冷蔵庫で冷やして食べると、メチャメチャ美味です。

2024/07/02 20:05 | サムネイル一覧

Nゲージ レール導通を調べる 置くだけLEDテスターを自作

2024/07/01


Nゲージ レール導通を調べる 置くだけLEDテスターを自作
ポイント切替時に、レールに導通しているかを簡単に確認するために、LEDを使った治具を自作しました。
2個のLEDと1個の抵抗(2.7k)を小さい万能基板に乗せた簡単なものです。
テスターの電圧を見て確認するのが面倒くさかったのですが、超便利になりました。

レールの上に置くと、レールに基板の裏のリードが接触し、極性をどちらのLEDが光るかで確認できるようになっています。真ん中にジオラマで使ったプラスチックシートを両面で貼って、絶縁しています。

TOMIXのレールの真ん中に配置して、電車が進む方向をLEDで示すアダプタを売っていますが、それと同じです。

簡単ですが、回路の仕組みは↓です。

2024/07/01 20:10 | サムネイル一覧

A3サイズの箱庭鉄道に 街灯を立ててみました

2024/06/30


A3サイズの箱庭鉄道に 街灯を立ててみました
A3サイズの箱庭鉄道に、街灯を立ててみました。LEDで実際に光ります。3V駆動では抵抗が要らないと書いてありました(ホントかな?)が、煌々と明るくしたい訳では無く、街灯が立っている雰囲気を期待しているだけですので、1KΩを付けて暗めにしました。

シルバーの支柱がギラギラしているので、少しエージングを考えようと思います。

鉄道模型 街灯を探してみる(Amazon)

2024/06/30 18:40 | サムネイル一覧

ブルーインパルスからの、静かな夜

2024/06/29


ブルーインパルスからの、静かな夜
今日は、川崎市のなんとかフェスティバルで、ブルーインパルスが川崎の上空を飛び回っていました。
自宅の上も飛んだのですが、ビデオは取れませんでした。

上空へ来たときは爆音でしたが、今夜は何故か静かに感じます。

娘にもらったブルーベリーの木を、小人が大事に抱えています。

2024/06/29 21:37 | サムネイル一覧

路面電車が走る様子とジオラマを中心に動画を撮って見ました

2024/06/29


路面電車が走る様子とジオラマを中心に動画を撮って見ました
スマホ(iPhone 13 mini)で撮っていますが、ピントを合わせるのが難しい。



2024/06/29 11:49 | サムネイル一覧

TOMIX ポイントの接触不良による切替不良対策に ラッチリレー

2024/06/27


TOMIX ポイントの接触不良による切替不良対策に ラッチリレー
自動運転可能なA3サイズの箱庭鉄道には、2つの電動ポイントが組み込まれています。

時々、ポイントを切り替えても、レールに電気が導通しないことがあります。レール内部のスイッチの接触不良と思われます。

もう既にレイアウトに固定し、バラストで固めてしまったので、掃除することも出来ません。そこで、ポイントの切り替えに合わせて、並列にラッチリレーを付けて、レールの配線を切り替えるようにしようと思い、ポイントの切り替え信号を使って駆動できる、12V、1巻線、ラッチリレーを探して取り寄せています。

千石電商のWEBに載っているのですが、現在品切れ中/入荷未定のようでした。
そこで、マルツオンラインで購入しました。日本国内には在庫がなく、DigiKey経由で取り寄せてくれました。

このリレーは、最小4msのパルスで駆動できます。Arduinoを使った自動運転システムでは、50msのパルスでポイントを切り替えていますので、そのままポイントに並列にリレーのコイルを接続すれば、十分動作します。

ポイント内部の元のスイッチは取り去っても良いのですが、既にレイアウトに組み込み済みで取り外せないため、そのままにしています。リレーとポイント内部のスイッチが並列に動く様になりますが、ポイントとリレーを必ず同時に切り替えれば、問題は置きないと思います。

品番は: OMRON G6SU-2-DC12 です。

2024/06/27 21:04 | サムネイル一覧