DAW PRESONUS Studio One 3 Professional, FXpansion BFD3 購入レビュー DAW PRESONUS Studio One 3 Professional, FXpansion BFD3 購入レビュー

PRESONUS Studio One 3 Professional 購入レビュー

趣味の宅録向けにDAW「Studio One 3 Professional」に乗り換え

最初に購入したDAWはSONARでした。Windowsのバージョンがアップデートするたびに、古いバージョンのSONARをだましだまし使っていました。SONARは、Windowsバージョンとの整合が取れないためか、結構な頻度でシステムエラーを起こしていましたし、操作性も重たくなっていました。そこで、Windows10への変更をきっかけに、「Studio One 3」に乗り換えました。

動作がとにかく軽い!

Studio Oneは業界では最も新しいDAWで、Cubaseを開発していたメンバーがスピンアウトして作ったソフトです。無駄なリッチな立体的なGUIをなくし、フラットサーフィスのシンプルなGUIとなり、動作が非常に軽くなりました。操作については、当然のことながらSONARや他のDAWとは異なりますが、直感的で、癖が少ないソフトです。

また、内部の演算処理が、double型の浮動小数点(64ビット)となっており、一般的なfloat型(32ビット)を使う他のDAWに比較して、音が良くなっているとのことです。

「Studio One3」を手に入れてから、音源を試す目的で、SmoothJazzの1曲を宅録してみました。

 ●Brian Culbertsonの「Fullerton Ave.」のカバー

 ●Brian Culbertsonの「Fullerton Ave.」のカバー(リズムセクションのみ)

内蔵音源は...

Studio One3には、幾つか内蔵音源が入っています。私は、Somooth Jazz系の音楽が好きなため、Dance系のシンセシンセした音源はほとんど使わず、生楽器のサンプル音源を多用しています。

「Presence」というサンプル音源シンセを使っていますが、Rhodesやグランドピアノ、ホーンセクション、FX系の音は、これ1つでOKです。下のリンクで聞くことができます。

グランドピアノ(ソロ部分)サンプル

Rhodesサンプル

ホーンセクションサンプル

ただし、ドラム音源には「Impact」というサンプラー音源が付属しているのですが、これはイマイチです。ドラマーが叩くドラムセット音にはならず、チープなポコポコ言う打ち込み系の音がします。リバーブをつけたり、ショートディレイを組み合わせたりしてみましたが、駄目でした。ドラム音源は、後述の「BFD3」を追加購入しています。

ドラムス(別途追加購入のBFD3)

Professional版についてくるピッチ修正ソフト「Melodyne」

Studio Oneは、Artist版とProfessional版がありますが、Professional版には「Melodyne」のライセンスが付いています。ボーカルや楽器を録音したあとで、ピッチを修正したり、「ケロケロボイス」を作ったりできるソフトです。ギターの速弾きで、間違った箇所を切り取って、その部分のキーだけを変える事もできます。このソフトがあれば、ボーカルがどんなに音痴でも、ギターや他の楽器がどんなに下手くそでも、正常なキーにすることができます。

下は、上の波形のギターソロ部分に、試しにMelodyneをかけて見たものです。下の赤い線がギターのピッチを示しており、左側にキー(CDEFGAB)の目盛りが見えると思います。赤い波形の塊を上にずらせば、その部分だけキーが上げられます。

追加で購入したドラム音源ソフト「BFD3」

Studio One 3には、「Impact」というサンプラーソフトが付いており、一応生ドラムのサンプルが入っていますが、バンドのドラマーがドラムセットを叩いているような空気感のある音は作れませんでした。そこで、有名なドラム音源ソフト、「BFD3」を追加で購入しました。半額セールになっており、非常に安く手に入りました。

BFD3の音源は、スタジオで実際にドラムセットを置いた状態で録られており、ほとんどのドラム単体の音にアンビエンスマイクが収録されています。そのため、実際にドラマーが叩いている空気感を出すことができます。スタジオの雰囲気が伝わって来るようで、立体的な音がします。アンビエンスマイクをOFFにすると、デッドなスタジオで録った音にもできます。

ドラムスサンプル音(別途追加購入のBFD3)

サンプラー系音源はメモリを大量に消費する

BFD3やサンプラー系の音源はメモリをバカ食いします。しばらくはCore2Duo(32bit-Win10)の4GBマシンを使っていましたが、BFD3には全然メモリが足りません。今は、Core-i5(64bit-Win10)マシンに、16GBのメモリを積んでいます。上のリンクの「Fullerton Ave.」のプロジェクトでは、10GBのメモリを使っています。

まとめ

Studio Oneを使って、2曲作ってみましたが、このソフトは非常に安定しています。録音中にエラーを起こしたことは、実に1度もありませんでした!SONARでは幾度となく経験しましたが、制作中にソフトが落ちてしまい、せっかく打ち込んだデータを失うほど悲しいことはありません。しばらく、Studio One3 + BFD3の組み合わせで楽しめそうです。

 ●宅録オリジナルソング集:エレキギター入門・アンプシミュレータ DAW レビュー